ゴルフの知識

【ゴルフとお金】ゴルフを始めるために必要な費用は!?

ゴルフってお金がかかるイメージがありますよね。実際のところ、ゴルフを始めるためにどの程度費用が必要となるのでしょうか?
ゴルフを始める際の節約術と合わせて、お金の問題について解説します。

ゴルフを始める準備費用は55,000円!

ゴルフを始める費用を安く抑え、お金を節約する鉄則は、無駄なものを買わないことです。ゴルフを始めるために最低限必要な道具とそれらを安く買い揃える方法紹介します。

ゴルフウェアは代用できるものは積極的に!

  • ゴルフウェア上下
    ユニクロで5,000円前後で購入可能です。アダムスコットが宣伝している感動パンツはかなりおすすめです。私も実際にゴルフ中に履いていますが、動きやすく速乾性も高いので重宝しています。
  • ベルト
    ベルトは自分が持っている私服用のもので代用可能です。ゴルフ中は雨や汗で本革だと傷んでしまうので、合皮がゴム製のベルトをお勧めします。
  • キャップまたはサンバイザー
    キャップやサンバイザーも自分が持っている私服用のもので代用可能です。持っていなければ、ゴルフショップで2,000円程度で購入可能です。
  • ゴルフシューズ
    ゴルフショップで前年モデルの型落ち10,000円で購入できます。ゴルフシューズは重要なので、少しお金をかけましょう。10,000円前後出せば機能的に十分なゴルフシューズが購入できます。

ゴルフクラブは迷ったら初心者セット

パター、アイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッド、ドライバーが必要です。(後述しますが、全て買い揃える必要はありません。)
ゴルフパートナー等の中古ショップで販売されている初心者セットであれば30,000円程度で購入できます。

その他に必要な道具たち

  • キャディーバック
    リユースショップに行けば、5,000円程度で購入することができます。ゴルフクラブの初心者セットを購入するとキャディーバックなども一式付属してくる場合もあります。
  • ボール
    1ダース2,000円程度のディスタンス系ボールがおすすめです。
  • ティ(ティペグ)
    ティーショット時に地面に刺して、ボールの置き場所を作ります。ロングティーとショートティー合わせて600円。
  • グローブ
    グリップが滑らないようにラウンド中はゴルフ用の手袋を着用します。ゴルフショップで1500円前後で購入できます。

上記で上げたゴルフ用品を買い揃えていくと・・・ゴルフを始めるための準備で必要となるのは、56,100円!
ゴルフを始めるには約55,000円の費用がかかります。一気に揃えようとするとちょっと高いなって印象ですね。ただ、野球やサッカーを始めるに当たっても、グローブやバット、ユニフォームを購入するとなんだかんだ5万円ぐらい必要になってきます。他の球技と比べてもゴルフだけ特別高いということではなさそうです。

さらにお金を節約するには!?

ゴルフを始めるために必要な費用は約55,000円と紹介させていただきました。ですが、いきなり55,000円は高い!という声も当然あるはずです。そのため、さらに節約するための方法をご紹介します。

ゴルフクラブを譲ってくれる人がいないか探す

ゴルフを始めるためにかかる費用で一番大きなウェイトを占めているのはゴルフクラブです。ゴルフを始める費用を節約するには、ゴルフクラブの購入費用を削減することができないか考えてみましょう。

1番手っ取り早い方法は、『誰かにゴルフクラブを譲ってもらう』ことです。会社の先輩、親、親戚などなど、ゴルフをやっていそうな人、もしくは昔やっていたけど今はゴルフをやっている人に当たってみましょう。長くゴルフをやっている人であれば、クラブセットを2、3個持っていて、家の倉庫にしまいっぱなしなんて人も結構います。

自分の周りの人がゴルフクラブを譲ってくれたら超ラッキーです。クラブセット購入費3万円を丸々節約することができます。

レンタルクラブを活用する

近年ゴルファーからのニーズが高まりつつあるレンタルクラブサービスです。レンタルクラブは1回1セット3,000円前後レンタルすることができるので、ゴルフを続けるかどうかは実際にラウンドしてみてから判断したいという方におすすめです。

