ゴルフの知識

【ゴルフの服装マナー】ゴルフ場へ行くときの格好は注意するべき!?

ゴルフの服装はマナーの1つです。あまりに不適切な格好でゴルフ場に行くことはマナー違反とされています。しかしゴルフ場に行くときに正装でないといけないというのは過去の話です。ゴルフ場や一緒に行く人に合わせた服装で行けば大丈夫なので、基本的な服装マナーを押さえておきましょう。

ゴルフの基本的な格好はジャケパン革靴&ポロシャツ長ズボン

ラウンドするために、ゴルフ場へ行く際の基本的な服装(ドレスコード)について解説します。ドレスコードと聞くと堅苦しく聞こえますが、野球やサッカーでユニフォームを着用するように、ゴルフに適した格好でプレーするというイメージです。

ドレスコードはゴルフ場が独自に定めているもの

ゴルフの服装規定(ドレスコード)は、それぞれのゴルフ場が独自に定めているものです。高級コースや名門コースと言われるゴルフ場では服装規定が厳しく、カジュアル派のコースには服装規定自体が存在しないという場合もあります。ゴルフ場のホームページに服装規定の記載がある場合が多いので、服装に不安がある場合は、事前に確認しておくことをお勧めします。某有名ゴルフ場では機能性アンダーウェアも下着とみなし、周囲から見える状態での着用を禁止しています。

今回は、大半のゴルフ場で使える基本的なゴルフの服装を解説していきます。

ゴルフ場へ行く時はジャケット・スラックス・革靴

自宅からゴルフ場で着替えるまでと、ラウンド終了後からは襟付きのシャツ、ジャケット、スラックス、革靴を着用する必要があります。

【上半身】

  • 襟付きのシャツまたは、ポロシャツ
    襟のないTシャツは基本的に禁止です。
  • ジャケット着用
    夏場の暑い時期は腕にジャケットをかけておきましょう。

【下半身】

  • スラックスまたはチノパン
    ジーンズや短パンは禁止されています。
  • 革靴
    スニーカー、サンダル、クロックスなどは禁止。

いわゆるジャケパン、ビジネスカジュアルのような格好が求められます。

ラウンド中はポロシャツ長ズボン

ラウンド中の服装規定(ドレスコード)について解説させていただきます。ラウンド中の服装の基本はポロシャツに長ズボンです。ゴルフ場によっては、夏場であっても半ズボンの着用を禁止している所もあるので注意が必要です。

【上半身】

  • 帽子、サンバイザー着用
    日差しと打球事故から守る役割があります。
  • ポロシャツ
    ポロシャツの裾はズボンの中に入れましょう。

また、夏場にタオルを首に巻いてのラウンドはマナー違反とされています。
サングラスの使用はマナー違反ではないので紫外線から目を守るため積極的な利用をお勧めします。

【下半身】

  • 基本的に長ズボンでベルト着用
  • ゴルフシューズ

スニーカーでのラウンドは禁止されています。芝生の上は予想以上に滑るので、安全のためにもゴルフシューズを着用しましょう。
また昨今は芝生の保護のためメタルスパイクの使用が禁止されているので、ソフトスパイクまたはスパイクレスのゴルフシューズを使用しましょう。

レストランに行く時は芝を落として帽子をとる

ゴルフ場へラウンドに行くと基本的には9ホールプレー⇨昼食休憩⇨9ホールプレという形になります。前半の9ホールと後半の9ホールの間にゴルフ場のレストランで昼食休憩が入ります。この時にも少しだけ服装に関するマナーがあります。

  • 靴についた芝生をエアガンで落とす
  • 帽子やサンバイザーは外す
  • レインコートは脱いで乾燥機に入れる

雨の日のラウンドでレインコートを着たままレストランに入ってくるゴルファーが稀にいますが、基本的にはマナー違反となるので注意しましょう。

ラウンド終了後は再度ジャケパン・スラックス・革靴に!

ラウンドを終えると、ゴルフ場でお風呂に入ります。たくさんかいた汗を流してさっぱりして帰りましょう。お風呂に入って着替えることになるので、下着類の替えを持っていきましょう。

ゴルフ場に来た時と同じように、襟付きのシャツ(または、ポロシャツ)にジャケット、下はスラックスに、革靴という格好に着替えチャックアウトをして帰路につきましょう。

上記の通り、ゴルフに行くために服装規定を意識しようとすると結構大変ですね。
しかし、基本的に私たちが行くようなゴルフ場はカジュアルな格好でも大丈夫なので安心してください。
以下で紹介するような服装であればゴルフ場へ言っても入場を断られたり、注意をされるようなことはほとんどありません。

本当はゴルフに堅苦しい服装なんて必要ない!

