ゴルフ場紹介

【セグウェイに乗れるゴルフ場】茨城県を中心に、栃木県や静岡県にも!?

セグウェイが乗れるゴルフ場があるのをご存知でしょうか? 茨城県内に3コース。栃木県と静岡県に1コースずつセグウェイに乗れるゴルフ場があります。乗用カートと違って一人一人が別々に行動することができ自由にボールの側まで行けるのがメリットです。

アジア取手カントリー倶楽部

http://www.asia-toride.com/

1つ目のゴルフ場はアジア取手カントリークラブです。利根川の河川敷にある27ホールのゴルフ場です。常磐道の谷和原ICから10kmほどでゴルフ場につくため、都内からなら1時間前後でいくことができます。予約時にセグウェイでラウンドするか乗用カートでラウンドするか選択することができます。

コース

コースは一般的な河川敷と同じ様に、とにかくフラットです。木が少ないので一見広く感じますが、実際に打ってみると1ペナ杭がかなり出っ張っていて初見の印象よりもかなり狭いコースです。グリーンやバンカーのメンテナンスは十分とは言えませんが、そこは河川敷のゴルフ場なので我慢しましょう。

サービス&施設

河川敷のゴルフ場のため、コース内にお手洗いが無いのでスタート前に済ましておきましょう。河川敷のゴルフ場では珍しくお風呂があのは嬉しいポイントです。また、昼食時のレストランはバイキング制でメニューも豊富。うどん、カレー、中華などが楽しめます。

コスパ

コースメンテナンスなどから受ける印象としては、アクセスがいいだけに料金もやや高めに感じます。コスパ的にはいい部類では無いですが、セグウェイに乗ってラウンドができるゴルフ場としては最も都心から近いゴルフ場です。コースには少々目をつぶってセグウェイゴルフを楽しみましょう。

GDOで見る

楽天GORAで見る

アジア下館カントリー倶楽部

http://asia-shimodate.com/

先程のアジア取手カントリー倶楽部の姉妹コースです。アジア下館カントリー倶楽部は北関東道の桜川筑西ICを降りてわずか3km!高速を降りてからのアクセスば抜群です!

コース

このエリアのゴルフ場はフラットな林間コースが多く、女性や初心者にもおすすめです。バックティからラウンドすれば7000yd近くあるので上級者にとっても満足できるゴルフ場です。

サービス&施設

姉妹コースのアジア取手カントリー倶楽部とは正反対の印象です。クラブハウスは高級感があり、女性の更衣室内にはパウダールームも完備されています。レストランもバイキング形式ではなく、オーダー制です。

コスパ

なぜか都心に近いアジア取手カントリー倶楽部とアジア下館カントリークラブの金額は全く一緒です(笑)。普通なら都心からのアクセスがいいアジア取手カントリー倶楽部の方が金額が高くなるはずなんですけどね・・・。アジア下館カントリークラブは、コースがフラットで回りやすいことと、セグウェイが楽しめる強みがあるので近隣のゴルフ場と比べると少し料金が高めに設定してあります。

GDOで見る

楽天GORAで見る

利根パークゴルフ場

http://www.tpg18.com/

こちらも利根川の河川敷に位置するゴルフ場です。ゴルフ場があるのは茨城県ですが、高速で行く場合は常磐道の柏ICで降りて行くのが近道です。(柏IC出口付近は朝方はよく混雑するので時間に余裕をもって移動しましょう。)利根パークはJR常磐線取手駅のすぐ近くなので、車で行くよりも電車で行くことをお勧めします。

コース

河川敷のゴルフ場としては、メンテナンスが比較的行き届いており、芝の状態の良好です。コース内に木も植えられているので、河川敷特有ののっぺりとした印象がない点もグッドです。フラットかつ都心からも行きやすいので初心者や女性を連れてくるにはお勧めのゴルフ場です。

サービス&施設

セグウェイプランはネットから予約できないようになっているみたいなので、セグウェイでプレーするには電話で予約する必要がありそうですね。1つお勧めのプレースタイルは手引きカートです。乗用カートが導入されて以来、手引きカートでラウンドができるゴルフ場は少なくなってしまいました。この利根パークゴルフ場では昔ながらの手引きカートスタイルでゴルフを楽しむことができます。クラブハウスは平成7年に開場しているため国内のゴルフ場の中では比較的新しい部類に入り全体的に綺麗な印象を受けます。そのため女性の更衣室にはお化粧スペースが確保されています。

