ゴルフの知識

【ゴルフ場での仕事】いったいどんな部署があるの?

好きなゴルフを仕事にしたい。ゴルフに携わる仕事はたくさんありますが、身近なゴルフ場で働いてみたいという方も多いと思います。ゴルフ場の中には一体どんな仕事があって、どのような役割を担っているのでしょうか? ゴルフ場での仕事内容について紹介します。

ゴルフ場を構成する部署

僕らが遊びに行くゴルフ場もちゃんとした会社です。僕らが務める会社と同じようにいくつかの部署から構成されています。ただ、一般的な会社とは少し違った部署がゴルフ場にはあるので、ゴルフ場で仕事をすることを希望する場合は、どの部署なら自分のスキルが活かせるかイメージしておくといいですね。

ではゴルフ場にはどんな部署があるのか?
◆支配人
◆フロント・営業
◆コース管理
◆キャディーマスター室
◆レストラン

ざっくりとしていますが、ゴルフ場にはだいたいこれぐらいの部署があります。また昨今ではゴルフ場全体が人で不足。求人を出しても集まらないという状態が続いているため、フロントとレストランを兼務、キャディーマスター室とレストランを兼務という場合もあります。
さっそく各部署の役割をみていきましょう。

各部署の役割

一般的な企業では、人事部は人事関連の仕事だけ、営業は営業だけというように線引きがしっかりとしていますが、ゴルフ場は慢性的な人で不足もあって部署間の線引きが曖昧な部分もあります。フロントスタッフとして入社してもいろんな部署のヘルプに入らないといけないこともあるので

支配人

支配人の役目は皆さんご存知かと思いますが、ゴルフ場全体の統括です。ゴルフ場のあらゆる決裁権を持っているのが支配人です。ゴルフ場の営業利益などの管理も行うので小さな会社の社長のような位置付けでもあります。支配人はゴルフ場全体を見渡さないといけないので、フロントで受付をすることもありますし、コース課に行ってコースの状態を確認することもあります。支配人がどうゆうゴルフ場にしたいかという考えのもとゴルフ場全体が動くので、支配人の考え次第でゴルフ場の方向性が決まっていきます。

支配人になるには、2つの道があります。ゴルフ場業界で長く働き、経験を積んで出世して行く道。もう一つが銀行などで経営の勉強をしたのちゴルフ場に支配人として着任する道。主流は前者のゴルフ業界で長く経験を積む道ですが、ゴルフ場業界でずっと働いてきた支配人の中にはバブル期のいい時代のイメージがあり、なかなか抜本的か改革を打ち出すことができません。経営者としての目線が必要な支配人という立場は今のゴルフ場業界をみていると後者のように経営知識が豊富にある人材の方が重宝される人材に見えます。

フロント・営業

お客様対応がメインの業務になります。僕らゴルファーとも1番接点の多い部署です。朝と帰りのフロント対応に始まり、ゴルフ場にかかってくる電話の対応まで幅広く対応します。朝と帰りの時間以外はフロント業務は必要ないので、レストランにヘルプに行ったり、事務所で経理の仕事をします。お客様対応がメインなので接客業の経験や簿記などの資格を持っていると重宝されます。

コース管理

その名の通り、ゴルフ場のコースの整備がメイン業務です。コース内だけでなくゴルフ場への進入路の整備や、クラブハウスの塗装なども幅広く行います。コース管理課のトップをグリーンキーパーと呼びゴルフ場内では支配人の次に権力者であるといわれてます。コースの良し悪しはキーパーで決まるとも言われ、有名なグリーンキーパーになると各ゴルフ場の取り合いとなって年収1,000万円超えのグリーンキーパーもいます。

コース管理の方々は僕らゴルファーがプレーしている日中はコース内で作業ができないので、早朝や夕方からの業務となります。時間的に厳しい環境下で働くこととなりますが、自分の仕事が形となってコースで見られ、ゴルフ場の評価に直結するというのはやりがいのある仕事ですね。

コース管理では芝生(植物)の育成方法や、肥料への知識があると重宝されます。ゴルフ場によっては農業高校出身者の方は優遇されるかもしれません。

キャディーマスター室

ゴルフ場のプレーの進行を管理する部署です。ゴルフバックをカートに積んだり、プレー進行が遅れていればマーシャルに入ったりとゴルフ場の運営を手掛ける部署です。キャディーマスター室のオペレーションがしっかりしていないと、ゴルフ場全体の進行が悪くなり、クレームの原因になったりするのでオペレーションに関してとても重要な役割を担っています。進行が遅れているお客さんに注意しなければいけない場合もあるのでお客さんと揉めることもあるので言葉遣いや接客態度には注意が必要です。

キャディーマスター室の業務においてはゴルフ場特有の業務のため、なにか経験や資格を持っていると優遇されるということはありません。ゴルフ場に入社したのち経験を積んで業務に当たることとなります。

レストラン

レストランは調理人とホールスタッフに分かれます。ホールスタッフはフロントスタッフと掛け持ちすることが多いですね。調理人はそのゴルフ場のレストランの味を決める重要な役割です。一般的なゴルフ場では昼食代として1,200円〜1,500円ほどもらっています。外食チェーンの昼食相場よりもゴルフ場の昼食は値段が高いので、お客さんのハードルも高くなります。調理人として料理の腕に自身があるという方はゴルフ場で自分の腕をふるってみるのもいいですね!
ゴルフ場としてレストランの料理が美味しいというのはいい宣伝文句になります。コースの評判はそこままでもレストランの料理がとても美味しくて人気になっているゴルフ場もたくさんあります。

まとめ

上記で紹介したようにゴルフ場の内部にはいろんな部署があり、それぞれにゴルフ場特有の役割があります。ぜひ今度ゴルフ場に行ったときは、
『あの人はどこの部署の人かな~~??』と推測して楽しんでみて下さい!

そして自分がゴルフ場に就職して仕事をすることになった場合、自分の強みやスキルをどの部署だったら活かすことができるか考えてゴルフ場への就職を考えるといいと思います。

【参考記事】
【仕事としてみるゴルフ場】ゴルフ場の損益分岐点は?

 

  1. ゴルフの知識

    【ゴルフの服装マナー】初めてのゴルフで気をつけること
  2. ゴルフ用品紹介

    【イオンスポーツZERO FIT】雨でも滑らないゴルフグローブ(手袋)
  3. ゴルフの知識

    【閉鎖】栃木県で営業が終了したゴルフ場一覧
  4. ゴルフ上達

    【パンチショットの打ち方】低い弾道でラインだし
  5. ゴルフの知識

    ゴルフ場の求人事情・深刻な人で不足
PAGE TOP