まず第一にお伝えしたいのが、ゴルフ場に行くために仕事に行く様な服装や格好をしていく必要は全くありません。革靴を履いて、シャツをきて、暑くてもジャケットを羽織って・・・。ゴルフフェアは夏でも長ズボンでポロシャツの裾はスボンの中に入れて・・・。というような昔ながらのドレスコードを守る必要は全くありません。

一般ピジターが出入りできる様なゴルフ場ではクラブハウス内ジャケットを羽織っていなくても注意されることや、革靴でないといけないというきまりもありません。ラウンド中暑いと感じれば短パンでプレーもできますし、丈が短めのポロシャツであればズボンに入れる必要もないでしょう。

ゴルフはマナーにうるさくて服装もしっかりドレスコードを守らないと怒られてゴルフができないというイメージがありますが、そんなことは全くありません。まずはゴルフの服装に対するイメージを変えて欲しいと思います。

ポロシャツ・短パン・スニーカーが最低ライン

ゴルフ場にはどんな服装で行けばいいか疑問を持たれる方も多いと思います。そんな時は最低ラインを覚えておきましょう。この最低ラインよりもしっかりとした格好であればどんな格好でゴルフ場へ行っても大丈夫です。

ゴルフ場に行く場合はの最低ラインは『ポロシャツ・短パン・スニーカー』です。ポロシャツではなくTシャツと書きたい所ですが、現在の日本のゴルフ業界の雰囲気からするとTシャツは依然としてマナー違反の場合があるのでポロシャツに留めておきます。これより着崩した格好でゴルフ場に行くとマナー違反として注意されることがあるので気をつけましょう。

【具体的にNGな服装】

  • サンダル、クロックス、下駄など
  • Tシャツ、タンクトップなど
  • 作業着、ジャージ、スウェットなど

このポロシャツ・短パン・スニーカーを最低ラインとしゴルフ場へ行けば、靴だけゴルフシューズに履き替えればチェックイン後すぐにラウンドに向かうことができます。ゴルフ場のフロントでチェックインする時はゴルフフェアは禁止という認識もありますが、そんなことはありません。むしろそのゴルフ場のメンバーと言われる常連の方々の方がゴルフウェアのまま来場し、ゴルフウェアのまま帰っていきます。

GDOでゴルフウェアを検索

楽天でゴルフウェアを検索

Amazonでゴルフウェアを検索

名門コースや仕事関係のゴルフでは服装に注意!

上記で現在のゴルフはカジュアルな格好で大丈夫ということを書きましたが、ゴルフ場へ正装していかないといけない場合もあります。そんな時は少々気遣いが必要になるので、ゴルフ場へ行く場合に推奨される服装を説明させていただきます。

超名門コースは最悪入場拒否も!?

1つ目のケースは、超名門のゴルフ場へ行く場合はドレスコードを遵守する必要があります。
霞ヶ関カンツリー倶楽部や、小金井カントリー倶楽部などをはじめとする超名門コースに行く場合にはそのゴルフ場が定めるドレスコードを遵守する必要があります。このような超名門コースにドレスコード規定から逸脱する様なラフな服装で行った場合には、入場を断られる可能性もあるります。

ただ、どこまでが名門コースでどこまでが名門コースでないのか線引きが難しいですね。以下の判断基準を参考にしてみてください。

ドレスコードを守るべきゴルフ場
  1. GDO、楽天GORAなどのポータルサイトから予約ができないゴルフ場
    ネット予約を受け付けていないゴルフ場というのは硬派な名門コースの可能性が高いと言えます。
  2. メンバー同伴、もしくはメンバー紹介でないと予約が取れないゴルフ場
    ビジター予約を受け付けていないゴルフ場は敷居が高く、ドレスコードを遵守する必要がある名門コースの可能性が高いですね。

仕事関係はTPOをわきまえて!

2つ目のケースは仕事関係のゴルフの場合です。商談が絡むゴルフの場合は取引相手に不快感を与えないように、崩しすぎない程度の服装でいくべきです。また会社の部署内のコンペでは上司や先輩の目があるので、落ち着いた格好でゴルフ場に行くのが無難です(社内コンペの際の服装はその会社の社風によってもずいぶん変わりますね。)。仕事が絡むゴルフの場合はビジネスシーン同様、周囲に自分の服装がどの様な印象を与えるか考えて格好を選ぶといいですね!

上記の通り、名門コースへ行く場合と、仕事関係のゴルフの場合は状況に応じた服装が必要となるのでゴルフ場の行き帰り、ラウンド中はドレスコードを守った方が無難です。

ゴルフコンペで失敗しない最適な服装!

ゴルフの予約はWEBがおすすめ!

ゴルフ場予約はGDO、楽天GORA、じゃらんゴルフからWEB予約がとっても便利!
24時間予約ができて、ポイントもたまります!

GDOでゴルフ場を検索

楽天GORAでゴルフ場を検索

 

  1. ゴルフの知識

    【花粉症ゴルファー必見】ゴルフ場でやるべき花粉症対策5つ!
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ場にスニーカーってあり?】ゴルフがカジュアル化しても・・・
  3. ゴルフの知識

    【ツアーイシュー】一般的なダイナミックゴールドS200との違いは?
  4. ゴルフ場紹介

    【コンペも楽々】乗用カートナビ付き!栃木県のおすすめゴルフ場
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフ場の予約方法】予約手段はネット?電話?
PAGE TOP