ゴルフ上達

グリップで簡単!10ヤード刻みで距離を打ち分ける方法!

皆さんに質問です!
以下の場合、距離感をどの様に調整していますか?
・フォローやアゲインストなど風の影響があるとき
・打ち上げ打ち下ろしなどの地形の影響があるとき

ラウンド中は番手を変えるほどでもないけど微妙に距離感を調整したいというときありますよね!
そんなときのために、

10ヤード刻みの調整方法

緩いアゲインストで、番手を下げるほどでもない時
間違えて残り距離より大きいクラブを持ってきてしまった時
低い弾道で、1、2番手短い距離を打ちたいとき

などなど、ラウンドに出ると微妙に距離を調整したいときがやってきます。

そんな時はグリップを短く持ちましょう!

1グリップ10ヤード計算

アイアンのグリップは縦に幅がありますよね?

これをうまく利用します。
色んなクラブで試したところ、1グリップ(こぶし1つ分)短く持つごとに10ヤード距離が縮まります。
※個人差あり

1つの番手で20ヤードぐらいは調節できます。

グリップで調整すれば、後はいつも通りしっかりスイングしてください!
力加減や、ふり幅で調整する必要は一切なし!

アプローチでは特におすすめ

アプローチウェッジやサンドウェッジを使うときは、残りの距離によってふり幅や力加減を調整していなかったでしょうか?

20ヤードの間であれば、グリップの持つ位置を調節するだけで力加減の調整は一切不要!

この調整方法を使用するにはウェッジをフルショットした際の距離を覚えておきましょう。

ふり幅や力加減での調整は危険

ふり幅や力加減は目に見えず、数値化することが難しいですね。
その日の体調や、メンタル状態、ラウンド中の疲労具合で変わってきてしまいます。

また、自分はハーフスイングのつもりでも、無意識に力が入ってフルスイングでグリーンオーバーなんてことも多々あります。

このグリップで調整する方法であれば、どれだけ一生懸命降っても普通にグリップしたとき飛ぶことは一切ありません。とっても安全な方法なので、ぜひお試し下さい!
※クラブが短くなる分、トップしないように気を付けてくださいね。

  1. ゴルフ上達

    マレットパターの基本の打ち方! パットは形が重要
  2. ゴルフ上達

    【パターの構え】プロゴルファーみたいな構えを身につけよう
  3. ゴルフ上達

    【パンチショットの打ち方】低い弾道でラインだし
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフ予約を格安に】知らなきゃ損な予約方法!
  5. ゴルフ上達

    ゴルフボールの位置で変える打球の高さ
PAGE TOP