ゴルフの知識

【会員券】ゴルフ場のメンバーになるとどんなメリットがあるのか?

メンバーシップで運営されているゴルフ場には会員券を持つメンバーと会員権を持たないビジターがいます。バブル期は会員権を持っていることがステータスの一部でったり、投資目的で購入する人がいましたが、現在のゴルフ業界において会員権を持つメリットとは一体何でしょうか?

かつてはステータス、投資目的で購入

冒頭にも記載した通り、ゴルフ場の会員権を保有していることはステータスとしてみられていました。それは会員権が何千万円、時には数億円という値段で取引されていたためです。◯◯ゴルフ場の会員権を持っていると言えば、数千万円ものお金を持っているといことなのでそれはステータスに違いありません。

また投資目的でゴルフ場の会員権を購入する人もいました。現に私の祖父はゴルフを一度もやったことがありませんが、投資目的でゴルフ場の会員権を購入していました。バブル期にはゴルフ場の会員券の取引額が上がり続けると言われていたので、会員権をバブル期に売却しなかった人はかなりの大損をしている可能性があります。

もちろん現在でも東京クラシックゴルフクラブや小金井カントリーの様に一部の人しか買うことができずステータスの様にみられる会員権もありますが、日本国内の9割以上のゴルフ場の会員権は現代においてステータスとしての価値や資産としての価値はほとんど無いに等しい状態です。

ではステータスや、資産として価値がなくなった会員権はなぜいまだに売買されているのでしょうか。現在会員券を持つことのメリットを下記で紹介したいと思います。

会員権を持つメリットはつ!

バブル期と比べたら半額以下や1/10以下の価格で購入することができる様になった会員権ですが、会員券のメリットを紹介して行きます。

メンバー料金でラウンドすることができる

会員権を購入することの1番のメリットはメンバー料金でラウンドすることができるということですね。ビジターであれば1万円を超える様なゴルフ場でもメンバーであれば6000円ぐらいでラウンドできたりするゴルフ場もあります。会員権を買って元を取ろうという場合は、そのゴルフ場にどれぐらいの頻度で行くのか? ビジター料金とメンバー料金の差額はどれぐらいあるのかしっかり調べてから購入を進めましょう。下調べが足らず、購入したけど全然元が取れないなんていう人もたまに見かけます。

※メンバーには年会費もあるので、試算する時には年会費の存在を忘れない様に注意しましょう。

メンバー同士で組み合わせでラウンドすることができる

2つ目のメンバーになるメリットはメンバー同士で組み合わせてラウンドすることができるという点です。自分の知人やいつものゴルフ仲間と予定が合わないけどゴルフに行きたいという時もありますよね? そんなときはGDOや楽天GORAの一人予約サービスを利用するてもありますが、たまに変わった人と組み合わせになるというあまり良くない噂も・・・。しかしメンバーの場合は会員権を購入する際に一定の審査があります。その審査を通ってきた方達なのですごく変な人がいるという可能性は少ないと言われています。まったく知らない人と組み合わせになるよりは同じゴルフ場のメンバー同士で組み合わせされてるという方が安心感がありますね。

クラブ競技に出場することができる

3つ目のメリットはクラブ競技に出場することができるという点です。もちろん競技ゴルフに出たくないという人は出る必要はありません。ゴルフを純粋に楽しみたいというエンジョイゴルファーの人にとっては関係ない話ですが、趣味といえど向上心を持って取り組みたいという人にはお勧めです。自分が会員権を購入したゴルフ場のクラチャン(クラブ選手権のチャンピオン)を目指して日々練習に励むというのもいいですね。

メンバーでないと予約がとれないゴルフ場もある

4つ目のメリットは、ゴルフ場の会員権にステータスという要素がほとんどなくなったといえど、いまだにメンバーさんでしか予約が取れないゴルフ場は以外にも結構多いものです。一般のビジターでは予約を取ることができない様なゴルフ場の会員権を持っている場合は、会社のコンペなどをやる際に頼りにされたり、知り合いから連れてってもらえないかと頼まれたりとちょっとした人気者になれる可能性もあります。

結局会員権は買った方がいいのか?

会員権を持つことのメリットをみてみてどう思いましたか? 自分には必要だと思った方もいれば、必要ないという方もいるでしょう。迷っている方のために会員権を買った方がいい人、買う必要がない人のリストを並べておきますので参考にしてください。

会員権を買った方がいい人

□ 同じゴルフ場に毎月に複数回行く人
□ 競技ゴルフがしたい人
□ 土日しかゴルフに行けない人

会員権を買う必要がない人

□ 平日ゴルフに行ける人
□ 競技ゴルフに興味がない人
□ 色々なゴルフ場を巡ってみたい人

  1. ゴルフ上達

    【フェードとドローの打ち分け方】ゴルフも物理を理解すれば簡単!
  2. ゴルフの知識

    ゴルフコンペの幹事を任された! 何を準備すればいい?
  3. ゴルフ上達

    アイアンのミスショットを恐れない! ミスショットでも100は切れる
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフが仕事に生きる】ゴルフができれる人は仕事もできる!?
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口減少】日本の人口問題からみるゴルフ業界の行方
PAGE TOP