ゴルフの知識

ゴルフの球筋を表す言葉【ドロー】と【フェード】ってどんな球?

こんにちは!

僕らが何気なく使っているゴルフ用語も、まだ始めたての人からすると、何が意味するのか分からない。
意味が分からないシリーズ。

ドローどフェード

ドローボール、フェードボールといい、これは打球の球筋を意味します。
ゴルフの球筋は、大きく分けてこの5種類!
※右打ちの人を基準に書きます。

◆ ドロー ⇒ 右方向に打ち出し、左に戻ってくる
◆ フェード ⇒ 左方向に打ち出し、右に戻ってくる
◆ ストレート ⇒ 真っ直ぐ
◆ スライス ⇒ 右に打ち出し、右に曲がっていく
◆ フック ⇒ 左に打ち出し、左に曲がっていく

ゴルフを始めたての頃は、ドローがどっちで、フェードがどっちに曲がるボールなのか全く分かりませんでした。

打球の軌跡

プロのトーナメント中継で使われている『トラックマン』という機械で打球の軌跡を追うことができます。よくこんな映像はみたことないでしょうか?

ドローボールのイメージはこちら。右方向に打ち出し、左に戻ってきます。

こちらは、フェード。打球が左方向から右方向へ戻ってきます。

 

回転のイメージ

ドローやフェードというと、打球が横回転することによって、打球が曲がるというイメージを持たれている方も多いと思いますが、正確には回転軸が傾いているだけです。

※フェードとスライス、ドローとフックは打ち出し方向が違くだけで、回転軸は似ていますので、ご了承ください。

  1. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口が減少している理由】世代によって異なる原因
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ業界へ転職】ゴルフを仕事にしてみて感じること!
  3. ゴルフ上達

    【バンカーショットの練習方法】超簡単1発脱出!
  4. おもしろ雑学

    【趣味のゴルフが副業に!】ゴルフとパソコンで月10万円稼ぐ方法とは?
  5. ゴルフ場紹介

    【名門】一度は行ってみたい!栃木県の名門ゴルフ場
PAGE TOP