ゴルフ上達

【ゴルフ場のヤード杭】正しいヤード杭の見方で距離感を合わせよう!

ゴルフ場へラウンドに行くとコース内の両横にヤード杭が立っています。ヤード杭の正しい味方はご存知でしょうか?意外と間違えている人が多い様に感じます。ヤード杭の味方を誤ると大きなミスに繋がる可能性もあるので注意が必要です。

1 ヤード杭の種類

 

皆さんゴルフ場に行くと必ず見ると思いますが、グリーンまでの途中にヤード杭があります。数字で書いてあるものや、線で距離を示してあるものも!
数字で書いてあるものは、その数字が残りの距離ですが、線で書いてあるものはいまいちわかりませんよね!

ほとんどのゴルフ場で線の場合は、以下の様な残距離になっています。
1本:残り50ヤード
2本:残り100ヤード
3本:残り150ヤード
4本:残り200ヤード
また、色で残りの距離を示している場合もあるので、その場合はゴルフ場のスタッフに確認しましょう!

2 ヤード杭はどこまでの距離を示しているか?

ヤード杭に表示されている残りの距離表示はどこまでの距離表示なんでしょうか?
表示の方式としては2通りあります。
・グリーンセンター表示
・グリーンエッジ表示
大きなグリーンの場合はグリーンのエッジとセンターでは20ヤードも距離が離れているなんていうこともあります。20ヤードというと2番手も変わってしまうのでスタート前にどちらの方式でヤード杭を立ててあるのか確認しましょう。スタート前にマスター室に聞けば教えてくれます。

2-1 グリーンセンターまでの距離

セルフプレーが主流になった現在では、ほとんどのゴルフ場でグリーンセンターまでの表示が主流です!

そのため、ピンがグリーンセンターから前後に何ヤードずれているのかピンポジションの確認が必要です。ピンが手前にある場合はヤード杭の表示に合わせて打っていくと、ピンをオーバーしてしまう可能性があります。

ただし、プロゴルファーやアマチュアゴルファー中部銀次郎氏も”グリーンのセンターを狙うのが基本”という言葉を残しています。であればピンポジションはあまり気にせずヤード杭通りの距離を打っていくことをお勧めします。

2−2 グリーンエッジまでの距離

キャディー付きプレーが主流のゴルフ場は、今でもグリーンエッジまでの距離表示をしています。

グリーンエッジとはグリーンの1番手前の位置です。花道とグリーンの境目をグリーンエッジと言います。

ということはヤード杭の表示にしたがってボールを打って行くと、必ずショートします。ピンがグリーンエッジから何ヤード奥に入ってあるか計算した上でボールを打っていく必要があります。ヤード杭がグリーンエッジまでの表示の場合は、ヤード杭の表示+ピンが奥まっている距離で番手を選択しましょう。

なんだか毎ショットショートするなーと思っていたら、確認したらエッジ表示だったなんてこと結構あるので、必ずエッジ表示か、センター表示か確認が必要です。

3 常にグリーンのセンターを狙う

先ほども紹介しましたが、最強のアマチュアゴルファー中部銀次郎氏であってもグリーンを狙うときは常にセンター狙いという言葉を残しています。グリーンセンターを狙うときはどの様に距離を算出すればいいでしょうか。

ヤード杭がグリーンセンター表示の場合が表示通りの距離を打てばセンターまで飛ぶので問題ありません。

しかし、エッジ表示の場合は、エッジからセンターまでの距離を換算しないといけないので、ヤード杭の表示よりも大きめに打つ必要があります。そんな時カートに乗り込むと、ハンドル部分に当日のピンポジションが書いてある紙があります(通称:ピンポジ)。

http://www.golf-fine.com/news/11955.html

このピンポジションの図を確認し、エッジからグリーンセンターまでの距離を見ます。次に、ヤード杭の距離表示に、エッジからセンターまでの距離を加え、番手を選んで打っていく。

そうすればグリーンセンターを狙って、安全にスコアメイクしていくことができます。

  1. ゴルフ上達

    【1人ラウンドでゴルフ上達】1人ラウンドを勧める理由
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ場利用廃止】今後の展望はいかに?
  3. ゴルフの知識

    ゴルフを始める! デビューまでにかかる費用は?
  4. ゴルフ場紹介

    茨城県でセグウェイに乗れるゴルフ場
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口890万人!?】ゴルフ場セミナー4月号で発表
PAGE TOP