ゴルフの知識

【関東版】2017年に閉鎖したゴルフ場

さて、2018年を迎えて未だに初打ちに行けずもやもやしています。
今年はどんな1年になるのでしょうか?
ゴルフ業界は回復に向かうのでしょうか?

オリンピックまでに有効な手が打てるか。
打てなければ勝ち組のゴルフ場、負け組のゴルフ場が
今よりももっと鮮明になると想像は容易にできます。

そんななか2017年も多くのゴルフ場が閉鎖しました。
以下に数コース上げておきます。

ライジングゴルフクラブ

こちらは先日のゴルフ場特信に掲載されていました。

正確には2018年1月をもって営業を終了し、牧場として営業するようです。

もともとコース自体の評判があんまり。
ホテルも備えておりましたが、集客力がなく閉鎖へ至りました。
茨城県の北部に位置するため客足が遠のいて行ってしまったんでしょう。
周辺の値下げ競争についていく体力がゴルフ場になかったようですね。

アザレアカントリークラブ

アザレアカントリークラブにはアザレア温泉があって、
地元のお客さんに人気だったんですが、
このゴルフ場としてはコースが狭く、アップダウンが多い作りだったので、
近隣コースと比較すると集客力が弱かった印象です。
値下げ合戦によって、利益が出しづらくなったことによる閉鎖だと推測できます。

今後はINコース9ホールはそのまま残し、
OUTコースをに老人施設、サッカー場、弓道場などを建設し
複合施設として営業していくようです。

日光プレミアゴルフ倶楽部

このゴルフ場は何度も運営会社が変わっていますね。
日光プレミアゴルフ倶楽部は2017年12月をもって閉鎖しました。
閉鎖後は太陽光発電に転用される予定でした!

しかし!!

どうやら、日光紅葉ゴルフリゾートとして2018年3月から営業を再開するようです。
太陽光発電を手掛けている会社がゴルフ場の取得まで行ったそうですが、
途中で断念し、ゴルフ場として再開することになったようです。

ゴルフ場の買い手がつかない時代に加え、
メガソーラーへの転用も難しいゴルフ場が地方にはたくさんありますね。

メガソーラー転用目的でゴルフ場を閉鎖したけれど、
メガソーラーとして実稼働している施設は非常に少ないと聞いています。

 

2018年はどうなるか?

今年も閉鎖するゴルフ場は全国的に増加すると予想されます。
茨城県の水府ゴルフクラブも2018年11月をもって終了の予定となっております。
(その後はメガソーラー転用へ)
地方で集客力がないゴルフ場、震災によって修繕に費用がかかるゴルフ場は、
今年も厳しい年になりそうですね。

既に2018年中に閉鎖が決まっているゴルフ場もいくつかありますし、
それ以上に増えると考えると、
ソーラー転用が難しければ、他の目的による再利用が課題となりそうですね。

  1. ゴルフ上達

    ゴルフボールの位置で変える打球の高さ
  2. ゴルフ上達

    【自宅でパター練習】ストロークと距離感の磨き方
  3. おもしろ雑学

    【早く治したい!】潰れたマメを早く治す方法
  4. おもしろ雑学

    好きなゴルフを仕事にするーゴルフとパソコンで月10万円稼ぐ
  5. ゴルフ上達

    マレットパターの基本の打ち方! パットは形が重要
PAGE TOP