ゴルフの知識

シャフトに関する基礎知識【フレックス、トルク、キックポイント】

今日は、ゴルフのよくわからない用語解説です。

フレックス、トルク、キックポイント

ゴルフを始めたばかりの方もなんとなく聞いたことあると思います。
この3つは何を意味するのでしょうか?
ドライバーのシャフト選びや、道具を買い替える際には絶対に知っておかないといけない
知識ですので、しっかり覚えておきましょう!

フレックス

これはシャフトの硬さを意味します。
R、SR、S、X、XX・・・ 右へ行くほどどんどん硬くなります。
シャフトを見ると以下の様にアルファベットが書いてあります。
これがフレックスですね!

シャフトの硬さは、振動数というのもを基準に決めます。
詳しくは割愛しますが、硬いシャフト程振動数が多くなります。
ギターの玄とおんなじ要領ですね。

トルク

フレックスはシャフトのしなりについてですが、
トルクは、シャフトのねじれを示す尺度です。

トルクを意識してクラブを選択するということは、僕らのようなアマチュアレベルではありません。
カーボンシャフトがトルクが大きく、
スチールシャフトがトルクが小さいと覚えておけば十分です。

キックポイント

キックポイントとは、シャフトのどの部分がしなりやすいかを意味します。
調子と言ったりもします。

大きく分けて、元・中・先の三種類

自分のスイングや、出玉の傾向に合わせてキックポイントを選ぶことになります。

では、今日の所はこの辺で!

  1. ゴルフ場紹介

    浜松で安くておすすめなゴルフ場6選!
  2. ゴルフ場紹介

    【回り放題ができる関東のゴルフ場】ショートコースじゃない本物のゴルフ場で!
  3. 未分類

    【当日予約ができるゴルフ場】思い立ったらゴルフへ行こう!
  4. ゴルフ用品紹介

    【カルカタシャフトが主流!?】重いシャフトはさようなら!
  5. ゴルフ上達

    【ゴルフで100が切り!】平均スコア100を切るためのチェックポインイト5つ!
PAGE TOP