ゴルフの知識

【服装マナー】ゴルフに行くときは服装に注意するべき!?

ゴルフのマナーは服装にも当てはまります。あまりに不適切な服装でゴルフ場に行くことはタブーとされています。ですがゴルフ場に行くときは正装でというのは過去の話です。ゴルフ場や一緒に行く人に合わせた服装で行けば大丈夫です。

ゴルフに堅苦しい服装なんて必要ない!

まず第一にお伝えしたいのが、ゴルフ場に行くために革靴を履いて、シャツをきて、暑くてもジャケットを羽織って・・・。ゴルフフェアは夏でも長ズボンでポロシャツはスボンの中に入れて・・・。というような正装である必要は全くありません。

ほとんどのゴルフ場ではクラブハウス内でわざわざジャケットを羽織る必要はありませんし、革靴である必要もありません。ラウンド中も短パンでも大丈夫です。丈が短めのポロシャツであればズボンに入れる必要もないでしょう。

なんとなくゴルフはマナーにうるさくて服装もしっかり揃えないとゴルフができないというイメージがありますが、そんなことは全くありません。まずはゴルフの服装に対する認識を改めて欲しいと思います。

ポロシャツ短パン、スニーカーが最低ライン

ゴルフ場にはどんな服装で行けばいいか疑問を持たれる方も多いと思います。そんな時は最低ラインを覚えておきましょう。この最低ラインよりもしっかりとした格好であればどんな格好でゴルフ場へ行っても大丈夫です。

ゴルフ場に行く場合はの最低ラインは『ポロシャツ短パン、スニーカー』です。ポロシャツではなくTシャツと書きたかったですが、現在の日本のゴルフ業界の雰囲気からするとTシャツはマナー違反の場合もあるのでポロシャツに留めておきます。これより着崩した格好でゴルフ場に行くとマナー違反で注意されることがあるので気をつけましょう。

このポロシャツ短パン、スニーカーでゴルフ場へ行けば、靴だけゴルフシューズに履き替えればチェックイン後すぐにラウンドに向かうことができます。ゴルフ場のフロントでチェックインする時はゴルフフェアは禁止という認識もありますが、ゴルフ場もだいぶカジュアルかされているのでゴルフフェアのままチェックインを行っても注意されることもありませんし何も問題はありません。

マナー違反になる服装

逆にポロシャツ短パン、スニーカーよりも着崩した格好を探す方が難しいぐらいです。ジーンズでも全然大丈夫です。それだけゴルフは服装に気を使わなくても良くなってカジュアルかしてきたというのはいい点ですね。強いてあげるとすれば、ビーチサンダル、クロックス、Tシャツ、タンクトップ、スウェットのような部屋着系ぐらいでしょうか?
それ以外であればご自分で考えて周囲を不快にさせないと思うような格好であれば十分です。

革靴、ジャケット着用、ゴルフフェアは長ズボン必須の場合もある

上記で散々カジュアルな格好で大丈夫ということを書きましたが、しっかりとゴルフ場へ正装していかないと行けない場合もあります。そんな時は少々気遣いが必要になるので、ゴルフ場へ行く場合に推奨される服装を説明させていただきます。

超名門コースへ行く場合か、仕事関係のゴルフでは正装が必要

基本的にはカジュアルな格好でゴルフ場に行ってもマナー違反ではないので大丈夫です。現在でもゴルフ場に行く際に正装が必要になる場合は上記の2つのケースです。

1つ目のケースは、超名門のゴルフ場へ行く場合。僕らのような一般人にはあまり編がありませんが、霞ヶ関カンツリー倶楽部や、小金井カントリー倶楽部などの超名門コースに行く場合には正装が必要です。このような超名門コースにラフな格好で行った場合には入場を断られる可能性もあるので注意が必要です。どこまでが名門でどこまでが名門でないのか線引きが難しですが、判断基準を以下に示しておきます。

【正装を来て行くべきゴルフ場】
・GDO、楽天GORAから予約することができないゴルフ場
⇨ほとんどのゴルフ場がネット経由で予約することができるようになっている中、ネット予約を受け付けていないゴルフ場というのは硬派な名門コースの可能性が高いと言えます。

・メンバー同伴、もしくは紹介でないと予約が取れない
⇨いまだにビジター予約を一般に受け付けていないゴルフ場は敷居が高い名門コースの可能性が高いですね。

2つ目のケースは仕事関係のゴルフの場合です。商談が絡むゴルフの場合は相手に不快感を与えては行けないので、当然正装が必要になります。また会社の部署内のコンペなども上司や先輩の目があるので落ち着いた格好でゴルフ場に行くのが無難です。(社内コンペの際の服装はその会社の社風によってもずいぶん変わりますね。)

上記の名門コースに行く場合と、仕事関係のゴルフの場合は正装が必要なのでゴルフ場の行き帰り、ラウンド中はドレスコードを守りましょう。
次章でゴルフに行く際の正装(ドレスコード)を紹介します。

ゴルフの正装はジャケパン革靴&ポロシャツ長ズボン

実際ほとんど以下で紹介するような格好でゴルフ場に行くことはほとんどありませんが、もしもの時をそうてしてゴルフに行く場合の清楚を紹介しておきます。

ゴルフ場と自宅の行き帰りはジャケパン革靴

ゴルフ場でチェックインしロッカーで着替えるまでと、ラウンド終了後にロッカーで着替えてチェックアウトしに行く時はジャケパン革靴で行く必要があります。ズボンは一般的なスラックスや、チノパンであれば問題ありません。この場合、ジーンズはNGとなります。

【上半身】
・襟付きのシャツまはた私服用のポロシャツ
⇨ポロシャツの場合はゴルフフェアのポロシャツはNG。

・ジャケット着用
⇨夏場で暑い時は腕にジャケットをかけておきましょう。

【下半身】
・スラックスまたはチノパン
⇨ジーンズや短パンはNG

・革靴
⇨スニーカー、サンダルはNG

ラウンド中はポロシャツ長ズボン、短パンハイソックス

ラウンド中も正装があります。短パンにくるぶしソックスなどはマナー違反になってしまうので気をつけましょう。

【上半身】
・帽子、サンバイザー着用
⇨首にタオルを巻きながらのラウンドは禁止です。

・ポロシャツ
⇨ポロシャツの丈はズボンの中に入れましょう。

【下半身】
・基本的に長ズボン
⇨半ズボンを履く場合は、膝下程度の高さまでくるハイソックスを着用しましょう。くるぶしソックスなどはマナー違反となります。

上記の通り、ゴルフに行くために正装しようとすると結構大変です。
ですが基本的に僕らが行くようなゴルフ場はカジュアルな格好でも大丈夫ということを頭に入れておいてください!

 

  1. ゴルフ用品紹介

    【カート式?スタンド式?】キャディーバックのメリット・デメリット
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ場利用廃止】今後の展望はいかに?
  3. ゴルフ上達

    【1人ラウンドでゴルフ上達】1人ラウンドを勧める理由
  4. ゴルフ場紹介

    【みゆきゴルフセンター】川崎市最安値(?)の練習場をご紹介!
  5. ゴルフ上達

    【ゴルフ場での服装】ゴルフコンペで失敗しない最適は格好とは?
PAGE TOP