レンタルクラブを利用する方法は大きく2つです。

  1. ラウンドするゴルフ場で借りる
  2. レンタルクラブ専門サービスを利用する

私が個人的におすすめなのは外部のレンタルクラブ専門サービスを利用して節約する方法です。DMM.comゴルフレンタルやクラブステーションといったゴルフのレンタルクラブを専門に扱っているサービスがあります。ゴルフクラブだけでなく、ゴルフウェアやゴルフシューズもレンタルしています。予めネットで予約しておくことで、ゴルフ場へ発送、ゴルフ場から返送を行ってくれます。レンタルクラブの種類も豊富にあり、レンタル費用の中に往復の送料も含まれているので初心者向けにかなりおすすめのサービスです。


クラブセットの本数を減らして購入する

レンラルクラブを利用するよりも自分のクラブを買い揃えたいという方は、買い揃えるクラブの本数を減らしましょう。ゴルフを始めたての初心者の場合は、バター、サンドウェッジ、ピッチングウェッジ、7番アイアン、ドライバーの5本あれば十分ラウンドできます。ゴルフを始めたての初心者の場合、ピンまでの距離によって複数の番手を打ち分けるということは難しく、たくさんの番手を用意して微妙な距離を打ち分けるということよりも、5本のクラブをしっかり打てるようになるまで練習したほうがスコアもまとまりやすくなります。

ボールはロスとボールを購入する

ゴルフを始めたばかりの頃は、1ラウンド中にボールをたくさん無くします。新品で購入すると安いボールでも1ダース(12個)で2000円程度かかります。。ゴルフを始めたての頃は新品のボールじゃなくても大丈夫なので安いロストボールを大量に購入しましょう。2000円で3ダース(36球)など、かなりお安く購入することができます。

楽天市場でロストボールを検索

 

ここまではゴルフを始めるために一通り準備しておくべきものにかかるお金について解説させていただきました。ここから先は道具を揃えてラウンドするまでにいくらの費用が必要になるのか?同時に節約する方法はないのか紹介していきます。

ラウンド前の練習に約4,000円

ゴルフ道具を充備するのと平行して必要となるのが、練習場(通称;打ちっ放し)での練習です。いきなりゴルフ場にいってラウンドすることも可能ですが、難易度が高いのでせめて2、3回はラウンド前に練習場へ行って練習することをお勧めします。

ラウンド前に練習場へ3回通った場合の費用はどの程度になるでしょうか?
練習場にかかる費用は地域の相場によって大きく変動するので、川崎市最安値のみゆきゴルフセンターを参考に算出します。都市部に住む方は、この算出料金が下限料金になるので、最低限これぐらいの料金がかかると言う目安にして下さい。

【1回の練習にかかる練習場費用】
入場料:300円/1回
貸し玉:100球/1,000円
合計:1,300円

ラウンド前に3回練習場へ通ったとすると3,900円必要になります。

自宅とゴルフ場を往復するための費用

ゴルフ道具を揃えて、練習も数回通ったら、ラウンド当日です!ゴルフ場へ向かいましょう。ただし、ゴルフ場に行くにも交通費がかかります。
ましてや車を持っていなければ、車を買うところから・・・。と言うのは流石に費用がかかりすぎるので、費用を抑えた形でゴルフ場へ向かうには3つの方法があります。

  • 車を持っているゴルフ仲間に乗せてもらう
  • 電車とクラブバスを利用してゴルフ場へ行く
  • ゴルフ仲間とレンタカーやカーシェアリングを使う

車を持っているゴルフ仲間に乗せてもらう

この方法が1番費用的に安く抑えることができます。仲間内でゴルフに行くことが決定したら、ゴルフ場まで乗せて行ってくれる人がいないか確認しましょう。乗り合わせた何人かで高速代、ガソリン代を割れば、1人で車で行くよりも随分安く抑えることができます。

電車とクラブバスを利用してゴルフ場へ行く

車を持っていなくても電車とゴルフ場が運行するクラブバスを使ってゴルフ場へ行くことができます。ゴルフ場の最寄り駅まで電車で行き、駅からゴルフ場まではゴルフ場のクラブバスで向かいます。

3つの方法の中では費用的に1番高くなってしまうかもしれません。クラブバスは基本的に無料(要予約)ですが、往復の電車賃に加えキャディーバックの郵送費がかかります。しかし、長距離運転の疲労や、事故や渋滞に巻き込まれる心配もほぼないのでおすすめです。

ゴルフバックの正しい郵送方法を解説!

