ゴルフの知識

【一人でゴルフ場に行こう!】一人予約と一人ラウンドの違い

ゴルフのネット予約が発達したおかげで、今では誰でも好きな時に一人でゴルフ場に行ってラウンドができるようになりました。一人でゴルフ場に行ってラウンドする方法に、“一人予約”と“一人ラウンド”があります。名前は似ていますが全く異なる別物です。

他人同士で1組を形成する“一人予約”

ゴルフは1組当たり2名~4名でラウンドするのが一般的です。各ゴルフ場にはスタート枠というものがあり(例:OUT7:00スタート)、そのスタート時間なると組ごとにスタートさせます。仕事の休みが不定休な方や、休みが急に決まる方はなかなか前もって予定を立てるのが難しいですよね。急にゴルフに行きたくなった場合はなかなかゴルフ仲間と予定を合わせるのが難しいためサービスとして発展したのが“一人予約”です。

一人予約は知らない方と同伴者になって1組を形成します。通常の予約であれば予約代表者が同伴者の分も合わせて予約を取りますが、ゴルフ場のOUT7:00というスタート枠に対し、一人一人が予約を行い知らない人同士を組み合わせてラウンドするという形です。

【通常の予約の場合】
OUT 7:00スタート
予約代表者Aさん・・・同伴者Bさん~Dさん

OUT 7:07スタート
予約代表者Eさん・・・同伴者Fさん~Hさん

【一人予約の場合】
OUT 7:00 1人目・・・予約代表者A
OUT 7:00 2人目・・・予約代表者B
OUT 7:00 3人目・・・予約代表者C
OUT 7:00 4人目・・・予約代表者D

完全プライベートの“一人ラウンド”

名前が似ているので“一人予約”と“一人ラウンド”をよく間違えているゴルファーがいますが全くの別物です。一人予約はあくまで組み合わせです。予約者が別々に存在するだけで、知らない人同士(2名~4名)を組み合わせて1組を形成します。それに対し“一人ラウンド”は完全にプライベートな空間です。

一人ラウンドはゴルフ場のスタート枠(例:OUT7:00)を独り占めする状態です。同伴者はおらず完全に一人でラウンドできるのでゴルフ場の大自然を独り占めすることができます。また一人予約とは違い初対面のゴルファーと組み合わせをされる心配がありません。休日にわざわざ気を使ってラウンドしたくないという方には一人ラウンドがおすすめです。ただし組み合わせでなく一人でラウンド分、ゴルフ場から1バック割り増しを請求される場合が一般的です。通常のラウンド価格より割高になりますがご了承ください。

【一人ラウンドの場合】
OUT 7:00スタート・・・予約代表者Aさん
OUT 7:07スタート・・・予約代表者Bさん
OUT 7:14スタート・・・予約代表者Cさん
OUT 7:21スタート・・・予約代表者Dさん
※一人ラウンドがこんなにも連続することはごく稀です。

ゴルフ場業界が不景気になったことで生まれたサービス

一人予約や一人ラウンドはかつては、ゴルフ場の正会員(メンバー)の人しか利用することができませんでした。一人ラウンドに至ってはメンバーであっても未だに利用することができないゴルフ場もあります。

本来一人予約とはゴルフ場のメンバーの為に用意されたものです。ゴルフ仲間と予定を合わせなくてもゴルフ場に電話一本すれば2バックや3バックの組みに混ざってラウンドすることができるというのがゴルフ場のメンバーの特権でもありました。またメンバー同士を組み合わせてラウンドさせることはメンバーライフの充実にもつながるため一人予約はゴルフ場のメンバーだけの特権とされてきました。

しかし、バブル崩壊後ゴルフ場全体が不景気となり、かつては利用回数の多かったメンバーも稼働率が低下しゴルフ場の来場数が伸び悩む形となりました。そこでゴルフ場がなんとか来場者を増やそうと考え着いたのが一人予約をビジターでも利用できるようにすることです。本当はゴルフに行きたいのにゴルフ仲間と予定が調整できなかったためにゴルフに行くことができなかいゴルファーはたくさんいました。そこでビジターでも一人予約を利用することができるようにし、世の中に大きく広まったのが一人予約というサービスです。このサービスはゴルフ場が不景気にならなかったら生まれていなかったサービスでもあります。会員権を持っていないゴルファーにとってはなんともラッキーなできごとなのでぜひ利用してみたいですね。

一人ラウンドも同じ理由です。ゴルフ場の景気が良かったころは2バック、3バック出さえ予約を受け付けない場合がありました。1バックでラウンドするなんてバブル期では考えられませんでした。ゴルフ場の景気が悪化し少しでも売り上げの足しや、顧客満足度に繋がればという思いまら一人ラウンドができるゴルフ場が年々増えています。

一人予約と一人ラウンドが流行った理由

ゴルフ場の不景気によってビジターにも解禁されたサービスが一人予約ですが、なぜここまで流行ったのでしょうか?

一言に時代背景にマッチしたからでしょう。
・不定休な働き方の人が多い
・友達と予定を合わせるのがめんどくさい
一人予約が流行った理由としては少しネガティブな理由が多いですね。他人と予定を合わせて前もって予約するというのを面倒に感じ、ゴルフに行きたくなった時に行くという感覚になりつつあります。ネットを通してなんでもすぐに手に入る時代になったことがゴルフ場でラウンドするという点にも大きく影響を与えているようです。

反対に『ゴルフ仲間を増やしたい』というポジティブな理由もあります。かつてはネットを通して顔が見えない知らない人に会うことに抵抗を感じる人がいました。出会いアプリの普及などネットを介して人に会うということへの抵抗が薄れ一人予約を通してゴルフ仲間を増やしたいというポジティブなニーズを持っているゴルファーも増えています。

  1. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口減少】ゴルフをやらない理由って!?
  2. ゴルフの知識

    【ツアーイシュー】一般的なダイナミックゴールドS200との違いは?
  3. ゴルフの知識

    ゴルフ場の求人事情・深刻な人で不足
  4. ゴルフの知識

    【服装マナー】ゴルフに行くときは服装に注意するべき!?
  5. ゴルフの知識

    ゴルフコンペの幹事を任された! 何を準備すればいい?
PAGE TOP