ゴルフの知識

ゴルフを始める! デビューまでにかかる費用は?

ゴルフを始めてみたい! ゴルフを始めるに当たって費用面が不安な方は意外と多いかもしれません。ラウンドデビューまでに一体いくら費用がかかるのでしょうか? 道具を揃えてから、練習に行き、ゴルフ場でラウンドデビューするまでにかかる費用を紹介します。

ゴルフ道具一式揃えるための費用

ゴルフを始めるとなると以下に紹介する様な道具を一式揃えるひつようがあります。
◆ゴルフウェア
ゴルフウェア上下、ベルト、キャップまたはサンバイザー、ゴルフシューズ

◆ゴルフクラブ
パター、アイアン、ドライバー

◆その他道具
キャディーバック、ボール、ティー、グローブ

これらのゴルフ用品を全て自分で一式買い揃えようとすると安くても55,000程の費用がかかります。(できるだけ安く揃えた場合なので、高い物を買えば簡単に10万円を超えてしまいます。)

55,000円よりもさらに費用を安く抑えたいという方は、全てを自腹で揃えることはあきらめ以下の方法を考えましょう。
・上司や知人から要らなくなったゴルフクラブを譲ってもらう
・レンタルクラブサービスを活用する
・新品のボールではなく、安いロストボールを購入する
上記の方法でゴルフ用品を揃えることができれば、ゴルフ用品にかかる自己負担を20,000程度に抑えることができます。

【関連記事】
【ゴルフを始めるための費用】最低限必要な費用は一体いくら?
【ゴルフを始めよう!】費用を節約する方法

 

練習場で練習するための費用

ゴルフ道具を充備するのと平行して必要となるのが、練習場(通称;打ちっ放し)での練習です。いきなりゴルフ場にいってラウンドするのは少々難しい気がするのでラウンド前の1ヶ月間は定期的に練習場へ通って練習することをお勧めします。

練習場に1ヶ月間(4週間)、週2回のペースで通った場合の費用はどれぐらいになるでしょうか?
練習場にかかる費用は地域の相場によって大きく変動するので、川崎市最安値のみゆきゴルフセンターを参考に算出します。おそらくこの算出料金が下限料金になるので、最低限これぐらいの料金がかかると言う目安にしていただければと思います。

【1回の練習にかかる練習場費用】
入場料:300円/1回
貸し玉:150球/1,500円
合計:1800円
球数を減らせば費用は安く抑えられますが、ゴルフを始めたての頃はゴルフスイングをする体力をつけるためにもある程度球数を打つことをお勧めします。

【ラウンドデビューまでにかかる練習場費用】
練習場に一回行くとかかる費用=1,800円
1ヶ月に行く回数=週2回×4週間=8回
合計:1800円×8回=14,400円

ラウンドデビューまでに最低でも14,400円の練習費用がかかります。最低でも14,400円なので一般的な相場としては2万円程度になると思います。また、今回はラウンド前に8回練習場へ行く想定ですが、1、2回で済ませる場合は数千円あれば対丈夫です。

【関連記事】
川崎市最安値(?)の練習場 みゆきゴルフセンターをご紹介!

自宅とゴルフ場を往復するための費用

ゴルフ道具を揃えて、練習もバッチリ!
さぁ、ゴルフ場へ向かいましょう。
ここでまたもや費用発生!ゴルフ場に行くにも交通費がかかります。
ましてや車を持っていなければ、車を買うところから・・・。
と言うのは流石に費用がかかりすぎるので、費用を抑えた形でゴルフ場へ向かうには3つの方法があります。
・車を持っているゴルフ仲間に乗せてもらう
・電車とクラブバスを利用してゴルフ場へ行く
・ゴルフ仲間とレンタカーやカーシェアリングを使う

車を持っているゴルフ仲間に乗せてもらう

この方法が1番費用的に安く抑えることができます。ゴルフに行くことが決定したら、ゴルフ場に行く手段がないことをゴルフ仲間に伝えてみましょう。誰かが自宅近くで拾ってくれるはずです。
同乗して行く人たちで高速代、ガソリン代を割れば、1人で車で行くよりも随分安く抑えることができます。ただし車に乗せてもらう時の気遣いは忘れずに! 運転してもらっているので自分だけ居眠りしたり、『お願いします。』『ありがとうございました。』の挨拶を忘れることがない様に気をつけましょう。

電車とクラブバスを利用してゴルフ場へ行く

意外と知られていない方法ですが、車を持っていなくても電車を使ってゴルフ場へ行くこともできます。ゴルフ場の最寄り駅まで電車で行き、駅からゴルフ場まではゴルフ場のクラブバスで向かいます。

