ゴルフ上達

【アイアンの方向性UP】100切りに近づく練習方法

アイアンショットで重要な要素は何でしょうか?
・距離感
・方向性
・弾道
・スピン量
・飛距離

などなど、色々な要素がありますが
100切りを達成するに当たって
重要なのは方向性です。

方向性がしっかりしていれば
OBや池に落ちる可能性が少なくなります。

100切りを達成には
微妙な距離感を求めるよりも
方向性を優先させましょう。

目次

コースに出ると方向感覚を失う

アドレスの向きをチェック

方向感覚を養う練習方法

 

コースに出ると方向感覚を失う

 

人は誰でも広くて物がない場所に出ると
方向感覚を失います。

練習場では、
隣打席とのフェンス
マットの境目などを
無意識に認識し目標に対して真っ直ぐ
肩のラインを向けることができます。

しかし、広いゴルフコースに出ると
方向感覚が狂ってきます。

それは目印となるマットのラインや
フェンスがないからです。

そのため目標となる狙い所に
肩のラインを正しく向けられる人はほとんどいません。

プロゴルファーでも毎ショット、
キャディーさんに後方から確認させていますね。

まずは目標に対して正しくアドレスを取ることが
プロゴルファーでも難しいことだと認識しましょう。

とは言っても、
僕らアマチュアは毎ショットキャディーさんに
確認してもらうわけには行きませんし、
プロゴルファーほどの精度も求めていませんので

許容範囲内で正しくアドレスが取れるよう訓練しましょう。

 

アドレスの向きをチェック

 

練習場や、ゴルフ場にゴルフ仲間と言った時に
アドレスの向きをチェックしてもらいましょう。

後方から写真をとってもらうのが1番わかりやすいですね。
右打ちの場合、大体の方が目標よりもやや右を向いているはずです。

自分のアドレスの向きをチェックしてもらい
正しい方向に矯正してもらいましょう。

自分の感覚と、正しい方向性のズレが認識できるはずです。

なぜアドレスで目標物よりやや右方向を向いてしまうのでしょうか?
理由は大きく2つ!

◆肩のラインを目標に向けている
弓道やアーチェリーのように体の側から矢が飛んでいく場合は
肩のラインを目標に向ければそこに矢が飛んで行きます。

ただ、ゴルフの場合は体とボールが離れています。
肩を目標物に向けるとボールは肩のラインと平行して飛んで行き
目標よりも右方向へ飛んでいくという具合です。

◆前傾姿勢
初心者で多いのが、素振りの時は目標をみながら
振っていて正しい向きで立つことができています。

しかし、いざアドレスに入り前傾姿勢になって
ボールに目を落とした瞬間肩のラインが右に向いてしますのです。
素振りをしていた足の位置と
アドレスに入った時の足の位置がズレていないか
確かめてみることでセルフチェクができますね。

ゴルフにおけるアドレスは、
ボールと目標物を結んだラインと
平行に肩のラインを向ける

これを覚えておきましょう。

 

方向感覚を養う練習方法

さて、正しくアドレスを取ることの難しさや
アドレスがズレてしまう原因を知ったところで
いよいよ方向感覚を養う練習方法の紹介です。

これは練習場で簡単にできます。

練習場の打席はおおよそネットの中心に向いています。
何となく打っていてもボールが中心に集まるようになっているので
方向性は身につきません。

方向性を養うには、練習場の周囲の鉄塔を利用しましょう!
写真の練習場の1番奥には5本の鉄塔が立っています。
この5本の鉄塔を狙ってショットを打ってみましょう。

簡単と思うかもしれませんが、
やってみると意外と難しいんです。

練習場であってもなかなかアドレスが正しく取れません。
この時も後方からアドレスの向きがあっているか
誰かに確認してもらうのがベストですね。

1番左の鉄塔を狙う
→その時のアドレスの向きをチェックしてもらう

右から2番目の鉄塔を狙う
→アドレスの向きをチェックしてもらう

チェックしてもらう人がいない場合は、
①目標に向かってアドレスをとってみる
②ボールは打たず、足のラインにアイアンを置く
③アイアンのラインがボールと目標を結んだラインと平行になっているか?

以上の方法で確認してみましょう。

100を切るには方向性がとても重要です。
方向性を整えるにはインパクト時のフェースの向きなどの
要素もありますが、まずは正しくアドレスを取れるようにすることが
スコアアップへの近道です。

上記の方法なら自分1人でもアドレスの向きをチェックすることができるので
ぜひ練習場に行った時は実践してみてください!

関連記事

  1. ゴルフ上達

    スロープレーの解消法 【打つ準備】

    こんにちは!昨日は栃木県の鶴カントリー倶楽部宇都宮コースでラウンド…

  2. ゴルフ上達

    100切りのためのドライバー選び<ヘッド編>

    こんばんは!!本日も残業を始めます!!昨日はさぼっ…

  3. ゴルフ上達

    【即効】ダフりを矯正する方法

    初心者での悩みで多いのがダフる。練習場でも繰り返しダフる。コー…

  4. ゴルフ上達

    100切りを目指すなら、まずはスイングでフィニッシュをしっかり取ろう!

    最近100切りの記事を一つも書いていませんでした。初心に帰って書い…

  5. ゴルフ上達

    スライスボールを克服する練習方法

    初心者の悩みの多くが、スライスボールではないでしょうか?スライ…

  6. ゴルフ上達

    【パターの構え】プロゴルファーみたいな構えを身につけよう

    パターの上達には基本となる構え方を身に付けることが必須です。パットに形…

  1. ゴルフの知識

    役割は3種類!ゴルフ場にある木の意味を知っていますか?
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口が減少している理由】世代によって異なる原因
  3. ゴルフ上達

    トップで止まる?止まらない?トップの“間”にって何だろう?
  4. ゴルフ上達

    あなたのクラブは大丈夫?ライ角の調整方法
  5. ゴルフの知識

    ゴルフのミスショットの用語【シャンク】と【チーピン】を解説!
PAGE TOP