ゴルフ上達

超簡単!フェアウェイバンカーからでも飛距離を稼ぐ脱出方法

フェアウェイバンカーから簡単に脱出でき、飛距離も稼げる方法をご紹介します。フェアウェイバンカーからのショットは顎の高さ、顎までの距離、番手などポイントさえ抑えておけば決して難しくありません。深いラフに入るよりもむしろラッキーなぐらいです。

【関連記事】
これだけでOK! バンカー脱出に必要なたった1つの特効薬

 

目次

グリーン周りのバンカーとの違い

①バンカーの顎の高さ&顎とボールの距離を確認

②番手を決める

③アドレス・グリップ

④スイング

 

グリーン周りのバンカーとの違い

フェアウェイバンカーと
グリーン周りのカードバンカーの
大きな違いは何でしょうか?

グリーン周りのガードバンカーの場合は、第一に脱出。そしてピンに寄せることが目的となります。

フェアウェイバンカーの場合も第一に脱出ですが、ボールをできるだけ飛ばしグリーン近くへ運ぶ必要があります。

そのため、フェアウェイバンカーからのショットには飛距離が求められます。

 

①バンカーの顎の高さ&顎とボールの距離を確認

さて、フェアウェイバンカーからは、
脱出に加えて飛距離が求められます。

通常のバンカーショット(エスクプロージョン)
ではなく砂に触れないように、ややトップ気味でボールを打つ
必要があります。

トップ気味で打つということは、
通常よりも打球が低くなるので
フェアウェイバンカーの顎の高さ、
ボールから顎までの距離を確認しましょう。

バンカーの顎が高くなくても、
顎とボールの距離が短いと打球が上がりきらないので
顎に跳ね返されてしまう可能性があるので注意が必要です。

写真ぐらいの顎の高さと、顎とボールの位置関係であれば
ユーティリティでも大丈夫ですね。

 

②番手を決める

フェアウェイバンカーからのショットで
番手の選択性は大きく3つ

・顎が高い、顎とボールが違い場合
→ウェッジで通常のバンカーショット(エクスプロージョン)

・脱出はできるが、グリーンが遠い場合
→できるだけボールを遠くに飛ばせるように長いクラブを持ちましょう。
ボールをトップ気味で打つため、バンカーの顎を超えられる範囲で選択

・脱出ができ、グリーンが狙える場合
→ハーフスイングかつトップ気味でボールを捉えるため、
いつもよりも1、2番手大きめのクラブを選択

③アドレス・グリップ

バンカーショットの時と同様、
少し掘って足場を固めましょう。

方向は通常のショット通り目標方向を向きます。

グリップは足場を掘った分、少し短めに持ちます。短めに持った方がトップ気味に打ちやすくなる効果も!

 

④スイング

何と言っても重要なのがスイングです。
ここまで準備しても肝心のスイングで失敗すれば、
大ダフリ、チョロになってしまう可能性もあります。

重要なのはボールとのコンタクトです。
ウェアフェイバンカーの中からボールを打つときは、
少してもダフるとボールが全然飛びません。
トップしすぎると顎に当たって脱出さえできません。

ボールとクラブのコンタクトでミスが起きないよう、
スイングは体重移動を減らしハーフスイングを徹底しましょう。

体重移動や、大きなバックスイングで飛距離は伸びますが、
ミート率が下がってしまいます。

飛距離は③の番手選びで、
1、2番手大きめのクラブを選びカバーできています。

スイングではミートに集中し体重移動を減らしたハーフスイングで
ボールを捉えていきましょう。

上記の通り実践していただければ、
フェアウェイバンカーからでも簡単に飛距離を稼ぐことができます。
ぜひ試してみてください!

  1. ゴルフの知識

    【閉鎖】栃木県で営業が終了したゴルフ場一覧
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ初心者向けのマナー】これだけ抑えておけば大丈夫!
  3. ゴルフ上達

    【ゴルフボールの位置】クラブ別に徹底解説!
  4. ゴルフ場紹介

    【温泉付き】栃木県で泊まれるゴルフ場
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフが仕事に生きる】ゴルフができれる人は仕事もできる!?
PAGE TOP