レンタカーやカーシェアリングで乗り合わせ

一緒に行くゴルフ仲間が誰も車を持っていない場合は、乗り合わせでレンタカーやカーシェアリングを活用すると費用的に安く抑えることができます。

ゴルフ場でラウンドするための費用

さて、ようやくゴルフ場へ着きました。実際にゴルフ場でラウンドすると、どれぐらい費用がかかるのでしょうか?

ゴルフ場でかかる費用の項目は以下になります。これらについて詳しくみて行きましょう。
・プレー料金、利用税
・昼食代
・その他費用

プレー料金、利用税

まずはゴルフ場でラウンドするに当たってプレー代金がかかります。相場は平日で5,000円〜10,000円。土日祝で10,000円〜20,000円。あくまで相場ですので、ゴルフ場のあるエリアやグレードによって大きく変動します。

また、ゴルフ場でラウンドする場合プレー代に加えてゴルフ場利用税徴収されます。基本的に利用税はプレー代と一緒に請求されるので追加で徴収されている意識がないかもしれませんが、400円〜1,200円程度徴収されています。この利用税もゴルフ場によって変動します。

昼食代

ゴルフ場に行くと前半9ホールと後半9ホールの間に昼食休憩が入るのが一般的です。ゴルフ場のレストランメニューの相場は1,200円〜2.000円です。

予約したプランが昼食付きプランの場合は昼食の基本料金まではプレー料金に含まれています。昼食の基本料金の設定は各ゴルフ場によって異なりますが、昼食の基本料金が1,200円のゴルフ場で昼食付きプランで予約した場合に1,500円のメニューを注文した場合は、差額の300円を追加で支払うという形になります。

その他費用

そのほかにもゴルフ場に行くとかかる費用があります。

  • ショップで物を購入した場合の費用
  • キャディー付きでラウンドした場合は、キャディーフィ
  • ゴルフ場のお風呂が温泉だった場合は入湯税

などなどゴルフ場に行くと細々とした費用がかさんでいきます。

まとめ

上記をまとめるとラウンドデビューまでに一体いくらぐらいの費用がかかったのでしょうか?

  • ゴルフ用品購入費:約55,000円
  • 練習場代:約4,000円
  • 交通費:約3,000円(レンタカー乗り合わせ、高速道路利用想定)
  • ラウンド代:約15,000円(土日祝試算)

合計:約77,000円

いかがでしょうか? 高いと感じましたか? 以外に安いと感じましたか?
どう感じるかは人それぞれですが、この試算は道具を全て自分で買い揃えた場合の試算です。知り合いからゴルフクラブを譲ってもらえたり、練習回数を減らせばさらに費用を抑えてゴルフを始めることが可能です!

またゴルフクラブは手入れ次第で何年間も使用することができるので、一度買い揃えてしまえば以降はそこまでお金はかからないですね。また平日休みで平日にゴルフへ行くことができる人はさらに安く抑えることができます。

上手に節約し、コスパの高いゴルフライフを味わってみてください!

  1. ゴルフ場紹介

    奈良市でおすすめのゴルフ練習場(打ちっ放し)3選!
  2. おもしろ雑学

    【趣味のゴルフが副業に!】ゴルフとパソコンで月10万円稼ぐ方法とは?
  3. ゴルフの知識

    【ヌードゴルフ】ゴルフにおける多様性について考える
  4. ゴルフ上達

    【ドライバーのコツ】ゴルフ場でのティーショットに悩まない!
  5. ゴルフ場紹介

    【セグウェイに乗れるゴルフ場】茨城県を中心に、栃木県や静岡県にも!?
PAGE TOP