ゴルフの知識

【基礎知識】ゴルフ場にある杭の種類にはどんなものがあるの?

こんばんは!
今日もお仕事お疲れ様でした!

やっと日差しが出てきましたね!
ゴルフ場さんに聞くと
芝生も日照不足でちょっと元気がないみたいです(*´Д`)

連日の日光で元気になってくれるでしょう!

さて、
ここ2日間
ヤード杭について書かせてもらいました!

ヤード杭以外にもゴルフ場には
沢山杭が埋まってますよね!

ハザード杭だったり、OB杭だったり
初めて行くと何が何だかわからなかった記憶があります!

今日はそれらを整理りましょう!

ゴルフ場にある杭の種類

コースに出るとところどころに杭がありますよね!
一体何種類あるんだか・・・

この5つを抑えましょう!
① ヤード杭 (前回説明したので省きます。)
② OB杭
③ ワンぺナ杭
④ ハザード杭
⑤ 修理地杭

順番に見ていきますね!

※以下の打ち直し場所は、会社の人や友人と回る場合にしようできる
方法です! 

競技などは2クラブレングスなどルールが細かくあるので、
競技では用いないでくださいね!

 

OB杭:白色

 

コースの端っこに白杭が立っています!
これの外側だとOBということですね!

OBとなると打ち直し方法は、

打ち直し場所:元あった場所
打数:1打罰

仮に、
セカンドショット(2打目)がOBの場合は、
セカンドショットの地点から1打罰(4打目)で打ち直し!

 

ワンぺナ杭:黄色

 

この外側にボールがあった場合は、

打ち直し場所:ボールを見つけた地点から真横に移動した黄杭の内側
打数:1打罰

OBと違うのは、ボールを見つけた地点の真横なので、
前から打てるということですね!
OBは元の位置に戻らないといけないので、
ワンぺナの方が断然得!!

ハザード杭:赤色

 

よく池の周りにあるやつです!
ハザード杭を越えてボールが池に入ってしまった場合、

打ち直し場所:ボールが赤杭を横切った地点から後方
打数:1打罰

後方であればどれだけ下がっても大丈夫です!
5ヤード後方よりも15ヤード後方の方がライがいい場合や、
距離感を合わせやすい場合には積極的に下がりましょう!

また、
赤くいの外側にボールがあっても
打てるのであれば無罰で打っても大丈夫!!

よくプロが池に入って打っていますよね!
さすがに池に入ったボールをアマチュアが打つのは危険ですが、
赤杭が前に出ていて、ぎりぎり芝にボールが残っている場合などは
打っても大丈夫です!
ですが、
くれぐれも安全第一でお願いします!

修理地杭:青色

 

よくコースの状態が良くない場所を囲んであります。

打ち直し場所:グリーンに近づかない円の外側
打数:無罰

こちらはコースの都合で修理地扱いとなるので、
無罰で修理地の外側に出すことができます!

 

大きな声が一番大切

ラウンド中にはたくさんの杭のお世話になることが
あると思います笑

正式な競技でなければ、
大きな声で
『ワンぺナなので動かしま――す!』
と言って積極的に動かしましょう!

これがなんだかんだ一番大事です!

では今日はこのへんで!
おやすみなさーーーい(^^)/

  1. ゴルフ上達

    【ゴルフの練習】自宅でできるアプローチの練習方法
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口が減少している理由】世代によって異なる原因
  3. ゴルフ上達

    ゴルフボールの位置で変える打球の高さ
  4. ゴルフ上達

    【1人ラウンド】ゴルフ場を1人占めして上達!?
  5. ゴルフ用品紹介

    【イオンスポーツZERO FIT】雨でも滑らないゴルフグローブ(手袋)
PAGE TOP