ゴルフ上達

【バンカーショットの練習方法】超簡単1発脱出!

バンカーショットの練習方法ってご存知ですか?バンカーショットはむやみやたらにボールを打てば脱出できる様になるものではありません。バンカーショットは正しく練習さえすればすぐに上達します。バンカーショットの苦手意識が払拭できればスコアアップは間違いなし!

バンカーから脱出できない原因はダフリすぎ

バンカーからうまく脱出できない。バンカーショットはなんだか苦手。などなどバンカーショットの苦手意識のある方は大勢います。バンカーショットがうまく行かない人のほとんどの原因がダフリすぎです。確かにバンカーショットは芝生の上からのショットと違い、多少ダフった形で砂を爆発(エクスプロージョン)させてボールを打ちます。少しダフるつもりがダフリすぎてしまいボールが飛んで行かないというのがバンカーショットの典型的な失敗例です。

ダフリたくない時はよくダフリますが、わざとダフれと言われるとなぜか上手くダフれなくなるとうゴルファーの性ですね(笑)。

今回はバンカーショットの失敗の原因となっているダフリすぎを克服するため、あえてバンカー内でボールを打たない練習法をご紹介します。

バンカーで正しい位置の砂を飛ばす練習

ご存知の通りバンカーショットはわざとダフった形で打ちます。ダフる位置がとても重要になるので自分が正しく狙った位置をダフることができているか確認しましょう。

まずは身近にバンカーの練習ができる練習場や、ゴルフ場があるか確認しましょう。バンカーショットが練習できる場所を見つけたら以下の手順で練習します。

  1. バンカー内にサンドウェッジだけ持って入る
  2. サンドウェッジでバンカーの砂に一直線のラインを書く
  3. 書いたラインの位置の砂をダフって飛ばす

たったこれだけです。ラインのすぐ左側にボールがあると仮定し、アドレスをとり自分で書いたラインの場所をダフって砂を飛ばす練習をします。ライン上の砂を飛ばすことができれば、正しくボールを飛ばすことができます。しかし多くの人がラインよりも右側でダフっているはずです。ラインの右側をダフっている場合はボールが正しく飛んで行きません。ラインの上を正しくダフることができる様にボールを使わず繰り返し練習しましょう。

テークバックはウェッジのフェースに砂を乗せて背中側に運ぶ練習

次にテークバックです。バンカーショットではわざとダフリますが、ダフってもクラブヘッドが砂の中に埋まってしまわない様にバンスを上手く活用する必要があります。バンスを活用するにはテークバックが鍵となります。いつもの様にテークバックをした場合、バンスが活用できずクラブヘットが砂に埋まってしまします。

バンスが活用できる様にテークバックを取るには、バンカー内の砂をサンドウェッジのヘッドですくって、フェース面に乗せます。そしてフェース面に乗った砂を自分の体の後ろ(背中側)に運ぶ様にテークバックを取りましょう。

サンドウェッジのフェース面にのった砂を自分の体の後ろ側へ運ぶ様にテークバックを取ることで、フェース面が上を向きバンスが突き出ます。バンスが自然と突き出るのでダフった時にバンスが働きヘッドが埋まらない様になります。
反対にフェースに乗った砂が体の前や横で落ちたりする様では、バンカーショット時にバンスよりもエッジが先行するのでクラブのヘッドが砂に埋まってしまいます。

長いフォロースルーを作る練習

バンカーショットで最後に重要となるのが、フォロースルーを長くとって打ち切ることです。バンカーショットではボールを直接打たず、ボールの手前をダフる形となるため、ダフった瞬間にスイングをやめてしまうとボールに力が伝わりません。ボールをしっかりと飛ばすためにはクラブをダフらせた後も打ち切ることが重要となります。

フォロースルーは形を身に付けるため、バンカー内ではなく通常の練習場で行いましょう。

練習マットの上で左足重心でアプローチ

まずはフォームを正しく身に付けるため通常の練習場でアプローチの練習を行います。

  1. ボールを置いてアドレスを取る
  2. アドレスの際に左:右=8:2程度の割合で左足重心
  3. テークバック、インパクト、フォロースルーの時も常に左足重心を維持
  4. 1〜3を繰り返す

左足重心でアプローチ練習をするとかなりの確率でボールをうまく捉えることができます。それは左足重心のフォームだと自然と低く長いフォロースルーが作られるからです。長いフォロースルーが作られるため、ダフることができなくなります。これはわざとダフって打つバンカーショットの際にもダフリすぎの防止にも効果があります。

まとめ

  • ダフる位置の確認
  • バンスを活かすテークバック
  • 打ち切るためのフォロースルー

これらの練習でバンカーショットのインパクト、テークバック、フォロースルーを身に付けることができます。この3つの練習はかなり即効性のある練習です。3つの練習方法を数回試した後、実際にバンカー内にボールを入れてバンカーショットを打ってみてください。バンカーショットがすごく簡単に感じられるはずです。

 

  1. ゴルフ上達

    【ゴルフボールの位置】クラブ別に徹底解説!
  2. ゴルフの知識

    ゴルフ場の求人事情・深刻な人で不足
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフを始めよう!】費用を節約する方法
  4. ゴルフ上達

    【1人ラウンド体験】ゴルフの魅力を独り占め
  5. ゴルフ上達

    【バンカーショットの練習方法】超簡単1発脱出!
PAGE TOP