ゴルフ上達

【ゴルフ場での服装】ゴルフコンペで失敗しない最適は格好とは?

ゴルフ場へ行くときどんな服装をしていったらいいのか悩みの種です。特に仕事関係のゴルフコンペの場合には好印象を与えられるような格好をしていきたいものですね。ゴルフファーのマナーとされるドレスコードを1日の流れと共に解説します。

シーン別ドレスコード

少しめんどくさいですが、ゴルフにはドレスコードという服装規定があります。ゴルフ場が推奨しているような格好は以下のような形です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

ゴルフ場にはかしこまった服装をしていかないといけないというイメージはありますが、今のゴルフ場はドレスコードもそれほど厳しくありません。ゴルフもかなりカジュアル化が進んでいるので、ジャケパンスタイルであればベターという程度です。昔は夏場でもラウンド中に長ズボンを履かないといけないゴルフ場もありましたが、今では暑ければ半ズボンで大丈夫です。プロゴルファーも半ズボンで試合に出場する時代です。

私がプレイベートでゴルフに行く場合、ほとんどプレーする時のゴルフフェアを朝から着ていきます。一般的なゴルフ場であれば特に注意されるようなことはありません。いくらプライベートであってもドレスコードがかっちりとしている名門コースに行く場合にはそれなりの格好をしていきます。(名門コースに行く機会なんてほとんどありませんが・・・。)

メンバーシップのゴルフ場であっても、そのゴルフ場のメンバーさんなんかもゴルフフェアで来場してます。ゴルフ場での服装についてはあまり神経質になる必要はありません。軽い気持ちで読み流していただければ大丈夫です。

朝ゴルフ場へ行くとき

服装はゴルフフェアで大丈夫

プライベートのゴルフでも会社のコンペであっても朝ゴルフ場へ行くときの服装はゴルフフェアで問題ありません。
※名門コース、会社のコンペや偉い人と行く場合はジャケパン&革靴必要
※シーパン・サンダル・Tシャツ・タンクトップは基本NGとなります。これらがNGなだけで、ポロシャツに短パンでも、スカートでも大丈夫です。※ただし、ゴルフシューズを家からはいていくのはやめましょう。菌を持ち込んで芝生に病気を与えてしまう可能性があります。

着替えなどはボストンバックに入れて持って行く

ゴルフ場への持ち物は基本的にボストンバックに入れて持ち込みましょう。たまにリュックで来ている人がいますが、なんとなく不自然です。また、わざわざゴルフ用のボストンバックを買わなくても小旅行用の鞄で代用可能です。

ボストンバックの中身は個人差や男女による違いがありますが、だいたいは以下のような物をボストンバックに詰めてゴルフ場へいきます。

①ゴルフフェア&サンバイーザーなどのラウンドグッツ
②下着&靴下 ラウンド終了時の入浴後に着るもの
③水筒&ペットボトル (水分補給)
④ゴルフシューズ

道具や小物を揃えることもゴルフの楽しみの1つですね。ゴルフ場内のショップでもたくさん取り扱ってますよ!

ラウンド中はゴルフフェアでおしゃれを楽しもう!

ゴルフってなんとなく堅苦しいようなイメージがありますが、過剰に意識する必要はありません。ゴルフ場では襟のないTシャツやジーンズなどでプレーすることがマナー違反というぐらいの軽い感覚で大丈夫です。※練習場であれば問題ありません。

【男性】ポロシャツに長ズボンが基本

男性は襟付きのポロシャツに長ズボンが基本となります。夏場は半ズボンでもOKです。ズボンにおいては、ジーンズなどでのプレーは基本的に禁止されているので、ゴルフフェアがない場合にはスラックスやチノパンで代用することも可能です。

【女性】ポロシャツ長ズボン・スカートが基本

女性の場合も男性と同じく襟付きのポロシャツに長ズボンが基本となります。女性の場合はワンピースタイプのゴルフフェア、ショートパンツ、ミニスカートなどもあるのでおしゃれを楽しむこともできます。ゴルフ場に行くのが初めてで心配な場合は、基本のポロシャツに長ズボンが無難です。

必ずゴルフシューズを履くこと!

