ゴルフの知識

ゴルフ場の雇用問題

こんにちは!
今日もとにかく暑い

もう梅雨が明けちゃったんですかね
本当に雨が降らない
芝生が枯れてしまう( ゚Д゚)

でも年間の雨量ってどこかで調整して
ほぼ一定になるっていいますからね。
これからの台風の季節に大雨が降らないと
いいんですけどね。

さて、今日はまたまたコラムてきな
『ゴルフ場の雇用問題』

今のゴルフ場ってどんな状況かしってますか。
とにかく人手不足

入社してきても
イメージとのギャップで
すぐ辞めていく人が多いんです!

僕らが遊ばしてもらっているゴルフ場さん
ってこのご時世かなりしんどい状況なんです!

なぜそんな状況なのか詳しく見ていきましょうか!

①かなり忙しいみたい

ゴルフ場が供給過多で、売り上げはどんどん右肩下がり
となると、実施していくのは人件費削減ですよね

少ない人数で運営できるように
セルフ営業にしたりしてますね。

フロントの人数も減らして対応しているので、
朝のチェックイン時に長い列ができたり!!

なのでほとんどのゴルフ場さんが
ぎりぎりの人数で運営しているため、
仕事もかなりしんどく、労働時間も長いようです!

②給料も低い

これをみると1位のPGMで平均年収700万円弱
一般の企業ランキングと比較するとずいぶん低いですね。

ゴルフ場自体の経営状態が
いいところの方が少ない状態です。
(親会社のほとんどは別の業種で儲けをだしています)

バブル期のゴルフ場の支配人は高級車も乗れたそうですが、
今は決してそんなことはほとんどないですね。

労働時間も長く、給料も平均所得よりも下
ボーナスもなしというのがほとんど!

③将来性が乏しい
働く誰しもが、
将来はこんな仕事がしたい!!とか
転職してステップアップしていきたい!!
などの目標を描きますよね!

でもほとんどの場合
ゴルフ場で働くと、他でつぶしがきかないので
次の働く先もゴルフ場ということが多いです。

また、ゴルフ場という世界は
とても閉鎖的な業界のため、
なかなか広い視野をもって
自分たち独自の魅力を発掘できている
ゴルフ場さん自体がすごーーく少ないんですね( ゚Д゚)

などなどつらつらと書かせていただきましたが、
これだけつらい状態でゴルフ場さんは
僕らを迎え入れてくれてます!

あまり値引き交渉はしないようにしましょうね!笑

あとは、これだけ問題点の多いゴルフ業界なので
改善の余地はこれでもか!ってぐらいあります!

それができたらすごく楽しんでしょうね!

では今日はこの辺で!!
良い休日を!

  1. ゴルフ場紹介

    【温泉付き】栃木県で泊まれるゴルフ場
  2. ゴルフの知識

    ゴルフを始める! デビューまでにかかる費用は?
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフ離れ】若者がゴルフをやらない理由
  4. ゴルフの知識

    【閉鎖】栃木県で営業が終了したゴルフ場一覧
  5. ゴルフ上達

    【ヤード杭】ゴルフ場でグリーンまでの正しい距離を把握しよう!
PAGE TOP