ゴルフ用品紹介

【プラスチッック派?木製派?】おすすめのゴルフティはどっち?

ゴルフ場でのラウンドにはティが必要になります。ティにはプラスチック製と木製がありますが、皆さんはどちらが好みでしょうか?
一般的に初心者はプラスチック製、上級者は木製がオススメと言われます。それぞれのメリット・デメリットを解説します。

正式名称は『ティペグ』

ゴルフ場でティショットの際に使用するティ。正式名称はティペグと言います(以下:ティ)。ティにはアイアンやウッドを打つときに使用するショートティとドライバーを打つときに使うロングティがあります。

ティを地面にさしてゴルフボールを置くことで、ゴルフボールを地面から少し浮かせて打つことができます。ゴルフボールが地面から浮いていると視覚的にも優しく感じミスの抑制にも繋がります。

ティの役目についてはプラスチック製と木製で変わりはありません。完全に好みの問題です。プラスチック製のティと木製のティでどの様な違いがあるのか見ていきましょう。

プラスチック製と木製の違い

これらの違いは完全に素材の問題です。

ティーによって大きく飛距離が伸びた!って言う話もそんなに聞いたことがありませんし、僕らのようなアマチュアゴルファーの場合には、ティーの影響よりもボールへのミート率などの要因の方が影響が大きいですね。もしかしらプロゴルファーのレベルになるとティによって飛距離が変わるのかもしれませんが・・・。

プロゴルファー使用率ほぼ100%の木製ティ

ゴルフの試合中継をみるとわかりますが、ほぼ100%のプロゴルファーが木製ティを使用しています。

メリット:ティーがどこかへ飛んで行ったり、折れてなくしても腐って土に還る。
デメリット:折れたり欠けたりするので交換するので1ラウンド中に交換が必要になる。

なぜプロゴルファーの大半が木製ティーを使用しているのでしょうか?
推測ですが、木製ティーなら自然に還るためティーショットでどこかに飛んで行った場合、探す必要がありません。
プラスチック製のティだと土に還らずゴミとなってしまうので、ティーが飛んで行ってしまった場合は探して拾い上げる必要があります。木製ティなら飛んで行っても探す必要がなくプレーに集中できるためプロゴルファーには木製ティの使用者が多いのではないでしょうか?
あとはキャディ―さんがついているので、ティが折れても交換してくれますしね。

また、微々たる影響かもしれませんが木製ティの場合、ティが折れるということは、ティーの抵抗が少ないので飛距離のロスを防ぐことができるのかもしれません。プロゴルファーほどのミート率だとティーからの抵抗も飛距離に影響するかもしれませんね。

セルフプレーにおすすめのプラスチックティ

一般的にプラスチック製のティは折れないので初心者におすすめと言われますが、個人的にはキャディー付きではなくセルフプレーでラウンドする機会がおおいゴルファー全員におすすめしたいです。

メリット:折れないため長く使えて経済的
デメリット:土に還らなのでゴミとなる

基本的にセルフでラウンドするごるふぁーにはプラスチックティーをお勧めします。なんといっても折れないので1ラウンド中に何回も交換する必要がありません。ショートティとロングティーを1本ずつポケットに入れておけば大丈夫です。そしてプラスチック製のティは折れないので1本が長く使えて経済的!!なんなら同じ1本のプラスチックティーを半年ぐらい使い続けてますし(笑)。

だだし、プラスチック製のティを使うに当たって1つ注意点があります!
それは、プラスチック製のティーがどこかに飛んで行ってしまった場合、必ず拾いましょう。土に還らずゴミになってしまうということ以外にプラスチック製のティがそのまま放置されることで問題が発生します。それはコースを整備している芝刈り機がプラスチック製のティ巻き込んだ場合に、プラスチックティーに芝刈り機の刃が負けて折れてしまいます!!

木製のティだと巻き込んでも大丈夫ですが、プラスチックティには環境面以外にゴルフ場の運営面での問題もあるので使用するときは必ず拾うようにしましょう!

【おまけ】冬におすすめ置くティ

素材の違い以外に地面に刺さないタイプの置くティがあります。あまり使っている人は多くはありませんが、冬のラウンドではおすすめです。冬にティグランドが凍っていてなかなかティが刺さらないという経験はないでしょうか?

そんな悩みを解決するために置くティがあります。ただし置くティは通常の地面に刺して使用するティと比べるとどこかへ飛んでいきやすいので飛んでいっても見つけやすい様に派手な色のティを購入することをおすすめします。

まとめ

他にもティはいろいろあります!機能性のティ、おちゃらけもののティなど!

ティの影響によって劇的に飛距離が伸びたという話や、方向性が安定したという話は聞いたことがないので、プラスチック製のティと木製のティの特徴を抑えていただき、あとは自分の好みのティを選びましょう。そして、プラスチック製のティを使用する場合は必ず拾うということを意識してゴルフを楽しんみましょう。

  1. おもしろ雑学

    【ゴルフ前夜に眠れない】10分以内に寝付ける連想睡眠法
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフを始める年齢】ゴルフは何歳から始めるのがベスト!?
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口890万人!?】ゴルフ場セミナー4月号で発表
  4. ゴルフ上達

    【パターの構え】プロゴルファーみたいな構えを身につけよう
  5. ゴルフ上達

    【ゴルフ場での服装】ゴルフコンペで失敗しない最適は格好とは?
PAGE TOP