ゴルフの知識

【ゴルフを始めよう!】費用を節約する方法

ゴルフを始めたい!でも費用はできるだけ安く抑えたい。ゴルフを始める時は費用がかかるというイメージがゴルフを始めてみたいと思っている人の障壁となっています。これからゴルフを始めようとしている人のために費用を安く抑える方法を紹介します。

 

目次

ゴルフを始めるための費用は5万5千円

ゴルフクラブを譲ってくれる人がいないか?

レンタルクラブサービスを活用する

クラブセットは5本で十分

ボールはロストボールを購入

 

ゴルフを始めるための費用は5万5千円

ゴルフを始めると出費がかさむ!費用がかかる!
そんなイメージお持ちですよね?

では実際にゴルフ用品を一式揃えようとした場合、どのぐらいの予算が必要になるのでしょうか。ズバリ5万5千円程度の予算が必要になります。これはゴルフクラブ、ゴルフシューズ、ゴルフウェア一式を全て最低価格で買い揃えた場合の金額です。

高くていいものを買い揃えようと思えば簡単に10万円を超すこともできます(笑)。

費用を5万5千円以下に抑えたい場合は、ゴルフ用品を全て自分で買い揃えることは諦めましょう!
ゴルフ用品を全て買い揃えなくてもゴルフを始められる方法はたくさんあります。

【関連記事】
【ゴルフを始めるための費用】最低限必要な費用は一体いくら?

ゴルフクラブを譲ってくれる人がいないか?

ゴルフ用品を買い揃えるに当たって、金額的に1番大きな割合を占めているのがゴルフクラブです。ゴルフを始める費用を節約するには、ゴルフクラブの購入費用を削減することができないか考えてみましょう。

1番手っ取り早い方法としては、『誰かにゴルフクラブをもらう。』
会社の先輩、親、親戚…etc

周りを見渡せばゴルフ好きな人がいるはずです。長くゴルフをやっている人であればクラブセットを2、3個持っていて、家の倉庫にしまいっぱなしなんて人も結構います。

または自分をゴルフに誘ってくれた人に聞いてみましょう。

自分の周りの人がゴルフクラブを譲ってくれたら超ラッキーです。クラブセット購入費3万円を丸々節約することができます。

レンタルクラブサービスを活用する

近年ゴルファーからのニーズが高まりつつあるレンタルクラブサービスです。

ゴルフはやってみたいけど、ゴルフを続けるかどうかは実際にラウンドしてみてから判断したい。ゴルフを長く継続するかわからないのに、数万円の費用を出費するのは怖い。ごもっともな意見です。

スノーボードやスキーはウェアやスキー板、スノーボードのレンタルが充実していますよね。スキーやスノーボードと比べるとゴルフのレンタルクラブは充実していませんでした。

しかし最近になって若い人を中心に、上記のような実際にラウンドしてからゴルフを続けるか続けないか決めたい。ゴルフを長く続けると決めてからゴルフクラブを買い揃えたいというニーズが高まってきました。(僕のように始めに道具を揃えて形から入る人間とは全く正反対の考えです(笑)。)

数年前までは、ゴルフのレンタルクラブというとダサくて、ボロくて、値段が高いという最悪の三拍子がそろっていました。しかし近年レンタルクラブに特化したサービスが様々な会社からで提供されています。

【DMM.com ゴルフレンタル】
ゴルフクラブだけでなく、ゴルフウェアやゴルフシューズもレンタルしています。予めネットで予約しておくことで、ゴルフ場へ発送、ゴルフ場から返送を行ってくれます。レンタルクラブの種類も豊富にあり、レンタル費用の中に往復の送料も含まれています。

【GDO 最新モデルのレンタルクラブ】
提携しているゴルフ場で、最新クラブがレンタルできるサービスです。レンタルクラブというと古い、ダサいというイメージが先行しますが、最新モデルがレンタルクラブで使用できるなんて贅沢ですね。レンタルクラブというと初心者の方向けと思われがちですが、最新クラブの購入を考えている玄人ゴルファーにもオススメのサービスです!

さらに、レンタルクラブを利用すればクラブセットの購入費約3万円が節約できるだけでなく、手ぶらでゴルフに行くことができます。ゴルフバックを持って行く必要がなければ、レンタカーwpゴルフ仲間と乗り合わせたり、電車でゴルフ場に行ったりするなど、ゴルフ場までの交通費を安く抑えることもできます。

 

クラブセットは5本で十分

レンタルクラブなどのサービスを活用すれば、ゴルフを始める時の費用を安く抑えることができますが、どうしても自分のクラブを買い揃えたいという方もいるでしょう。自分だけのクラブを持ちたいけど、費用は安く抑えたい。そんな人の場合はクラブセットの本数を減らしましょう。ゴルフを始めたての初心者の場合は、バター、サンドウェッジ、ピッチングウェッジ、7番アイアン、ドライバーの5本あれば十分ラウンドできます。

ゴルフを始めたての初心者の場合、ピンまでの距離によって複数の番手を打ち分けるということは不可能です。たくさんの番手を用意して微妙な距離を打ち分けるということよりも、5本のクラブをしっかり打てるようになるまで練習しましょう。

また、クラブの本数が少ないことが思わぬところで好影響を生み出します。クラブの本数が少ないことで番手を選ぶ際の迷いが無くなります。そうするとプレーファーストにも繋がります。これからゴルフを始める人にとっては、費用を安く抑えられることに加え自然とプレーファーストに繋がるので、クラブセットの本数を減らすということは一石二鳥の方法です。

ボールはロストボールを購入

ゴルフを始めたばかりの頃は、ボールがどの方向へ飛んで行くのか検討がつかないためボールをたくさん無くします。新品で購入すると安いボールで1ダース(12個)で2000円程度が相場です。しかし、僕もそうでしたが、初めてラウンドに行った時、1ダースがあっという間になくなるペースでボールを無くしていきます。林の中や森の中へ打ち込んでしまい、探しようがありません。1ダースがあっという間になくなってしまうとその度に痛い出費がかさみます。

正直ゴルフを始めたての頃はボールは何でも構いませんので、安いロストボールを大量に購入しましょう。2000円で3ダースなど、かなりお安く購入することができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、ゴルフを始める費用をできるだけ安く抑える方法を知りたいというご要望にお答えし、ゴルフを始める費用を節約する方法を紹介させていただきました。
レンタルクラブは、ロストボールを活用すれば、ゴルフ用品の購入費用をかなり節約することができるのでぜひ皆さんも活用してみてください。

  1. ゴルフ上達

    【ゴルフの練習】自宅でできるアプローチの練習方法
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ場利用廃止】今後の展望はいかに?
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフ離れ】若者がゴルフをやらない理由
  4. ゴルフ場紹介

    【温泉付き】栃木県で泊まれるゴルフ場
  5. ゴルフの知識

    ゴルフ場の求人事情・深刻な人で不足
PAGE TOP