ゴルフの知識

【ゴルフシューズの手入れ方法】長く愛用するためのメンテナンス!

みなさんゴルフシューズの手入れはしていますか?ゴルフ場でエアガンを使って芝生や泥を飛ばしたりは最低限行なっていると思います。
ゴルフシューズも一般的な革靴同様、日頃のメンテナンスをしっかり行えば見栄えもよくなり、一足を長く愛用することができます。

シューケアに必要なもの

まずはシューケアに必要な道具を揃えましょう。ゴルフシューズのアッパー部分が合成皮革か、天然皮革かで若干準備するのもが異なってくるので自分のゴルフシューズの素材を確認してから買い揃えましょう。

ゴルフシューズの手入れに必要な道具

  • バケツ
  • ブラシ(硬めの歯ブラシで代用も可能)
  • 研磨剤入りクリーム
  • 布(古くなったTシャツでもOK)

全て100円均一ショップで買えるようなもので大丈夫です。他の記事を見ると、激落ちくん(研磨剤入りのスポンジ)を使うといいと書いてありますが、激落ちくんで力強くごしごし擦るとゴルフシューズの表面がボロボロになってしまうのでお勧めしていません。しつこい汚れを落とす場合にはシューケア用に作られた研磨剤入りクリームを使用した方がゴルフシューズを傷めることなく磨くことができます。

簡単に擦り洗い

まずはバケツに入れた水をブラシにつけて、ゴルフシューズ全体をゴシゴシと擦りましょう。足の甲部分のシワに汚れがついているので念入りに擦ります。ゴルフシューズ全体を磨くことができたら、水分を布で拭き取りましょう。水分が表面に残っていると、水分が蒸発する際に革の中にある油分も一緒に飛んでしまうため、革の柔軟性がなくなってしまいます。出来るだけ丁寧に水気を切ることをお勧めしています。

しつこい汚れにはクリーナーを使用

しつこい汚れには、先ほど紹介したシューケア専用の研磨剤クリームを使用しましょう。人差し指に布を巻いて、そこに研磨剤クリームを少量つけます。あとはクリームのついた指で汚れている箇所を上下左右、または円を書くようにいろんな方向からこすってみましょう。そうすれば大概の汚れは落とせるはずです。

汚れが落ちたらゴルフシューズの表面に残っている研磨剤クリームは綺麗に拭き取っておきましょう。これでゴルフシューズのアッパー部分の汚れ落としは完了です。

靴底に挟まった芝や砂を落とそう

次は靴底です。靴靴底は毎回手入れする必要はありませんが、数ラウンドごとにはメンテナンスをしてあげましょう。底に砂や芝が詰まったままになっているとグリップ力が落ちてしまい、疲労がたまりやすくなったり、ショットの安定性が悪くなります。

ほとんどのゴルフシューズのスパイク部分は交換できるようになっています。そのためアッパー部分が破れたりしていない限り、スパイク部分を交換し続ければ長期間履き続けることができます。靴底の手入れを定期的にしておかないとスパイク部分の取り外しができなくなり交換できなくなる可能性があるので靴底のスパイク部分は数ラウンドしたら回転させて溜まっている砂や芝を取り除いてあげると靴を長持ちさせることができます。

シュークリームと防水スプレー

上記の通り行えば、ゴルフシューズのアッパー部分と靴底部分の汚れ落としが完了します。これ以降は1つのゴルフシューズを長く履き続けたい人は実践することをお勧めします。

シュークリームで栄養補給

ゴルフシューズのアッパー部分に天然皮革が使用されている場合は、汚れを取り除いたあと、革に栄養を与え潤いと柔軟性を維持するためにシュークリームを塗りましょう。ゴルフシューズの場合は油分が多いシュークリームを使用すると重く感じてしまう場合があるかもしれないので水溶性のクリームをお勧めしています。

上記のような水分の多いクリームをアッパー全体に塗るようにしましょう。シュークリームには靴のひび割れを防ぐ効果もあり1つのゴルフシューズを長く愛用することができます。

手入れが終わったら防水スプレーをかけよう

一通りの手入れがおわったら最後にゴルフシューズに防水スプレーをかけましょう。

防水スプレーは水気を弾いてくれるので靴の型崩れの予防になります。また汚れの付着を抑えてくれる効果もあるので日々の手入れが楽になるはずです。

ゴルフシューズ専用のシューキーパーを使おう

最後はこれ!なんだかんだ1番重要です。日頃のケアはめんどくさい!!でもできることであれば長く使いたいという方は、上記のような手入れまでしないとしてもシューキーパーだけは入れておくようにしましょう。これを入れておくだけでゴルフシューズに限らず革靴の持ちが格段に違います。

ラウンドや練習場で履いた後のゴルフシューズには大量の汗や地面の水分が吸収されています。その水分が空気中に蒸発するときに革が収縮してしまいます。革が収縮すると型が崩れしてしまいゴルフシューズがすぐに使い物にならなくなってしまいます。

なので使用直後から使用する時まではゴルフシューズに必ず木製のシューズキーパーを入れておきましょう。
私のお勧めはこちらのフットジョイのシューズキーパーです。何がお勧めかというととにかく安い(笑)。木製でかかとがしっかりしているタイプのシューキーパーは通常5,000円以上します。(甲部分とかかとのつなぎ目がバネになっているものは安いですが、お勧めしません。靴が伸びてしまいます・・・。プラスチックタイプも安いですが、水分を吸ってくれないのでカビや臭いの原因になります。)サイズが大きめなので注意が必要です。ゴルフシューズのサイズが27センチの私でSサイズを使用しています。

GDOで見る

面倒な手入れはめんどくさいという型でもシューズキーパーを入れておくだけでゴルフシューズが驚くほど長持ちするはずです。

  1. ゴルフの知識

    【ゴルフ業界へ転職】ゴルフを仕事にしてみて感じること!
  2. ゴルフの知識

    【一人でゴルフ場に行こう!】一人予約と一人ラウンドの違い
  3. ゴルフの知識

    【ネット集客の基礎】ゴルフ場の集客人数を増加させるポイント2つ!
  4. ゴルフ用品紹介

    【カルカタシャフトが主流!?】重いシャフトはさようなら!
  5. ゴルフの知識

    【ヌードゴルフ】ゴルフにおける多様性について考える
PAGE TOP