ゴルフの知識

ゴルフ場の求人事情・深刻な人で不足

地方の企業は深刻な人で不足に悩まされています。若者の都市部への人口流出により地方の企業は求人を出しても集まらない。そんな状況がずっと続いています。ゴルフ場も人材確保に悩む企業の1つです。他の企業と比べてもなぜゴルフ場だけ人手不足が深刻なのでしょうか?

不定休&労働時間が長い

ゴルフ場が就職先として人気が無い理由としては、不定休かつ労働時間が長い。そして労働時間に見合った賃金が得られないことがあげられます。

ゴルフ場は日によって来場人数が変動します。雨予でキャンセルが相次ぐと、人手が余るので急に休みを取らされるなんていうこともざらにあります。またご存知のとおり、ゴルファーの朝は早いですよね?ということはゴルフ場の従業員はゴルファーを出迎えるためにさらに早く出社する必要があります。4時台や5時台に出社ということもよくあるので必然と勤務時間が長くなりますね。

賃金が安い

賃金の問題は、純粋にゴルフ場業界自体の景気が良くないため安く設定されています。またゴルフ場事態の勤務がお客さんのプレー進行に合わせた形になるの、サービス業特有の就業時間が不明確なことがほとんどです。ただでさえ経費を削っているゴルフ場が気前よく残業代を払ってくれる期待はあまり持てないでしょう。

その点、地方に点在する自動車メーカーの工場で勤務した場合は、時間管理がしっかりとしているので働いた分だけ時間給をもらうことができます。そのため地方ではしっかり残業代がもらえるメーカーの工場が人気の職種でそれらに入れなかった人材がゴルフ場へ流れつくという実態が起こっています。

企業体質が古い

ゴルフ場が職場として人気がない理由としては、企業体質が古いということがあげられます。バブル時代に殿様商売を経験してしまったゴルフ場は現在の不景気な状態でも抜本的な改革をすることができずにいます。

現在のゴルフ場で支配人や管理職クラスの役職についている人は、過去バブル期のゴルフ場が景気がいい時期に下積みをしてきた方々が多いため、ゴルフ場はこうあるべきという固定概念が強くなかなか改革することができません。

働き方改革などが叫ばれる中、働き方の多様性を求める労働者側とのニーズのずれが生じ、人気のない職場となっています。

求人広告を出しても集まらない

今まさにゴルフ場は散々な状態です。その状況下でゴルフ場は求人広告を出しても集まらない。その状況を見つめなおす必要があります。

ゴルフ場側としては求人広告を出しても欲しい人材が集まらないという深刻な状況ですが、雇われる側からするとチャンスでもあります。ゴルフ場がどうしても欲しい人材ということであれば給与交渉や、勤務時間の交渉も大いに可能です。一般企業に勤めながら副業としてゴルフ場で働くということもいいかもしれません。

パソコンが使える人材が欲しい

ゴルフ場が今欲している人材とは、どんな人材か?

それはパソコンが使える人材です。なんだか昭和な感じがしますが、本当なんです。ゴルフ場にWEB予約が導入されて20年弱。ゴルフ場の従業員も高齢な方が多いため、十分に活用できない状態が続いています。

パソコンを使えるといっても、高度な知識は一切必要ありません。簡単なエクセルと、タイピングができれば十分ゴルフ場では戦力になります。

地方にお住まいで自由な働き方、好待遇を望んでいる方は、人材確保に苦戦しているゴルフ業界にアプローチしてみると待遇交渉の余地が生まれるはずです。

 

 

  1. ゴルフの知識

    【仕事としてのゴルフ】2018年以降のゴルフ市場はどうなる?
  2. ゴルフ用品紹介

    【イオンスポーツZERO FIT】雨でも滑らないゴルフグローブ(手袋)
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフ場会員権の種類】預託金制・株主制会員ってどう違うの?
  4. ゴルフの知識

    【電車でゴルフ】ゴルフに行くのに車は不要!?
  5. ゴルフ上達

    失敗しないロブショットの打ち方!ロブショットには2種類ある⁉︎
PAGE TOP