ゴルフ用品紹介

おすすめのパターマット

パットイズマネー!
僕はゴルフを始めたての時、パターを全然練習していませんでした。
パターは形無し、パターはセンスといわれるので、練習しても変わらないと思っていました。

当時の僕は、アイアンやドライバーばかりの練習をして肝心なパターを
軽視していたんです・・・。

そのおかげでスコアはいつもぼろぼろ!
方向性も距離感も合わずパターが決まらないので、スコアがまとまるはずはありません。

真っ直ぐ打てるようになる

パターマットで練習したところで、
実際のグリーンでは傾斜や芝目があるので練習のための練習という風に考える人もいると思います。

ただ、ラウンド中も何回は『真っ直ぐ打ちたい』というときがありますよね?
パターマットで練習を繰り返せば真っ直ぐ打ちたいときに真っ直ぐ打てるようになります。

また、パターマットには中央にラインがあることが多いので、
自分がいかに真っ直ぐ打てていなかったか実感することができます。

音がうるさい

パターマットで練習したいけど・・・音が。
ていう方も多いですよね。
ボールがカップに入って『ドン』
坂を下って戻ってくるのに『ゴロゴロゴロ・・・』

これまでのパターマットって意外とうるさいんですよ!

それを解決してくれたのがこのパターマットです。

打ったボールが自動で戻ってきます。
フラットなので、カップに入ったときの音も、床を転がる音も一切なし。

ボールも1個で十分。

平均パット数30切り

このパターマットのいいところは、音も静かで、自動で球が戻ってくるので、
いつの間にか練習にのめりこむことができます。

気づくと結構な時間パターを練習していたなんてこともありますよ!

真っ直ぐ打ちたいときに真っ直ぐ打つ!
僕らのようなアマチュアにロングパットの傾斜を読む力はありませんが、
真っ直ぐなミドルパットや、ショートパットなど、カップに真っ直ぐ打っていくケースは
ラウンド中に多々あります。

そんな時真っ直ぐ打つ形が身についているおかげで自信を持ってボールを打つことができますよ!

どのレベルのゴルファーでもスコアを縮めるのに一番の近道はパター練習かもしれません!

  1. ゴルフの知識

    【ゴルフ業界へ転職】ゴルフを仕事にしてみて感じること!
  2. ゴルフ上達

    【ゴルフの練習】自宅でできるアプローチの練習方法
  3. ゴルフの知識

    【最安値検索】ゴルフ場選びの比較サイト『choiGOL』
  4. ゴルフの知識

    【ネット集客の基礎】ゴルフ場の集客人数を増加させるポイント2つ!
  5. ゴルフ場紹介

    【コンペも楽々】乗用カートナビ付き!栃木県のおすすめゴルフ場
PAGE TOP