ゴルフ上達

【1人ラウンド体験】ゴルフの魅力を独り占め

ゴルフ場を独り占めできる1人ラウンド最高です。1人ラウンドができるゴルフ場は多くはありませんが、都心からでもアクセス可能ないくつかのゴルフ場では1人ラウンドが可能です。1人ラウンドの魅力、メリットを体験談を元にお伝えします。

1人ラウンドとは?

1人ラウンドと、1人予約を勘違いしている方も多いと思うので説明させていただきます。1人ラウンドとは、同伴者なして1人でラウンドすることです。通常ゴルフは2名〜4名で1組を作りラウンドします。1人ではラウンドさせてもらえないゴルフ場がほとんどなのです。ですが、一部のゴルフ場では1人で1組とみなしてもらうことができラウンドすることができます。まるでゴルフ場の研修生になった気分です。

対して1人予約とは、別々の予約を組み合わせて1組を形成する予約システムです。前述した通りゴルフは2名〜4名で1組を作らないとラウンドすることができません。自分はゴルフに行きたいけど、いつも一緒にいくゴルフ仲間と予定が合わないという時に知らない人同士で予約を組み合わせ1組となり予約として成立させるのが1人予約です。

よく1人ラウンドと1人予約を勘違いしている方がいるので違いをおさえておきましょう。そして今回魅力をお伝えするのは1人ラウンドです。

WEBから予約可能

1人ラウンドというとゴルフ場に直接電話しないといけないと思っている方も多いと思います。わざわざ電話で1人ラウンドを予約するのは億劫ですよね。なんだか友達がいないと思われそうですし・・・。そんな方でも1人ラウンドの予約がしやすいようにWEBからでも1人ラウンドを受け付けているゴルフ場もあります。

僕は今回、岩瀬桜川カントリークラブ(茨城県)の1人ラウンドプランをWEBから予約し行ってきました。

大自然を独り占め!?

チェックインからスタートまでは普段ゴルフにいく時と何も変わりません。ロッカーで着替えて自分のカートのところへ行くとカートに自分のキャディーバックしか乗っていないのでなんだか変な感じがします。

そしてスタートです。いつもであれば、同伴者に向かって『お願いします!』と言いますが、今回はいう相手がいません。少し寂しいですが、『お願いします。』と独り言のようにゴルフ場へ向かって挨拶をしておきました。

最初の1、2ホールは1人のラウンドに慣れず、早くプレーしすぎてしまいました。1人でラウンドしていると、同伴者のプレーを待つ必要がないのでどんどん打ってしまします。当然ですが、1人でどんどん進んで行くとすぐに前の組みに追いついてしまいます。

初めての1人ラウンドで高ぶっていた気持ちを落ち着け、ゆったりとプレーしてみます。そうすると同伴者がいる時にはない時間的な余裕が生まれます。どれだけゆっくりプレーしても後ろの組みは追いついてきません。ゆったり優雅にラウンドすることができ、まるでゴルフ場を独り占めしてしまっているような感覚になります。

ハーフを終えてレストランで昼食をとります。昼食時はやっぱり同伴者がいた方が楽しいですね。1人でレストランのテーブルに座って食べているとなんだか周りからの視線も気になります。ゴルフ場に確認が必要ですが、1人ラウンドの場合はスループレーでラウンドすることができないかスタート前か予約時に確認することをお勧めします。

昼食後、後半のラウンドを終えてお風呂に入り1日1人でゴルフ場を満喫させてもらいました。1人でじっくりと考えながらゴルフの練習をしたいという方にはとてもお勧めの練習方法です。通常のラウンド時に比べて少しプレー代が割高になるので、3ヶ月に1回程度1人ランドをやってみてもいいなと思いました。

1人ラウンドのメリット

次に1人ラウンドのメリットを紹介します。

  • プレーの進行に気を使わない
    前述した通り、1人でラウンドしているとどれだけゆっくりプレーしたとしても3、4名でラウンドしている組みより進行が早くなります。初心者の頃、多く打つ分進行が遅く後ろの組みを待たせてしまうことがありました。そんな時、後ろが気になってプレーに集中できなかったことを今でも覚えています。1人ラウンドでは後ろの組みを待たせるという状況は絶対に起こり得ません。1人ラウンドというとなんだか玄人向けな気がしますが、初心者こそ1人ラウンドはお勧めします。
  • 2、3球練習しながらラウンドできる
    本当はマナー違反ですので大きな声では言えません。しかし1人でラウンドしていると時間のゆとりが想像以上にあります。普通にプレーしているだけで前の組みとの距離を詰めてしまうので各ホール待ち時間が発生してしまいます。そんな時は1人ラウンドの特権を生かして、2、3球練習しながらラウンドしてみましょう。うまくいかなかったショットの反復練習、バンカーショット、グリーン周りのアプローチなど実際のシチュエーションで繰り返し練習できる機会は1人ラウンド以外なかなかないですね。
    ※繰り返しになりますが、本当はマナー違反です。練習はできるだけ他の人から見えないホールでやりましょう。そして注意された時にはすぐに練習をやめましょう。
  • 自分の予定が空いていればラウンド可能
    ゴルフの予約をするとき以外に面倒なのが、ゴルフ仲間と予定を合わせなければいけないということですね。特に平日休みの方や、お休みが不定期なサービス業にお勤めの方はなかなか友人とお休みが合わなかったりします。
    そんな問題を解決したのが1人予約です。しかし、1人予約は知らない人と組み合わせされることになります。わざわざ休みの日に知らない人と一緒にゴルフをして気を使いたくないという人も多いはずです。
    そんな時にお勧めなのが“1人ラウンド”です。1人ラウンドであれば、自分の予定さえ空いていればラウンドしにゴルフ場へ行くことができ、自分だけでラウンドできるので他人に気を使う必要もありません。

 

まとめ

以前は1人ラウンドなんて楽しいのか? 寂しくないか?
と思っていましたが、実際にやってみると楽しくて仕方ありません。ゆっくりと時間をかけて自分のプレーを考えながら実際のゴルフ場でラウンドできる機会はそうそうないので、練習好きのゴルファーにはもってこいの練習です。もともとゴルフは練習場でも黙々と1人で球を打っている人が多いですよね? それを考えるとはじめは1人ラウンドに抵抗があるかもしれませんが、1人ラウンドをやってみるとハマる人が多いのかもしれません。

 

 

  1. ゴルフ上達

    失敗しないロブショットの打ち方!ロブショットには2種類ある⁉︎
  2. おもしろ雑学

    手や足の潰れたマメを早く治す方法【キズパワーパッドのすすめ】
  3. ゴルフ場紹介

    【避暑地ゴルフ】栃木県那須地区のおすすめゴルフ場
  4. ゴルフの知識

    【プロゴルファーの腕時計】ラウンド中にはめても壊れない?
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフ予約を格安に】知らなきゃ損な予約方法!
PAGE TOP