ゴルフ上達

【ゴルフの練習】自宅でできるアプローチの練習方法

ゴルフ場や練習場でアプローチの練習ができたら最高ですが、毎日練習場へはなかなかいけないですよね。今回は自宅でもできるアプローチの練習方法をご紹介します。アプローチ=ボールコントロールと考え、自宅でアプローチの腕を磨きましょう!

自宅と練習場の違いは“飛ばせない、上げられない”

自宅で練習する場合と、ゴルフ場や練習場でアプローチを練習する際の一番の違いは、ボールを遠くに飛ばしたり、高く上にあげるようなロブショットの練習ができないということです。自宅でできるアプローチの練習としては、ゴルフボールを飛ばさず、上げない練習が大前提となります。自宅でのアプローチ練習はアプローチショットの感覚をボール遊びの中で身に着けることと、転がす系のアプローチ(ピッチ&ラン)の腕を磨くことに専念しましょう。

また、自宅で練習する場合はどんなに実力に自信があっても思わぬところにゴルフボールが飛んでいくことがあります。細心の注意を払って近くにガラスやテレビ、花瓶などがないことを確認したうえで練習を行いましょう。

ボールコントロールを身に着けるにはボールリフティング

リフティングというとサッカーのイメージが強いですね。ウェッジのフェースを開いて地面と平行になるようにします。手でフェースの上にゴルフボールを落とし、力加減を調整しながら『コンコンコン・・・』とボールを落とさないようにリフティングができるように練習しましょう。

リフティングの練習をしてアプローチがうまくなるのか?という疑問が湧いてきそうですが、ゴルフボールでリフティングの練習をすればアプローチがうまくなります。ウェッジとゴルフボールでリフティングの練習をすることでボールをコントロールする感覚が磨かれます。ボールをコントロールする感覚は練習場でいくら打ち込んでも身につくものではありません。このような感覚は遊びのなかから身につく場合がほとんどです。サッカーや野球でも上手い選手は例外なくリフティングができます。それは遊び感覚で練習しボールコントロールを身に着けてきたからです。これはゴルフにも当てはまります。プロゴルファーはほぼ100%の人がリフティングができます。ゴルフの練習にも遊びの要素はとても重要です。

自宅でウェッジとゴルフボールをもって遊び感覚で練習してみましょう。いつもと違った変化が感じられるかもしれませんよ。

パターマットを使ってピッチ&ランの練習

パターは自宅でもよく練習しますよね。パターさえ練習しないという方はすぐにパターマットを買って自宅でも練習するようにしてください!(笑)

さて、ご自宅にあるパターマットを使ってアプローチの練習をしましょう。パターマットを使って練習できるアプローチの種類は“ピッチ&ラン”です。いわゆる転がし系のアプローチです。ゴルフ=ゴロフといわれることがあるぐらい、ゴルフのスコアメイクには転がしのアプローチが大きな武器になります。

ラインを合わせる練習

自宅でピッチ&ランの練習をするにあたって重要なチェック項目があります。それは“正しい方向に打ち出せているか”です。グリーンの外からアプローチをする場合、だいたい寄ればいいやという感覚で打っているため、細かくチェックしてみると打ち出しから方向性がずれている場合があります。一般的なパターマットにはカップまでラインが書かれているので打ち出しの方向が合っているかチェックしましょう。合っていなければ修正が必要です。ラインを合わせることができれば、チップインの可能性もUP!?

距離感を合わせる

ラインを合わせることができたら、次は実際にカップを狙ってみましょう。少しアプローチにしては近すぎる印象がありますが、実際のラウンドでも遭遇するケースです。ラフがきついなどの理由でパターが使えない場合はピッチ&ランを使うこともあります。その時に限りなく近く寄せられるように確立を高めておきましょう。

 

 

 

  1. ゴルフ上達

    【ゴルフボールの位置】クラブ別に徹底解説!
  2. ゴルフ用品紹介

    【イオンスポーツZERO FIT】雨でも滑らないゴルフグローブ(手袋)
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口減少】日本の人口問題からみるゴルフ業界の行方
  4. ゴルフ上達

    【1人ラウンド体験】ゴルフの魅力を独り占め
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口890万人!?】ゴルフ場セミナー4月号で発表
PAGE TOP