ゴルフ上達

【ウッドへの鉛の貼り方】自分好みに弾道を調整してみよう!

ウッド系のゴルフクラブへの鉛の貼り方を解説します。クラブヘッドに鉛を貼ることで自分好みの弾道に調整することができます。またミスの傾向がはっきりしている方は鉛を貼ってミスを軽減することもできます。できれば練習場で弾道を確かめながら鉛を貼っていきましょう。

鉛でミスを改善することができる

ゴルフショップで以下の様な鉛版を見かけたことはないでしょうか?

初心者の時には使い方が一切わまりませんでしたが、何となくゴルフにハマってくると自分でクラブをいじってみたくなります。自分でクラブに手を加えることで自分のミスを減らすことができれば、クラブへの愛着も湧き、スコアUPにもつながり一石二鳥ですね!

そして鉛には正しい貼り方があります。貼り方を間違えると、スライスが悪化してしまったり、引っ掛けたボールが頻発してしまったりと大変な思いをすることになってしまうので、貼り方をしっかりと勉強して起きましょう。

打球の高さと捕まり具合が変えられる

鉛をウッドに貼ることによって変化させられることは、打球の高さと、ボールの捕まり具合の2点です。

  • 打球が上がってくれない
  • 打球が上がりすぎて風の影響を受けやすい
  • スライスがひどい
  • 左に引っ掛けてしまう

上記の様なミスの傾向はウッドに鉛を貼ることによって改善する見込みがあります。

飛距離の伸ばしたい等の悩みは鉛では解決することができないことも覚えておきましょう。

鉛の貼り方の基本

鉛を貼るに当たっての基本があります。この基本さえ押さえておけば鉛マスターになったも同然です。
写真をみるとわかりやすいですね。

ボールの捕まり具合を調整する(縦軸)

ボールの捕まり具合を調整する場合は、シャフトの付け根と鉛の位置関係で決まります。シャフトからの重心距離を変えることによって打球の捕まり具合を調整します。

  • ボールを捕まえやすくしたい場合⇨重心距離を短くする⇨シャフトの付け根に近い位置に鉛を貼る
  • ボールの捕まりを押さえたい場合重心距離を長くする⇨シャフトの付け根から遠い位置に鉛を貼る

なぜシャフトからの重心距離を変えるとボールの捕まり具合が変わるかというと、ヘッドの返り方が変わるからです。重心距離が短いほどクラブヘッドがスイング中に返りやすくなります。ヘッドを返りやすくすることでボールを捕まえやすくしています。ボールの捕まりを抑えたい場合は重心距離を伸ばして、ヘッドを返りづらくするというロジックです。

打球の高さを調整する(横軸)

打球の高さを調整する場合は、ウッドのフェース面と鉛の位置関係で決まります。フェース面からの重心深度を変えることによって打球の高さに変化をつけます。

  • 打球の高さを押さえたい場合⇨重心深度を浅くする⇨フェース寄りに鉛を貼る
  • 打球に高さを出したい場合⇨重心深度を深くする⇨フェース面から遠い位置に鉛を貼る

まずはミスの傾向を分析しよう!

鉛を貼るための最初の1歩は自分のミスの傾向を分析しましょう。

  • スライスしてしまう(ボールがつかまらない)
  • フックしすぎる (ボールがつかまりすぎる)
  • 球が上がらない

などなどあると思いますが、僕はこれらのミスを鉛を貼ることで解決することに成功しています!
僕の改善例を紹介するので皆さんも試してみてください。

スライスに悩んだドライバー

スライスがひどく、いつも右のOBでスコアを崩していました。そこでシャフトの付け根付近に4グラムの鉛を貼って重心距離を短くしヘッドの返りを促すことでボールの捕まり具合を向上させることができました。

打球が上がらず、フック気味のユーティリティ

ドライバーとは逆に、つかまり過ぎ&打球が低いことで悩んでいたユーティリティー。打球の捕まりを抑えるために、シャフトから遠い位置。そして打球の高さを出すためにフェース面から遠い場所に鉛を4グラム貼りました。そうすることで重心距離を長くしヘッドの返りを抑えることができ、フックボールから適度なドローボールヘ変わっています。また打球の高さも鉛を貼る前と比べると上がる様になり、ユーティリティーでグリーンを狙っていくイメージも出せる様になっています。

鉛の貼りすぎに注意

皆さんの悩みも、鉛パワーで解決できるかもしれません!
自分のミスの傾向を分析した上で、鉛をウッドに貼ってみましょう。イメージ通りの打球が打てる様になるかもしれません。

ウッドに鉛を貼るに当たって1点注意事項があります。それは一気に5グラム以上の鉛を貼らない様にしましょう。鉛を貼ることでクラブのバランスが変わってしまいます。1度に5グラム以上の重さの鉛を貼るとヘッドバランスがかなり変わってしまい、鉛の効果が失われてしまいます。

ボールの捕まりをよくしたくて、5グラム以上の鉛を一気に貼った場合、ヘッド側がかなり重くなってしまいます。そうするとシャフトのしなりが大きくなりインパクトゾーンでヘッドが戻ってこない状態となり余計にボールが捕まらない状態となってしまいます。

鉛を1度に貼る重さは4グラムまでと覚えて起きましょう。しばらく4グラムで打ってみて足りなければ1グラムずつ付け足していきましょう。

 

  1. ゴルフの知識

    【ツアーイシュー】一般的なダイナミックゴールドS200との違いは?
  2. ゴルフ場紹介

    浜松で安くておすすめなゴルフ場6選!
  3. ゴルフ上達

    マレットパターの打ち方はこれ! パターの基本を抑えよう
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフを始める年齢】今らかでも遅くない!?
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフと年収】ゴルフが趣味の人は年収が高いのか?
PAGE TOP