ゴルフの知識

【打つ・走る・競う】ゴルフとマラソンの融合スピードゴルフとは?

ゴルフで最も重要なマナーの1つ
『プレーファースト』

いつも通りラウンドすると
ハーフ2時間半が目安とされていますが、
90分程で1ラウンドを終えてしまうゴルフがあります。

それが、題名にもなっている
『スピードゴルフ』です。

目次スピードゴルフとは?

ルール

プレーするにあたって

スピードゴルフができるゴルフ場

 

スピードゴルフとは?

スピードゴルフとは、
一体どんなゴルフなのでしょうか?
なんとなく早そうなイメージは湧きますが・・・。

スピードゴルフは、打つ時とグリーン以外は、
常に走りながらラウンドするゴルフです。

そのため1ラウンドが90分程度で終わる人もいます。
カートも一切使用せずコース間の移動も走ります。

マラソンの合間に18ホールラウンドするという、
とてもハードで体力のいるスポーツです。

基本的なルールは通常のゴルフと同じですが、
微妙に異なる点があるので次の章で紹介します。

ルール

■スコアの付け方
スピードゴルフの場合のスコアの付け方は、
1ラウンドの打数と1ラウンドにかかった時間(分)
を足した数が自分のスコア
となります。

1ラウンドに90分かかって90打だった場合は、
スコアは180となります。

一方、1ラウンド70分の速さでラウンドしてきても
打数が120打だった場合はスコアが190となります。

ご存知の通り、
このスコアが少ない方が勝者となるので、
足の速さ、体力、ゴルフの腕が求められます。

■OBの扱い
通常のゴルフと違う点がもう一つ。
OBの扱いが異なります。
OBの場合は、通常のゴルフであれば、
元の場所から打ち直しますが、
スピードゴルフの場合は
打球がコース外に出た付近にドロップし
1打罰でプレーを継続します。
要は、ハザードと同じ扱いになります。

■ピン(旗を抜かない)
これもスピードゴルフ特有です。
速さを競うスピードゴルフでは、
ピンを抜いている暇はないので
パターもピンを抜かずに行います。

プレーするにあたって

マラソンとゴルフを同時に行う
スピードゴルフはとてもハードなため
それなりの準備も必要になってきます。

■スタンド

18ホール走るスピードゴルフに、
重いキャディーバックや
クラブのフルセットは持っていけません。
※体力自慢の方は持っていっても構いません(笑)。
重いものは必要最小限にしていった方が有利です。
スタンドバックにクラブを4,5本入れて
プレーするのが一般的です。

■ランニングシューズ
これは必需品です。
重いゴルフシューズでは疲労がたまって
いいタイムが狙えません。
また、ゴルフシューズで芝の上を走ると
スパイクの歯で
芝を痛めてしまう可能性が高いので、
芝生の保護の観点からも、
ランニングシューズを用意しましょう。

スピードゴルフができるゴルフ場

スピードゴルフというと、
不定期に開催されるイベントのなかでしか
プレーすることができません。

普通にラウンドに来ているお客さんと
スピードゴルフのお客さんを混在させることは、
通常営業時のオペレーションができないようです。

写真引用:https://company.golfdigest.co.jp/topics_detail14/id=1372

  1. ゴルフ上達

    マレットパターの打ち方はこれ! パターの基本を抑えよう
  2. ゴルフの知識

    【電車でゴルフ】ゴルフに行くのに車は不要!?
  3. ゴルフ場紹介

    【温泉付き】栃木県で泊まれるゴルフ場
  4. ゴルフの知識

    ゴルフを始める! デビューまでにかかる費用は?
  5. ゴルフ上達

    アイアンのミスショットを恐れない! ミスショットでも100は切れる
PAGE TOP