ゴルフの知識

大型ゴルフコンペでおすすめルール

こんばんは!
ゴルフのトップシーズンもいよいよ大詰め!
会社のコンペはもう終わりましたか?
またはこれからでしょうか?

会社のコンペなどで人数規模が大きい場合は、
腕前も初心者~シングルプレーヤーまでバラバラで一緒に楽しむことが難しいですよね?

そんな時に、初心者から上級者まで参加者全員が楽しめるコンペの方法やルールがあったらいいですね!
僕の会社では100名~150名で定期的にゴルフコンペをやっています。もちろん実力はバラバラです。そんな中でもできるだけ全員が楽しめるようにルール設計をしています。

今日は大型ゴルフオンぺでお勧めのルールを紹介します。

 

スクランブル方式

1つ目はスクランブル方式です。 ご存知でしょうか?
ティーショットは4人ぞれぞれ打ちますが、2打目以降はベストボールを決めて、
同じ位置から4人でプレーしていきます。
3打目、4打目も同じようにベストボールを決めて同じ位置から4人で打っていきます。

だだし、ティーショットは必ず1人2ホールは採用しないといけないというルール付き!
上手い人のティーショットばかり採用することはできません。

ゴルフ初心者のティーショットをどこで採用するかが肝ですね!

【メリット】
◆4人で同じ位置から協力してラウンドするので、チームに一体感が生まれる
◆ベストボールを採用するため進行がスムーズ!プレーファースト!

【デメリット】
◆個人のスコアがつけられない
上級者は少し物足らなく感じるかも?

 

救済ルール

2つ目は救済ルールを設ける方法です。
ラフや、バンカーに行っても、真横のウェアウェイにボールを戻していいという救済ルールを設けます。

平均スコア90以下:救済0回
平均スコア90~100:救済ハーフで2回
平均スコア100~120:救済ハーフで5回
平均スコア120以上:救済∞回

というように、平均スコア毎に救済できる回数を設けましょう。
そうすると、普段90台の人が急に80台で回ってきたリ、
120以上の初心者の人もフェアウェイから打てるのでベストスコアが出せて喜ばれます。

【メリット】
◆幅広いレベルで楽しめる
◆個人のスコアがつけれる

【デメリット】
◆かなりの初心者の場合はフェアウェイの上からでもなかなか打てない場合がある。

以上、2つのゴルフコンペルールを紹介してみました。
定期的に100人以上の規模のゴルフコンペを実施していますが、
腕前の差が大きいゴルフコンペの場合は、今回紹介したどちらかを採用すると
参加者がまんべんなく楽しめると思います。

いずれにしよ、上級者の方は初心者の多いゴルフコンペに参加する場合は少々我慢が必要ですね!

引用元:https://gridge.info/

  1. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口減少】ゴルフがつならない・嫌いと言われる理由
  2. ゴルフ場紹介

    茨城県でセグウェイに乗れるゴルフ場
  3. ゴルフ場紹介

    【都心からでも90分】栃木県南部の超格安ゴルフ場3コース
  4. ゴルフ上達

    【パターの構え】プロゴルファーみたいな構えを身につけよう
  5. ゴルフの知識

    【東京オリンピック会場】霞ヶ関カンツリー倶楽部の会員になるには?
PAGE TOP