ゴルフの知識

【ゴルフ免許証】ゴルファーのマッチングアプリが登場!

あらゆる分野で利用が広まっているマッチングアプリ。ゴルフ業界にもゴルフ免許証というマッチングアプリが登場しました!
同伴者を探している方や、周囲にゴルフをやる友達が少ない方もゴルフ免許証を通してゴルフ仲間を作ることができます。今回はゴルフ免許証の概要を紹介します。

ゴルフ界のマッチングアプリ

巷で話題のマッチングアプリ。Pairsをはじめとするマッチングアプリが流行していますね。僕が恋愛をしていた頃はマッチングアプリなんてなかったので便利な時代になりましたね。ひと昔前まではネット上で知り合った人と直接会うことは抵抗のある行為でしたが、マッチングアプリがこれだけ普及しネット上で知り合った人と直接会うハードルも随分と下がった様に思います。

ゴルフ業界で一人予約が大流行している原因として、同伴者を誘うのがめんどくさい。友達にゴルフをやる人が少ないというゴルファーコミュニティの課題があったのは知っていました。ゴルフ業界こそマッチングアプリができないかなーと思っていたところに『ゴルフ免許証』というマッチングアプリができるとの情報が入ったので嬉しく思っています。

ゴルフの同伴者を募集するサイトに『ゴルフメンバーズ』というサイトがあります。そのサイトを利用して同伴者募集をかけることはできますが、コミュニティー性が高くないので完全受け身状態になってしまいます。

ゴルフメンバーズの利用方法

ゴルフ免許

ゴルフファーのマッチングアプリ『ゴルフ免許証』。一般社団法人ゴルフリサーチという会社が制作している模様です。

上記の動画をみるとアプリの概要は理解できます。動画によると日本のゴルファーの74%は自分からゴルフに誘わない様です。確かに電話やLINEで複数人の予定を調整するのは結構面倒ですね。基本的に誘われたらゴルフに行くスタイルのゴルファーは誘われなければ行かないということですね。

このゴルフ免許証というマッチングアプリを使えば、誘う側、誘われる側という関係性がなくなり、成立する確率がたかそうな人たちが表示される様になりコミュニティーが創出されます。

これまではゴルフを自分から誘いたくないけど、誘ってほしい人が、誘ってほしいと表現する場所がありませんでしたが、このゴルフ免許証というマッチングアプリ場であれば誘ってほしいと主張することも可能になるのでよりゴルフに行く機会を創出することができそうですね。

ゴルフ免許証の登録事項

ゴルフ免許証の登録事項はとても簡単そうです。

自分のニックネームと写真を登録し、よく行くゴルフ場のエリアと、スタッツ(ゴルフの腕前)、ゴルフレンド(マッチングアプリ場の友達数)がアプリ場の人たちに公開される様です。

これまで赤の他人のゴルファーが繋がる仕組みはバリューゴルフの一人予約でもありましたがそれらは一方的なものでした。ゴルフ免許証の様に相互のマッチングを手助けしてくれるサービスはゴルフ業界では初めての試みなので、アプリのリリースが楽しみですね!

ゴルフの予約はWEBがおすすめ!

ゴルフ場予約はGDO、楽天GORA、じゃらんゴルフからWEB予約がとっても便利!
24時間予約ができて、ポイントもたまります!

GDOでゴルフ場を検索

楽天GORAでゴルフ場を検索

じゃらんゴルフでゴルフ場を検索

参考:ゴルフ場予約のおすすめ方法ランキング

 

  1. ゴルフ上達

    【自宅でパター練習】ストロークと距離感の磨き方
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ場経営】収益化するに当たって重要ポイント4つ!
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフが上手い人は仕事もできる?】ゴルフと仕事の関係は?
  4. ゴルフ上達

    【ドライバーのコツ】ゴルフ場でのティーショットに悩まない!
  5. ゴルフの知識

    【障がい者ゴルフ】ゴルフは誰でも楽しめる!
PAGE TOP