ゴルフの知識

ふるさと納税でゴルフ場の無料券がもらえる?

11月に入って、だんだん年末の雰囲気が出てきましたね。
僕も仕事では営業ノルマの追い込みが先週ぐらいから始まって、
一年で一番忙しい時期です。
(明日から3日間出張です・・・。)

年末のイベントというと確定申告がありますね。
しっかり税金は納めるべきですが、保険や住宅ローン控除は忘れないように申請しましょう!

さて、最近はやっているのがふるさと納税ですが、皆さんやったことはありますか?
各地方自治体に納税する代わりに返礼品がもらえるというものですね。

ふるさと納税は聞いたことあるけど実際にやったことがない。っていう方は結構多いんではないでしょうか。
今回はふるさと納税の仕組みや、返礼品としてゴルフ場の無料券がもらえる場合もあるのでご紹介しようと思います。

ゴルフ場の無料券がもらえるふるさと納税

各ふるさと納税サイトで『ゴルフ』と検索するとたくさんゴルフ場の優待券や無料券が出てきますよ。
納税額も少額なものからあるので、検索して見てください。

市町村単位の納税なので、自分が行きたいゴルフ場がある市町村の返礼品を確認してみましょう。
ひょっとするとお目当てのゴルフ場に無料で行けるなんてこともありますよ!

ふるさと納税をすると得なのか?

ふるさとチョイスのHPには以下の様にかかれいています。
————————————————————————————————
ふるさと納税を行なって確定申告をした場合、寄附したお金の一部が、
その年の所得税と翌年度の住民税から差し引かれて戻ってきます。
所得税控除額、個人住民税控除額ともに、2,000円を超える部分が対象となり、
例えば4万円の寄附をした場合、年収によっては合計3万8千円の税金が控除されます。
つまり、原則2,000円の負担で地域の活性化に貢献できるのです。
————————————————————————————————

簡単に説明させてもらうと、
各自の年収に応じて、ふるさと納税によって控除できる額が決まっています。

仮に年収400万円の独身者が、ふるさと納税に4万円使ったとすると
その年の所得税と、翌年の住民税は年収396万円として計算されます。

400万円に税率A%をかけた場合と、396万円に税率A%をかけた場合では、
毎月給与明細で徴収される額が変わってきます。

ふるさと納税をやることで給与額面が増えるということはありません。
月々徴収される税金が若干減るので、徴収額の減額が年間で3万8千円程になります。
そのため実質2000円で返礼品をもらえたという形になるわけです!

本来は、都市部に人口が集中し、地方の税収が減ったための策として生まれたふるさと納税で、
僕らは生まれ故郷へ納税するべきところですが、返礼品も大きな魅力ですね!
ふるさと納税のサイトを確認して、お目当ての返礼品を探してみましょう!

  1. ゴルフ上達

    【ヤード杭】ゴルフ場でグリーンまでの正しい距離を把握しよう!
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフバック宅配便】正しく郵送して手ぶらでラウンド!
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフを始めよう!】費用を節約する方法
  4. ゴルフの知識

    【面白いゴルフコンペ】チーム戦と特別ルール
  5. ゴルフの知識

    【ヌードゴルフ】ゴルフにおける多様性について考える
PAGE TOP