ゴルフの知識

眼のためには装着したいけど……なぜサングラスを付けるとダフるのか?

最近はサングラスを付けることが推奨されてますね。
昔は、サングラスつけていると調子に乗っているという風にみられることもありましたが、
紫外線対策が一般的になって、サングラスもそれと共に自然になってきました。

皆さんはサングラスを付けるのは夏場だけでしょうか?
季節にかかわらず、紫外線は降り注いでいるものなので本当は年中した方がいいですね。

 

芝の上は紫外線の照り返しが強い

ゴルフ中にサングラスを年中着用したほうがいい理由として、
芝生が紫外線を反射することによって、目には直接入る紫外線と反射して入る紫外線があります。
コンクリートよりも芝生の方が紫外線の反射率が高いため、紫外線を受ける量が多くなるので、サングラスの着用は年中した方がいいんですよ!

ちなみに雪は紫外線の反射率がほぼ100%!!
雪の上だと2倍の紫外線を浴びることになるのでスキーやスノボーに行くときは必ず必要です!

サングラスを付けるとダフる

みなさんこんな経験はないでしょうか?
僕はサングラスを付けるとよくダフります。

屈折率が関係するものですが、目とボールの間にサングラスのレンズがあることで、
実際よりもボールが遠くに見えています。
加えて、サングラスをかけて暗くなるのでその分ボールが遠くに感じることもあるでしょう。

サングラスをかけることでダフりやすいというのは、ネットにもたくさん記事が上がっているので間違いないようですね。

オークリーのサングラスは限りなく距離感が変わらないサングラスとして有名ですが、
それでもダフってしまいますね。(笑)
実力の問題もあるかもしれませんが・・・。

サングラスを着用したまま打つのが嫌だという方は、移動だけでも着用し、打つ時になったらサングラスを外しましょう。それだけでも目への負担や、疲労感も全然違います。

ただし、サングラスの脱着によってスロープレーにならないようにだけ注意しましょう。

サングラスを付けて練習

打つ時に外して、移動するときに再度着用するのが面倒という方、
ゴルフ中は常にサングラスを着用していたいという方は
サングラスを付けて練習しましょう。

プロでもいきなりサングラスを付けてショットを打つとダフります。
少し恥ずかしいですが、練習場でサングラスを着用し打ってみましょう。
少しトップ気味で打つとちょうどいいな!とか自分の中で感覚を見つけ、
打てるようになったらサングラスを付けたままラウンドに行っても大丈夫かもしれませんね!

松山選手もそうですが、ドライバーはサングラスをして高い精度を求められるアプローチの時はサングラスを外したりしている場合もありますよ!

サングラスを着用したほうが、眼病予防、疲労蓄積に効果艇なのは間違いありません。
自分でしっくりくる方法を見つけるのがベストですね!

  1. ゴルフ場紹介

    浜松市でおすすめのゴルフ練習場(打ちっ放し)5選!
  2. ゴルフの知識

    【大雨・台風・雪】ゴルフ場は営業する?荒天クローズ対処方法
  3. ゴルフ場紹介

    浜松で安くておすすめなゴルフ場6選!
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフ場集客】来場者数を増やして売り上げアップ!
  5. ゴルフの知識

    【仕事としてのゴルフ】2018年以降のゴルフ市場はどうなる?
PAGE TOP