ゴルフ上達

【スライス撲滅】捕まったドローボールが打てるようになる方法

ゴルフで100を切りたいと思っていても
なかなか達成できない・・・

初心者からは
・球が捕まらない
・スライスでOBになってしまう
という悩みをよく聞きます。

スライスに関する悩みが多いことを証明する様に
初心者用のクラブは球を捕まえやすい様に設計されています。

今回は、ちょっとした変化で
上級者のような捕まったドローボール
が打てるようになる方法をご紹介します。

以下で紹介する方法を3つ全て試していただいてもいいですし、
1つ試すだけでも効果は得られるはずです。

 

目次

握り方はストロンググリップ

スイング軌道はインサイドアウト

トップでシャットフェースに

 

握り方はストロンググリップ

 

まずはゴルフクラブの握り方です。
写真の様に3種類の握り方があります。
ストロンググリップ
スクエアグリップ
ウィークグリップ

スライスで悩んでいる方は、
ストロンググリップでクラブを握りましょう。

ストロンググリップとは、
右手はそのままの状態で、
左手を少し被せる様に握ります。

正面から見ると左手にはめているグローブの
マークが少し見える様になります。

自分の目線から見るとこの様な感じです。
正面から拳2個分が見える程度
かぶせて握るのがポイントです。

左手首を右方向に被せることで
インパクト時に手首の旋回を利用することができます。
手首が旋回するということは、フェースターンに繋がります。
スクエアグリップの時よりも
フェースターンが効果的に使えるので
ボールを捕まえることができる様になります。

ストロンググリップの効果については
以下の記事でも詳しく紹介しています。
スライスの原因はグリップにあり!?ストロンググリップを試してみよう!

 

 

スイング軌道はインサイドアウト

 

捕まった打球を打つにはスイング軌道を
インサイドアウトにする必要があります。

スライスボールで悩んでいる方は、
ボールが右に曲がってしまう分
左方向へ打ちだそうして、
スイング軌道がアウトサイドインになりがちです。

アウトサイドインの場合、
ゴルフボールにスライス回転をかけてしまうので
余計にスライスで悩むことになります。
また、擦り打ちになっているので
飛距離が出づらくなってしまいます。

軌道をインサイドアウトにすることで
ボールにドロー回転をかけることができます。
ドロー回転をかけるということは
捕まった球が打てる様になるということです。
インサイドアウト軌道の場合は、
球を押し出す様に打つことになるため
飛距離も出やすくなります。

スイング軌道をインサイドアウトに修正するには、
練習場で右側のネットに向かって打つ練習を行いましょう。
スイング軌道の修正には一定の練習量が必要になるので、
根気よく練習することをお勧めします。

トップでシャットフェースに

この方法がスライスボールの矯正には
一番効果的で即効性があります。

シャットフェースにすることで、
インパクト時にフェースが開くのを防ぐことができます。

トップでシャットフェースにするには、
トップの位置で左手のこうが上を向く様に伸ばしましょう。

スライスで悩んでいる肩に多いのが
以下の様なトップです。
トップで左手首が折れていますね。

シャットフェースの場合は
この様に左手首が伸びた形で
左手の甲が上を向きます。

このようにシャットフェースでトップを作ることができると
捕まったドローボールが打てる様になります。

3つの方法を紹介させていただきましました。
どれもスライスボールに悩んでいる方には
効果的な矯正方法です。
できれば全部試していただきたいところですが、
次回のラウンドまで時間がないという方は、
グリップ→シャットフェース→スイング軌道の
順番で試してもらえるといいと思います。

写真引用:https://www.hm-golf.com/lesson/draw/how-to-hit-draw.htm

  1. ゴルフ用品紹介

    【カルカタシャフトが主流!?】重いシャフトはさようなら!
  2. ゴルフ用品紹介

    【プラスチッック派?木製派?】おすすめのゴルフティはどっち?
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフを始める年齢】今らかでも遅くない!?
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフ予約を格安に】知らなきゃ損な予約方法!
  5. ゴルフの知識

    【プロゴルファーの腕時計】ラウンド中にはめても壊れない?
PAGE TOP