3つの方法の中では費用的に1番高くなってしまうかもしれません。しかし、この方法を使えば往復の電車賃とキャディーバックの宅配費用がかかりますが、長距離運転の疲労もなく渋滞に巻き込まれる心配もないのでおすすめです。さらに、行き帰りの電車の中でお酒を飲むこともできるのでゴルファーにはたまらない1日になりますね。※ゴルフ場のクラブバスは一般的に予約制なのでラウンドの予約をした段階でゴルフ場に直接確認することをお勧めします。

ただし、全てのゴルフ場がクラブバスを持っている訳ではありません。電車を利用してゴルフ場へ行きたい場合は事前に目的のゴルフ場がクラブバスを持っているか確認しておきましょう。また、ゴルフ場がクラブバスを持っていなかったとしても駅から近ければタクシーを利用してゴルフ場まで行くこともできます。

ゴルフ仲間とレンタカーやカーシェアリングを使う

ゴルフ仲間と乗り合わせでレンタカーやカーシェアリングを使えば費用的にも安く抑えることができます。一緒にゴルフに行く人の自宅が近ければレンタカーを活用してゴルフ場まで行くのもおすすめです!
だたし、高速道路を使ってゴルフ場へ行く場合は渋滞に巻き込まれる可能性があります。そうするとレンタカーの場合は延長料金が発生する場合もあるので利用する場合には気をつけたいですね。

ゴルフ場でラウンドするための費用

さて、ゴルフ場へ着きました。ゴルフ場で実際にラウンドすると、どれぐらい費用がかかるのでしょうか?

ゴルフ場でかかる費用の項目は以下になります。これらについて詳しくみて行きましょう。
・プレー料金、利用税
・昼食代
・その他費用

プレー料金、利用税

まずはゴルフ場でラウンドするに当たってプレー代金がかかります。
相場は平日で5,000円〜10,000円。土日祝で10,000円〜20,000円。あくまで相場ですので、ゴルフ場のあるエリアやグレードによって大きく変動します。

また、ゴルフ場でラウンドする場合プレー代に加えてゴルフ場利用税がかかります。基本的に利用税はプレー代と一緒に請求されるので追加で徴収されている意識がないかもしれませんが、400円〜1,200円程度徴収されています。この利用税もゴルフ場によって変動します。

【関連記事】
ゴルフ場利用税って何のためにあるの?

昼食代

ゴルフ場に行くと前半9ホールと後半9ホールの間に昼食休憩が入るのが一般的です。
※競技やスループレープランで予約している場合は昼食休憩がない場合もあります。

ゴルフ場のレストランメニューの金額の相場は1,200円〜2.000円が相場です。ただ、予約したプランが昼食付きプランの場合は昼食の基本料金まではプレー料金に含まれているというシステムになっています。昼食の基本料金の設定は各ゴルフ場によって異なりますが、昼食の基本料金が1,200円のゴルフ場で昼食付きプランで予約した場合に1,500円のメニューを注文した場合は、差額の300円を支払うという形になります。

その他費用

そのほかにもゴルフ場に行くとかかる費用があります。
・ショップで物を購入した場合の費用
・キャディー付きでラウンドした場合は、キャディーフィ
・ゴルフ場のお風呂が温泉だった場合は入湯税

などなどゴルフ場に行くと細々とした費用がかさんでいきます。

まとめ

上記をまとめるとラウンドデビューまでに一体いくらぐらいの費用がかかったのでしょうか?
ざっと計算したところ、
ゴルフ用品購入費:約55,000円
練習場代:約15,000円
交通費:約3,000円
ラウンド代:約15,000円(土日祝試算)

合計:約88,000円
いかがでしょうか? 高いと感じましたか? 以外に安いと感じましたか?
どう感じるかは人それぞれですが、この試算は道具を全て自分で買い揃え、ラウンド前に1ヶ月間みっちり練習した試算です。知り合いからゴルフクラブを譲ってもらえたり、練習回数を減らせばさらに費用を抑えてゴルフを始めることが可能です!

【関連記事】
【ゴルフ離れ】若者がゴルフをやらない理由

  1. ゴルフの知識

    ゴルフ場の求人事情・深刻な人で不足
  2. ゴルフの知識

    【服装マナー】ゴルフに行くときは服装に注意するべき!?
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフ場利用廃止】今後の展望はいかに?
  4. ゴルフの知識

    【ネット集客の基礎】ゴルフ場の集客人数を増加させるポイント2つ!
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口減少】ゴルフをやらない理由って!?
PAGE TOP