ゴルフ用品紹介

【スパイダーグリーンフォーク】ディポットの修復が簡単綺麗!

巷で話題になっているスパイダーグリーンフォーク。グリーン場にできたディポット (ピッチマーク)を簡単かつ芝生を傷めずに修復できるようです。スパイダーグリーンフォークの使用方法、使用感のレビュー、通常のグリーンフォークとの違いを記載しておきます。

グリーンのディポットを直す意味

ナイスショットでグリーンオンさせた時は最高に気持ちいですね!
グリーン上に行ってみて綺麗にディポット ができていると何だか嬉しくて、僕個人的にはグリーン場のディポットを直すのが好きです。ディポット直しが楽しいのでついつい他の人のも直してしまいます。

キャディ付きプレーが主流だった頃は私たちゴルファーが一生懸命パターのラインを読んでいる間にキャディさんがせっせとディポットを直してくれていましたが、セルフプレーが主流になった昨今、自分で作ったディポットを修復しずにホールアウトしてしまうゴルファーがいます。

グリーンのディポットを直さなくてはいけない理由は、もちろん後続の組みの方々に平らなグリーンでプレーしてもらうという意味合いもありますが、もう一つ意味があります。
それはグリーンの芝を真っ直ぐ上に向かって綺麗に伸ばす役割があります。
グリーンというのはかなり繊細な作りをしています。皆さんのパターの転がりが安定するように芝の高さ、根の深さ、芝の生える方向などにコース整備の方々が気を使い綺麗なグリーンが出来上がっています。
芝が生える向きや根の深さが不均一だとパットの転がりが不規則になってしまいゲーム性がなくなってしまうんですね。
写真のような大きなディポットを放っておくと根の深さや、芝が伸びる方向が不均一になってしまい、元に戻すには大変な労力が必要になるので最低でも自分が作ったディポットは修復するようにしましょう!また、余裕がある人は自分以外のディポットも直すようにするとゴルフ場全体のディポットをなくすことにも貢献できます!

意外と知らない正しいグリーンフォークの使い方

多くのゴルファーがよく使っている通常のグリーンフォーク。これの使い方を間違えて覚えている人が意外に多いんです。

正しくは芝を寄せる

よく、グリーンフォークを芝にさして芝を持ち上げようとグリーンフォークの先を上げる人がいますがそれは間違えです。グリーンフォークで芝生の根を持ち上げようとすると根が切れてしまい、グリーンのその部分だけ枯れてしまいます。

正しいやり方はディポットを4方向から中央に寄せるように、グリーンフォークの持つ部分を中央に向かって倒します。4方向から芝を寄せたらパターのそこで軽く押さえつけて平らにならしましょう。

ですが、このグリーンフォークでディポットを修復する作業はなかなか面倒なんですね・・・。ディポット ができたら、グリーンフォークを取り出して、グリーンフォークを芝生に刺して中央に寄せる×4回。何回もやっていると意外に手が痛くなったりします。寒さで手が悴んでいる冬場は特に辛いですね。そんな辛さや面倒さを解消してくれるのが、今回紹介するスパイダーグリーンフォークです。

芝を傷めず簡単に修復できるスパイダーグリーンフォーク

GDOショップで見る

これまで使ってきた通常のグリーンフォークとは全く違った形をしています。円柱の筒からぐにゃぐにゃした蜘蛛の足のような棒が4本でています。このぐにゃぐにゃの棒が芝の根を傷つけずにディポット を修復してくれます。

軽く回して引き抜くだけ

使い方はとっても簡単で楽チンです。ディポットの凹んでいるところに、このスパイダーグリーンフォークを刺します。そしてほんの少しひねって引き抜くだけです。それを2回ぐらいやればディポット が綺麗に修復されます。

通常のグリーンフォークのように4回もグリーンに突き刺す必要はありませんし、芝の根を傷つける心配もありません。あまりに簡単かつ素早くディポットを修復することができるので、ついつい自分以外のディポットも修復してあげたくなってしまいます。

使用上の注意は2点

大変便利なスパイダーグリーンフォークですが、使用する上で2つだけ注意点があります。

フォークを回しすぎない

このスパイダーグリーンフォークはグリーンに刺した後”少し”回して引き抜きます。逆にスパイダーグリーンフォークを回しすぎてしまうと根こそぎ芝を剥がしてしまいかねないので注意が必要です。イメージとしては15°ぐらい回すだけで十分綺麗に修復することができます。

ポケットからの取り出しに注意

グリーンフォークをポケットに入れている人が多いと思います。スパイダーグリーンフォークを使用する場合はポケットからの取り出しに十分注意してください。金属の棒の部分が上を向いていると指に刺さってケガをしてしまう可能性があります。安全のためにキャップが付いていますが、ラウンド中にディポットを直すたびにキャップを取り外しするのは正直面倒です。キャップを外してポケットに入れるときは取り出しの時に手にケガを追わないように注意しましょう。

ゴルフ仲間に自慢したくなる一品

上記の通りスパイダーグリーンフォークの使用するに当たって2点ほど注意が必要ですが、総じて使いやすく、早く簡単にディポットを修復することができます。

また形も面白く一緒にラウンドする同伴者からは『一体何を使っているの?使わせてくれ!』という言葉を必ずもらいます。ラウンド中になんどもディポットを修復して手が痛くなる人や、みんなが持っていない珍しい道具を使ってみたいという人には自信を持ってオススメできる商品です。

GDOショップで見る

  1. ゴルフ場紹介

    【都心からでも90分】栃木県南部の超格安ゴルフ場3コース
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ場会員権の種類】預託金制・株主制会員ってどう違うの?
  3. ゴルフの知識

    【ツアーイシュー】一般的なダイナミックゴールドS200との違いは?
  4. ゴルフの知識

    【閉鎖】栃木県で営業が終了したゴルフ場一覧
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフ会員権のメリット・デメリット】ゴルフ場のメンバーとは?
PAGE TOP