ゴルフ上達

100を切るために必要なのは”泥臭い”アプローチだ!

皆さんこんにちは!!
週末はゴルフいけましたか?

毎日はいつですね!
僕も週末はラウンドで日に焼けて真っ黒

ではでは、今日はアプローチ
だんだんグリーンに近づいてきましたよ!

100を切るためにはパーオンの必要なないってことは
何度も説明してきましたよね?

100を切るためには基本ボギーオンでOK!

すべてのショットをグリーン手前の広いところへ刻んでいけばいいんです!
※バンカーや池に吸い込まれないようにハザードとは逆サイドへ

そうすると重要になるのは、グリーンへどうやって乗せるか??
それがアプローチ!!

100を切るためにアプローチで重要なこと
『グリーンを行ったり来たりしない!!』

ピンに対して、手前であろうが、奥であろうが
必ずグリーンに乗せることですね!

~よくあるミス~
グリーンエッジから30yでウェッジを選択し、
カッ!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)

トップしてグリーン奥へ!
返しは下りで再びグリーンをオーバー

なんてことが良くありますよね!!

じゃあどうするか?
まずオシャレにロブショットやふんわり球を上げるという
幻想を捨てます笑

泥臭くいきましょう!
結局スコアがいい方がかっこいいんですから(^^)/

グリーンエッジから30yの場面
① まずはパターが使えないか考えます

えっ!!?? ( ゚Д゚)
パターってグリーンで使うもんでしょ??

いやいやパターも思いっきり降れば
100yぐらい転がせますよね?

そして一番距離感が出しやすいのがパターなんです!
だからパターゴルフは子供でも誰でもできますよね!!

このホールでハザードのない花道に落ちれば
パターでグリーンに乗せていきましょう!

基本的に花道にボールがあれば、
50yぐらいの距離はパターでOK!!

② グリーンまで長めのラフが続く場合

ボールのある位置がラフで、
グリーンエッジまでラフが続く場合ですね!
パターで打ってもうまく転がらない場合です!

そんな時はウェッジ・・・ ではなく!!
9番アイアンを使いましょう!!

そして9番アイアンを短く持ってパターを打つ時のように打ちます!

そうするとラフの中でもうまくコンタクトでき、
ボールも少し上がってくれるので、
芝の影響受けず距離感を出しやすくなります!

③ 目の前に池やバンカーがある場合

ここで初めて出てくるのが、サンドウェッジです!
この場合はボールを上げてハザードを越えていく必要があります!
色気を出してグリーン手前にボールを落とすということは考えず、
ハザードを越えていくことだけに専念しましょう!!

というような選択の優先順位①~③を意識して
アプローチの場面に挑んでもらえると
100切りにぐっと近づきますよ!!

なぜウェッジを使わないの?
ゴミ箱にティッシュを投げるときもそうですが、
ふんわりと投げるよりも直線的に投げたほうが
距離感が出しやすいですよね!!
それと一緒です!!

では今日はこのへんで!!
明日からお仕事頑張りましょう!!

  1. ゴルフの知識

    【障がい者ゴルフ】ゴルフは誰でも楽しめる!
  2. ゴルフ上達

    【ゴルフの練習】自宅でできるアプローチの練習方法
  3. ゴルフ上達

    【バンカーショットの練習方法】超簡単1発脱出!
  4. ゴルフの知識

    【ゴルフ離れ】若者がゴルフをやらない理由
  5. ゴルフの知識

    【ゴルフメンバーズ活用術】一人予約でゴルフへ行こう
PAGE TOP