コスパ

やはりアクセスの良さが抜群なゴルフ場なだけに値段は高く感じてしまいます。平均スコアが100以下のメンバーとゴルフを楽しみたい人たちにはあまりお勧めできないゴルフ場です。ゴルフ場のクオリティーからすると値段が高いですが、初心者の方、シニアで長距離運転が苦手な方にはお勧めのゴルフ場です。

GDOで見る

楽天GORAで見る

茨城県以外でセグウェイが楽しめるゴルフ場

首都圏から日帰りでいくことができる範囲でセグウェイが楽しめるゴルフ場というと、上記のアジア取手カントリー倶楽部と、アジア下館カントリークラブ、利根パークゴルフ場の3コースだけです。ですが全国にはセグウェイを楽しむことができるゴルフ場が他にもあります。

25那須ゴルフガーデン(栃木県)

栃木県の那須地方にある9ホールのゴルフ場で、この25那須ゴルフガーデンが日本で最初にセグウェイを導入したゴルフ場とのことです。1ラウンドする場合は9ホールを2周する形になります。(ティーグランドが変わります。)9ホールといってもコース自体は本格的なゴルフ場でメンテナンスも良好。リゾート感満載のゴルフ場でセグウェイを楽しめるのはとても優雅なひと時ですね。

GDOで見る

楽天GORAで見る

浜松シーサイドゴルフクラブ(静岡県)

静岡県の中でもトップクラスのゴルフ場で、全国企業対抗ゴルフなどの決勝の舞台にもなる名門コースです。浜松シーサイドゴルフクラブはセグウェイに乗ってラウンドすることはできませんが、セグウェイツアーという形でゴルフ場の敷地内を散策することができます。浜松シーサイドゴルフクラブの敷地内には全国屈指の規模と設備を誇る練習場と、スコッティーキャメロンミュージアムが併設されているので見所満載です。

GDOで見る

楽天GORAで見る

セグウェイ初心者でも講習を受ければ問題なし!

セグウェイに乗流ことができる茨城県のゴルフ場をメインで紹介させていただきましたが、セグウェイに乗ったことがないから心配という方もいらっしゃいますよね。でも安心してください!セグウェイに乗るのが初めての方はラウンド前に20分程度講習の時間が設けられています。そこでセグウェイの操縦方法を学んでスタートすれば問題ありません。各ゴルフ場では専門のインストラクターが指導してくれます。初めてセグウェイに乗る方は必ず講習を受ける必要があるので時間に余裕を持ってゴルフ場に行きましょう。また講習を受ける費用と、セグウェイの免許発行手数料が別途発生しますのでご注意ください。(同じゴルフ場でセグウェイの利用が2回以降の方や、他のゴルフ場などでセグウェイの免許を発行してもらっている方は改めてセグウェイの講習を受ける必要はありません。)

僕も初めてセグウェイに乗ってラウンドした時は最初の3ホールぐらいは慣れずにゴルフに集中できませんでしたが、4ホール目以降からはむしろボールの近くまで行けるのでセグウェイの方が楽チンかつ爽快でした。エグウェイの操作は本当に簡単ですので安心して挑戦してみてください!

だだしセグウェイでラウンドする際には注意点があります。セグウェイを操縦する上での注意点は、ラフでスピードを出しすぎないということです。セグウェイの操縦に慣れてくるとかなりのスピードを出して走ることもでします。ですがゴルフ場の地面には石が転がっていたり、傾斜があったりと危険な箇所があります。特にラフのエリアは芝が長く地面の状態が確認しづらいので危険を察知しづらい傾向あります。セグウェイに乗る時はできるだけフェアウェイの上を安全なスポードで走行するように心がけましょう。

  1. ゴルフ場紹介

    【回り放題ができる関東のゴルフ場】ショートコースじゃない本物のゴルフ場で!
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口減少】日本の人口問題からみるゴルフ業界の行方
  3. ゴルフ場紹介

    【温泉付き】栃木県で泊まれるゴルフ場
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフ初心者向けのマナー】これだけ抑えておけば大丈夫!
  5. ゴルフ上達

    【ゴルフ中に卵を産む!?】マナー違反のゴルファーは嫌われる!
PAGE TOP