ゴルフ上達

【ゴルフボールの位置】傾斜地からでもナイスショット!

ゴルフボールの位置を工夫すればどんな傾斜地からでもナイスショットが生まれます。傾斜地からのショットに苦手意識がある方。いつも同じ位置にゴルフボールを置いていませんか? ゴルフボールの位置を変えるだけで劇的にショットが変わります。

傾斜を4つに分類

ゴルフ場にラウンドに出た際に直面する傾斜を大きく4つに大別します。

  • 左足上がり
  • 左足下がり
  • つま先下がり
  • つま先上がり

これら4つの傾斜地からナイスショットするための、ゴルフボールの位置をご紹介します。しかし、ゴルフボールの位置は選ぶクラブによっても微妙に変わってくるので、全て8番アイアンを選択したと仮定し解説していきます。今までボールを全て体の中心に置いていた方は、ゴルフボールの位置を習得すれば傾斜力からのショットでも難なくグリーンを狙っていけるようになります。

左足上がりはいつも通りの位置でOK

傾斜地の中で1番簡単な傾斜はおそらく左足上がりでしょう。左足上がりのライに対して苦手意識を持っている方はほとんどいないと思います。左足上がりのライに苦手意識を持っている人が少ない理由は、“いつもと同じゴルフボールの位置で打てる”からです。いつも通りゴルフボールをスタンスの中心におけばナイスショットができます。

注意点を強いて挙げるとすると、左足上がりの傾斜から打つ場合はボールが高く上がりすぎる場合があるので、番手を1つあげてもいいかもしれませんね。

ダフリやすい左足下りは中心よりも右足よりにゴルフボールを置く

苦手な人が特に多い左足下りの傾斜。なぜかというと左足下りの傾斜の場合、ゴルフボールのある位置よりも、ゴルフボールの右側の地面の方が高くなっているので必然的にダフリやすくなります。ダフらないようにクラブを上から入れようとするとフェースが被ってしまいチーピンのような球が出ます。

左足下りの解決策は、ゴルフボールをいつもよりも右足よりに置いて“ダフる前に打つ”ことです。スタンスの中心にボールを置くとよほどダウンブローの軌道で打たない限りダフリます。アッパブロー(すくい打ち)の軌道が多いアマチュアの場合はボールを右足寄りに置くことでクラブが最下点にくる前にボールを打つことができダフるのを防ぐことができます。

つま先下りはゴルフボールを体から遠ざける

つま先下りの傾斜は、苦手意識はないが実際に打ってみるとあまり上手くいかないというのが特徴です。なぜならクラブの芯を外しやすいからです。つま先下りの傾斜地に立っている時は転ばないように体の後ろ側に体重をかけますよね? アドレスをとるときも同じる体の後ろ側に体重をかけ踵側に大きな比重がかかっています。ですがスイング動作に入り実際にボールをうちに行く時はつま先側に重心が移行し、前傾姿勢になります。アドレスをとった時の態勢よりもスイング中はつま先側に体重がかかることで、クラブの軌道が想定よりも外側を通ります。そうするとクラブの芯を外し、飛距離が出ない。最悪の場合はシャンクが出てしまいます。

そうならないために、つま先下りの傾斜地ではゴルフボールの位置を普段よりも体から遠ざけた状態でアドレスをとりましょう。

つま先上がりはゴルフボールの位置よりもスイング軌道が重要

つま先上がりも苦手意識のある人が多い傾斜地に分類されます。それは左足下りの傾斜地と同じくダフる人が多いからです。また、つま先上がりの傾斜地からゴルフボールを打つ場合、打球がフックボールになりやすいので方向性にも注意が必要です。

さてこの記事はゴルフボールの位置に関して解説していますが、つま先上がりの傾斜地を攻略する場合にゴルフボールの位置はあまり関係ありません。いつもと同じようにスタンスの中心に置いていただければ大丈夫です。

ただそのままではダフる危険があるのでスイング軌道を工夫する必要があります。つま先上がりの傾斜地からゴルフボールを打つ場合は、アウトサイド・インの軌道で振りましょう。つま先上がりの傾斜力インサイド・イン、インサイト・アウトのスイング軌道でゴルフボールを打とうとすると、アイアンのヘッドのトゥ側(先側)が地面に引っかかることによってダフリます。アウトサイド・インの軌道でクラウを振れば、ヘッドのヒール側(根元側)が先行するのでダフる心配もなくアイアンの抜けもよくなります。

またつま先上がりの傾斜力のショットはフック回転がかかりやすいので、目標方向よりもやや右を向いて打って行くことも必要です。

まとめ

ゴルフボールの位置を変えるだけで傾斜地からのショットに対する苦手意識はほとんど払拭することができるはずです。
また実際のコースに出ると単純な左足上がりだけではなく、左足上がりでつま先下がりという様な複合的な状態も遭遇するはずです。そんな時のゴルフボールの位置は以下のかけ算を参考にしてみてください。

  • 左足下がり×つま先下がり=スタンスの中心×体から遠ざける
  • 左足下がり×つま先上がり=スタンスの中心×アウトサイド・イン軌道
  • 左足下がり×つま先下がり=右足より×体から遠ざける
  • 左足下がり×つま先上がり=右足より×アウトサイド・イン軌道

今回ご紹介させていただいたゴルフボールの位置を工夫して、これまで苦手意識のあった傾斜地を克服してみてください。ゴルフボールの位置を変えるだけでナイスショットの確率が格段に上がるはずです。

  1. ゴルフの知識

    【東京オリンピック会場】霞ヶ関カンツリー倶楽部の会員になるには?
  2. ゴルフの知識

    【電車でゴルフ】ゴルフに行くのに車は不要!?
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフメンバーズ活用術】一人予約でゴルフへ行こう
  4. おもしろ雑学

    【理系大学生】大学院に進学するメリットは? 就活で有利になる?
  5. ゴルフ場紹介

    【都心からでも90分】栃木県南部の超格安ゴルフ場3コース
PAGE TOP