ゴルフの知識

パターにもロフトがある!?  一体どんな役割があるの?

パターにもロフトがあるのをご存知でしょうか?ぱっと見地面とフェースが直角になっている様に見えますが、パターを横からみてみると微妙にロフトがついているのがわかります。パターにロフトがある意味とロフトの役割について解説します。

目次

市販パター のロフトは?

芝目の影響を軽減する

ボールを捕まえる役割

ロフトとストロークの関係

市販のパターのロフトは?

パターのロフトにはどれぐらいの幅があるでしょうか?
ロフトが小さいパターで2度。ロフトが大きいパターで7度程度となっています。
ロフトが2度や7度のパターはもちろん特注品です。

僕らがゴルフショップで目にするパター のロフトは、一般的に3度〜4度の間です。ちなみにツアープロが使用しているパターの利用率も3度〜4度のロフトのものが大半です。

芝目の影響を軽減する

さて、パターにロフトがついていることはわかって頂けたと思いますが、なぜゴルフボールを転がすためのパターにロフトがついているのでしょうか?ロフトがついてない方がボールがよく転がる様な気もします。

パターにロフトがついている理由1つは、アイアンなどの他のクラブと同様キャリー(ボールを浮かせる)させるためです。
グリーン上に置いてあるボールは微妙に沈んでいます。本当にごくわずかですがゴルフボールが沈んでいるんです。沈んでいるボールをロフトがないパターで打つとどうなるでしょうか?
真っ直ぐ転がろうとしているボールが芝の抵抗を受け、転がりが不安定になります。となるとボールが順回転しずに方向性がぶれてしまいます。

沈んでいるボールを持ち上げるためにパターにはロフトがついています。パター のロフトでわずかにボールを持ち上げ、芝目の抵抗を減らします。

ゴルフボールを浮かせずに転がした方がいい気がしますが、天然芝を相手にラインを読む場合は、ゴルフボールを微妙に浮かせた方が方向性が安定するということですね。

 

ボールを捕まえる役割

パター のロフトにはもう1つ役割があります。それはボールを捕まえる役割です。
よくドライバーを選ぶ際に、”ロフトでボールを捕まえる”ということは聞いたことがないでしょうか?
または、5番アイアンよりも9番アイアンの様なロフトが大きいクラブの方が捕まった球が打ちやすいといった経験はないでしょうか?
パターも全く同じです。

ロフトがないパターを使用すると、ボールが捕まらないので右方向へ押し出した様なミスが増えます。その様なミスが多発すると無理やりボールを捕まえようとするので手首こねるなど小手先のストロークになってしまいパターの方向性が安定しません。ロフトでボールを自然に捕まえられる様にすることで、小手先のスイングになるのを予防してくれます。

逆に考えると、左への引っ掛けるミスが多い方は、ロフトが小さめのパターを使用してみるといいかもしれません。

 

ロフトとストロークの関係

パターにロフトがついていることと、パターにロフトがついている理由はわかって頂けたかとおもいます。では僕らがパターを買うときにどの程度のロフトのものを買えばいいのでしょうか?

市販のパターのロフトは3度〜4度程度です。
しかし自分の構え方やストローク方法によってはロフトの効果を活用できていない場合もあるので、ご自身のパター形と相談しましょう。

ハンドファースト・ダウンブローは4度〜5度

ピンパターを使用している人に多いですが、ハンドファースト気味で構えたり、パター の時もダウンブローので打つ方はロフトが大きめのパターをお勧めします。

理由はハンドファーストに構えたりダウンブローの軌道でストロークすると、その分ロフトが立つことになります。ハンドファーストやダウンブローの軌道でロフトを立てて打っても芝目の影響や、右方向への押し出しミスが軽減できる様にロフトが大きめのパターを使用することをおすすすめします。

レベルからアッパブローは3度〜4度

マレットパターやネオマレットパターは重心が低く設計してある為、芯が中心よりもやや低い位置にあります。そのため、マレットパターやネオマレットパターを使用している人は、レベルスイング(地面と平行)からアッパブローの軌道でボールを打つ方が多くいます。

特にアッパーブローの軌道でボールを打つ場合は、その分ロフトが寝てしまうので、ロフトが小さいパターを選びましょう。アッパーブローでボールを打つ人がロフトの大きなパターを使うと、キャリーが多くなってしまい、ボールの転がりが悪くなります。そうなると力みの原因にもなるので、ロフトが小さめのパターを洗濯しましょう。

 

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?パター のロフトなんていままで気にしていなかったという方も多いと思います。なんだか転がりが悪いな、距離感が合わないなという方は、自分の打ち方とパター のロフトがあっていない可能性もあります。ぜひ1度見直してみてください。

関連記事

  1. ゴルフの知識

    データで判明!?ゴルファーにはプチ富裕層が多い!?

    皆さんはお金持ちですか!?(笑)唐突な質問ですいません。ゴルフ…

  2. ゴルフの知識

    ゴルフ人口と共に減少を続ける日本のゴルフ場

    ゴルフ人口の減少が叫ばれています。そしてゴルフ人口の減少と共に、ゴルフ…

  3. ゴルフの知識

    シャフトに関する基礎知識【フレックス、トルク、キックポイント】

    今日は、ゴルフのよくわからない用語解説です。フレックス、トルク、キ…

  4. ゴルフの知識

    メガソーラー? 農地? 転用されるゴルフ場は何になる?

    こんにちは!明日は久しぶりにゴルフですこのお盆休み中ゴルフ…

  5. ゴルフの知識

    フェアウェイ乗り入れ可能なカートで必ず注意すること

    ラウンドの際は、ほとんどのゴルフ場で乗用カートが一般的ですね。乗用…

  6. ゴルフの知識

    【ゴルフ場会員権の種類】預託金制・株主会員制ってどう違うの?

    ゴルフを始めた頃、父親のメンバーという響きに妙に憧れた記憶がありま…

  1. 未分類

    3000円投資生活
  2. ゴルフの知識

    グロス・ネットっていったい何?
  3. ゴルフ場紹介

    “県オープン”って知ってる?栃木県のオープン競技をレポートします!
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフ雑学】意外と知らない『OUT』・ 『 IN』の意味
  5. ゴルフ場紹介

    川崎市最安値(?)の練習場 みゆきゴルフセンターをご紹介!
PAGE TOP