男女ともに靴はゴルフシューズを着用しましょう。さすがにサンダルなどでラウンドする人はいないと思いますが、ランニングシューズやスニーカーなども禁止です。芝生の上は非常に滑りやすいため必ずソフトスパイクのゴルフシューズを履きましょう。もちろんサッカーや野球など他の競技のスパイクも禁止です。

チェックアウト時は襟付きシャツにスラックス

上記ではラウンド中の服装について説明させていただきました。ラウンド終了後お風呂で汗を流し着替えてからフロントにてチェックアウト(精算)を行いましょう。会社のゴルフコンペで表彰式がある場合には、表彰式の前に精算を済ませておくのがオススメです。

クラブハウス内での服装の基本は襟付きのシャツ、ジャケット、長ズボン、革靴となります。しかしよほどの名門コースや取引先への接待出ない限りそこまで厳格にドレスコードを意識する必要はありません。襟付きのシャツ(ポロシャツでも構いません)にジャケット、チノパンやスラックス、靴は革靴か綺麗めのスニーカーであれば大丈夫です。女性の場合はヒールまたは、パンプスのような靴を選びましょう。※暑い夏のシーズンであればジャケットを着用する必要はありません。

名門コースにおける服装マナーはもう少し厳しめ

ゴルフ場での1日の流れ

最後にゴルフ場での1日の流れを押さえておきましょう!
次は何をするかを知っておく。これはスマートに動く第一歩!

以下がオーソドックスな1日の流れです。

ゴルフ場に到着

ほとんどのゴルフ場に進入路といわれるクラブハウスへの長い道のりがあります。そいしてクラブハウスの前に車をつけましょう。

ゴルフ場の係の方(通称:ポーター)が、ゴルフバックなどの荷物を車のトランクからおろしてくれます。同乗者の方はここで降りて、フロントでチェックインを行います。運転手の方は申し訳ないですが、駐車場に車を停めに行って下さい!

チャックイン

フロントにて、チャックイン!
名前や住所などを記入し、ロッカーホルダーを受け取ります。

ロッカで着替えを済ませる

ロッカールームへ行行きます。自分のロッカーナンバーを探しましょう。
※ラウンドに出る前にお手洗いは忘れずに
※ロッカーホルダーはスコア記入や会計に必要な場合が多いのでラウンドにも持っていきましょう

キャディーバック探し

クラブハウス前で預けたキャディーバックは、カートに積まれているか、バック置き場に置かれています。自分のキャディーバックを探しましょう。クラブを見つけたら、練習に必要なグラブを2,3本とパターを抜いて練習場へ!

準備体操&練習

激しい動きが無いといえど、準備運動は欠かさず行いましょう!
練習場でウォーミングアップを行い、練習グリーンではパターの距離感をつかんでおきます。
※練習場が無いゴルフ場もあります。

ラウンド(前半)

スタート時間の10分前になったら、練習を切り上げ自分のカートの所へいきましょう。いよいよ、スタートです!
『今日1日よろしくお願いします!』と声を掛けアドレスに入りましょう!上手くいかなくても楽しんで!

ハーフ休憩(ランチタイム)

ゴルフ場毎にこだわりメニューが用意されています!
※後半のスタート時間の5分前にはご自分のカートの所に行けるようにしましょう。

ラウンド(後半)

さて、気を取り直して後半戦へ。『後半もお願いします!』という声を掛けてから、ティーショット。
スイングする前に体の各所のストレッチを忘れずに!急に動かすとゲガの原因にもなります。

ラウンド終了から入浴

ラウンドが終了し、カートからバックをおろしたら、自分のクラブが全部あるか本数確認。カートにボールやサングラスの忘れ物がないかも確認しましょう。

ゴルフシューズについた芝や土をエアーガンで落としてロッカーへ向かいましょう。ロッカーから着替えをもって奥にあるお風呂で1日の疲れを癒します。お風呂が温泉のゴルフ場もありますよ!

湯船に浸かりながらラウンドの振り返り話に花が咲きます(笑)。

チェックアウト

フロントへロッカーホルダーを持っていき、精算します。最近はポイントを使う方も多いので、明細を確認しポイントがちゃんと割引されているか確認しましょう。

帰路へ

荷物を車へ積んで、安全運転で帰りましょう!

というのがゴルフ場でのおおまかな1日の流れです!
ゴルフ場で迷わず、スマートな行動ができるように予習しておきましょう。

  1. ゴルフの知識

    ゴルフコンペの幹事を任された! 何を準備すればいい?
  2. ゴルフ場紹介

    【栃木県の安いゴルフ場】安さが1番!金額勝負のゴルフ場!
  3. ゴルフ上達

    【1人ラウンドでゴルフ上達】1人ラウンドを勧める理由
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフ場利用廃止】今後の展望はいかに?
  5. ゴルフ上達

    【1人ラウンドができる関東のゴルフ場】ゴルフ場を独り占め!?
PAGE TOP