ゴルフ上達

【ゴルフ中に卵を産む!?】マナー違反のゴルファーは嫌われる!

ゴルフは上手い下手よりもマナーが尊重されるスポーツです。ゴルフ中のマナー違反を”卵を産む”と例えることがあります。卵を産むとは一体どのような行為なのでしょうか?また、ゴルフ仲間から嫌われてしまうマナー違反な行為を取り上げてみました。

教えたがり魔

練習場でたまにいます。ゴルフ場でもたまに出くわします。こちらが求めてもいないのに、勝手に熱血指導を始める人。特にラウンド中にフォームを変える様な指導をしてくる人は厄介。ラウンドに集中できなくなります。少しでもいいスコアで回りたいのに、ラウンド中にフォームを変えられたらスコアを崩す可能性がたくなります。

私も一度経験がありますが、全く見知らぬただ隣の打席で練習していた人が練習場で指導に熱が入るあまり勝手に打席に入ってきて指導を始める人もいます(笑)。ゆっくり自分のペースで打たせてほしい。

ドキッとした方はいませんか?
知らないうちに自分が『教えたがり魔』になっているかもしれませんよ。そして自分がプロゴルファーやレッスンプロでない限りその教えはほとんど役に立ちません(笑)。アマチュアゴルファーのアドバイスはほぼ自分の経験則に基づいた内容です。それを自分以外の他人に当てはめるのは指導としてナンセンスですね。

卵を産む人

出てきました!この記事の題名にもなっている“卵を産む人”。“卵を産む”とは一体どんな意味なのでしょうか?

卵を産むとは、OBやロストボールの時、同伴者に隠れて手持ちのボールを地面に落とし、その場に自分のボールがあったことにしてOBやロスとボールではなかったことにする人のことを指す言葉です。

卵を産む人=茂みの中で同伴者に隠れてボールを落とす人

ゴルフは打数申告などが自己責任で行われます。その反面、反則をしようと思えばいくらでもできてしまいます。スコアにこだわるあまり、
林の中で卵を産むゴルファーがたまにいるのが現実です・・・。ゴルフではスコアの過少申告はルール違反なので、卵を産む行為はマナー違反に加えルール違反となります。

ゴルフは上級者になれば、プレーに余裕ができるので同伴者が幾つでホールアウトしたのか分かります。余裕がある分、一緒にラウンドしている同伴者の様子もよく観察しています。卵を産んでスコアを誤魔化しても必ずバレます。

卵を産む以外にもスコアを故意に過少申告するなど違反行為をする人は周囲から敬遠されゴルフ仲間が減ってしまうので絶対にやめましょう!

不機嫌になる上級者(年配者)

これはゴルフに限りませんが、正直同じ組みの上級者や先輩が不機嫌になるとゴルフでなくても嫌な気分になります。自分の責任でスコアが悪くなっているのに、不機嫌になって周囲の人に気を使わせるなんて最悪です。最悪な行為ですが、意外とゴルフ中にスコアが悪くて不機嫌になったり無口になったりする人が多いです。

少し偏見かもしれませんが、ゴルフ中に不機嫌な態度を示す人は、学生時代にゴルフ部だった方に多い印象です。学生時代からゴルフをやっているだけに、自分に求めるスコアが高く、上手くいかないと不機嫌になる人がいます。

初心者が上手くいかずに不機嫌になるのは100歩譲ってしょうがないでしょう。初心者ゴルファーはそれだけプレーに余裕がないんです。ただ、組みをリードする上級者や年配者が1名が不機嫌になるだけで、他の同伴者にも嫌な雰囲気を味あわせてしまします。ゴルフは最大4人でプレーするスポーツなだけに周囲に助けを求めることもできません。

上級者や年配者は、周りに気を使われる存在ではなく頼られる存在であってほしいですね。

ボール探しがやたら長い人

ラフや林の方向へ飛んで行ったボールを5分以上探し続けるゴルファーがたまにいますね。ボールは1、2分探して見つからなければ切り替えて次の球を打ちましょう。(2019年ゴルフのルール改正によってボール探しの時間が5分から2分に変更されます。)

ボール探しがやたら長い人は一緒に探してくれる同伴者に迷惑をかけるだけでなく、進行を遅らせることになるので後続の組みへも迷惑がかかります。また、ボール探しは早々に切り上げて、切り替えた方がその後のメンタル的にも好影響です。いつまでも見つからなかったボールのことを思い返していてはスコアメイクに集中できません。スコアにこだわる気持ちはわかりますが、スコア以上にプレーファストを意識しラウンドしましょう。

また、見当たらないボールを探す時間が長いだけでなく、ボールを同伴者に一生懸命探させて自分でボールを探さない人は論外です。自分のボールは真っ先に自分で走っていき探す様にしましょう。

まとめ

ゴルフのラウンド中の行動を見ているとなんとなくその人の性格や人物像が見えてきます。だからこそゴルフがビジネスの世界で用いられることが多いのかもしれませんね。

ゴルフのマナーを実践するには、ラウンド慣れも必要かもしれませんが、根本は“周囲への気遣い”です。せっかくゴルフを楽しんでいるのに上記の様な行動があると自分にとっても、周りの人にとっても残念な結果になってしまいます。ゴルフは紳士淑女のスポーツと言われるだけに周囲への配慮は意識したいものですね!

  1. ゴルフの知識

    【ゴルフを始める年齢】今らかでも遅くない!?
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ免許証】ゴルファーのマッチングアプリが登場!
  3. ゴルフ場紹介

    【コンペも楽々】乗用カートナビ付き!栃木県のおすすめゴルフ場
  4. ゴルフの知識

    【ネット集客の基礎】ゴルフ場の集客人数を増加させるポイント2つ!
  5. ゴルフ上達

    【パターの構え】プロゴルファーみたいな構えを身につけよう
PAGE TOP