ゴルフ上達

100切りを目指すならアイアンは意識して“先っぽ”で打ってみよう!

こんばんは!
今日もお仕事お連れ様です!

今日も東京は30℃までいったみたいですね!
電車の中でスーツを着てる人が暑そうで心配。
僕は半そでワイシャツ派なので笑

さてさて今日は
アイアンのどこで打つかという問題です!!

もちろん真芯!!

と言いたいですけど、
練習中でさえ真芯にあたることなんてそうそうないですよね涙

ということはですよ!!??
ゴルフって常にミスショットと向き合っていく必要があるんです!

そして、どこまでのミスであれば許容できるかを
頭に入れておくことが100を切るためのコツです

昨日はトップかダフりどっちがならいいかという問題でしたよね!
今日はアイアンのどの部分でボールを打つかということに注目しましょう!

芯を外して打つ場合(ミスショット)、
フェースのどの部分にあたったものであれば、
飛距離の減少を少なく抑えることができるか??
『100切りのためにはとにかく少しでも前に進むことが重要』

答えの前に、
皆さんトルクという言葉をしっていますか?
よく車のタイヤのネジを閉めるときにトルクレンチを使いますよね?
トルクレンチは一定の力でネジを締め付けるときに使う道具です!
ということは
トルクとは捻じれを元に戻そうとする力
のことを意味します!

シャフトというとしなり具合が注目されますが、
アイアンやウッドに刺さっているシャフトにはトルクがあるんです!
ボールがフェースに当たった瞬間にシャフトが捻じれ
その捻じれを元に戻そうとする力が働きます!
捻じれを戻す力がボールの飛距離に影響してくるんですね!!

ではそうしたらシャフトのねじれが大きくなるか?
下の写真を見てください!

捻じれの支点(シャフト)から力の作用点(ボールの当たる位置)が
遠いほど、シャフトのねじれが大きくなり、トルクが働きます。

もうお分かりですよね!
アイアンショットは
中心よりも先側で打ちましょう!

常にフェースの先側で打つように意識しておけばいいんです。
根本にあたってしまうと飛距離は減少しますし、
最悪の場合はシャンク!!

中心から先側でボールを打つ癖をつけておけば、
ミスショットをしても飛距離が減少するだけで済みます。
またその減少も小さく抑えることができるんです!!

そのためアイアンショットは中心より
先側でボールを捉えることを意識して練習に励んでみてください!!

あのタイガーウッズもアイアンの先側でとらえる癖があったぐらい
なんですよ!!

では本日はこの辺で!!
おやすみなさーーい!!

  1. ゴルフ上達

    【自宅でパター練習】ストロークと距離感の磨き方
  2. ゴルフの知識

    【服装マナー】ゴルフに行くときは服装に注意するべき!?
  3. ゴルフ用品紹介

    【オススメのマレットパター】スコッティキャメロンGoLo7
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフの魅力】ゴルフほど楽しいスポーツは他にない?
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフを始めよう!】費用を節約する方法
PAGE TOP