ゴルフ上達

【パンチショットの打ち方】低い弾道でラインだし

パンチショットというショットをご存知でしょうか? 低い打球で目標方向に打ち出すライン出しショットのことです。強い向かい風や、林からの脱出時に使うショットです。パンチショットの打ち方を身につけ、ゴルフコースを攻略しましょう。

パンチショットはライン出し

よく聞くパンチショットとは一体どんなショットなのでしょうか?

パンチショットとは低いライナー性の打球で方向性を合わせる、ライン出しショットの1つです。同じ様なショットにスティンガーショットというものもありますが、ほとんど同じです。(厳密には違う様ですが・・・。)

パー3のショートホールで強烈な向かい風(アゲインスト)の場合、高く上がった弾道の球を打つと向かい風の影響を受け、飛距離の大幅なロスが考えられます。また、横方向からの風を受けた場合も打球が流され狙った場所と全然違う場所に落下してしまう場合もあります。その様な時に風の影響を最小限に抑えるため低いライナー性の打球を打ちます。ライナー性の打球なら飛んでいる間に受ける風の影響が少なく、風の影響を受けて飛距離が落幅、方向性のぶれ幅を小さく抑えることができます。これがパンチショットです。

ただし、パンチショットは正しい打ち方を身につけないと、低くライナー性の打球を打つことができません。また低いライナー性の打球が打てたとしても方向性が安定しません。以下で紹介するパンチショットの基本の打ち方を身につけてください。

ボールは右足寄りに置きハンドファーストに構える

まずは、クラブを構えた時のボールの位置です。ゴルフボールは普段はスタンスの中心に置いていると思いますが、パンチショットを打つ時は、ゴルフボールをいつも置いている位置(スタンスの中心)と、右足の中間地点にボールを置きましょう。そして、グリップエンドの延長線が左足の股関節を指す様にハンドファーストの状態で構えます。

ゴルフボールを右足寄りに置くことでスイングの最下点に到達する前にダウンブロー軌道でボールを打つことができます。ただし、ゴルフボールを過度に右足寄りに置きすぎると、トップやチョロになってしまう危険性があるので、クラブを構えた時のゴルフボールの位置はいつも置いている位置(スタンスの中心)と、右足の中間地点と覚えときましょう。

番手を上げて短く持つ

パンチショットはライナー性の打球を打つため、フルショットの場合と比べると必然的に飛距離が落ちます。そのためいつも番手から1番手上げたクラブを選択しましょう。1番手上げたクラブの方がロフトが立っている分低い打球も打ちやすく、飛距離に余裕があるので力まず打つことができます。

また、パンチショットはライナー性の打球なだけにボールが落下してからもよく転がるので、方向性を謝ると大ミスに繋がります。パンチショットは通常のアイアンショットよりも繊細なコンタクトが求められるのでクラブを少し短めに持ちましょう。

トップはコンパクトに肩まで

通常のスイングではトップは大きく深くとった方が捕まったいい打球を打つことができます。ただしパンチショットの場合は重要なのは”方向性”です。方向性を出し飛距離ロスさせないことが目的なので、大きなトップは必要ありません。そのためトップはコンパクトに肩まで上げ、フェースターンを少なくし方向性を高めましょう。

フォローはフェースを返さず低く出す

パンチショットで重要なのがフォロースルーです。このフォロースルーを丁寧に身につけていかないとインパクトの瞬間にブレが生じ方向性や弾道に狂いが出ます。パンチショットのフォロースルーのポイントは2点!

  • 腰より高く上げない
  • フェースを返さない

パンチショットの際は、アドレスの時からフォロースルーまでフェースの角度を変えず、常にハンドファーストの状態でスイングする必要があります。フルショットの時の様にフォローを肩の上までとる様にするとクラブを振り上げる際にフェースが寝てしまう可能性があるため、フォロースルーは低く押さえましょう。

またパンチショットはライン出しが1番の目的なだけにフェースローテーションはできるだけしない様にします。通常のゴルフスイングではインパクト後にフェースが返るのが自然なスイングですが、パンチショットの場合はフェース面を目標方向に向けたままフェースを返さない様にフォローを取りましょう。

スイング軌道はアウトサイド・イン

最後はスイング軌道です。こちらは極端にやる必要はありませんが、パンチショットの基本となるスイング軌道はアウトサイド・インです。トップは少し体から離し、肩の高さまで上げます。そのままダウンスイングに入り、フォローではグリップエンドを左腰に近づけ腰の高さまでフォロースルーを取りましょう。

スイング軌道がインサイド・インの場合は、フェースローテーションすることになり方向性がブレます。スイング軌道がインサイド・アウトの場合はボールを押し出した様な形になるのでライナー性の打球を打つことができません。

パンチショットでは、アウトサイド・インのスイング軌道がゴルフボールをダウンブローで打つことができ、方向性も安定する最良のスイング軌道です。

パンチショットは練習場で反復練習を!

パンチショットを習得するには練習場で複数回練習し身についたら実際のコースで試してみましょう。

パンチショットを実際のラウンドでいきなり試すのはスコアを崩す危険があります。見た目は簡単に見えるパンチショットですが実際はかなり難易度の高いショットです。ラウンド中にスコアを重視する場合はできるだけ使用を避けたいショットなので、アゲインストの風が強い場合でも通常の打ち方で対応できないかを第一に考えましょう。

  1. 未分類

    【ゴルフの一人予約】女性無料の実態とは?
  2. ゴルフ場紹介

    【温泉付き】栃木県で泊まれるゴルフ場
  3. ゴルフ上達

    【1人ラウンドができる関東のゴルフ場】ゴルフ場を独り占め!?
  4. ゴルフ場紹介

    【世界一長いホール】皐月ゴルフ倶楽部佐野コース(栃木県)
  5. ゴルフ場紹介

    【セグウェイに乗れるゴルフ場】茨城県を中心に、栃木県や静岡県にも!?
PAGE TOP