ゴルフ上達

100切りのためのウェッジ選びは、新品・58度・ハイバウンス!

こんばんは!
本日も残業お疲れ様です!

見落としていました!!
わたくし、ウェッジというとっても大事な
クラブを紹介するの忘れていました!

すいませんでした|д゚)
と、いうことで、今日はウェッジの選び方をご紹介します。

さてさて、どんなウェッジを買えばいいんでしょうかね??
まず大前提、ウェッジは消耗品ということを
頭に置いておいてください!!

アイアンやウッドは手入れをきっちりしていれば、
10年以上使うこともできます。
しかし、ウェッジの場合はバンカーショットやボールとの摩擦で
フェース面が削れていくので、何年か変え時が必ずやってきます!

僕のウェッジもこんな感じで削れてますよ!
多少削れたほうが使い込んでる感がでて好きですけどね(^^♪

話がそれましたが、ウェッジを選ぶポイントについてみてみましょう!
今回はお店でなんといえば言いか?
『NSプロが刺さった、
初心者向けの58°と52°をください』

と言ってみましょう!

さて上記の言葉をウェッジ選びの要素に分けて解説していきます。

◆シャフト
これは基本的にアイアンに合わせましょう!
ウェッジに違うシャフトを使っている方が稀にいますが、
基本的には同じでなにも問題ありません。

◆ロフト
ロフトは52°と58°の2本を選びましょう。
(まだ始めたての人は58°一本だけでも大丈夫ですよ!)

アイアンのロフトは1番手で3~4°の差があります。
アイアンセットのP(10番)のロフトは47°が多いかと思います。

100切りを目指すために絶対に必要なのが、
58°のサンドウェッジです。

加えて、58°と47°の間の距離を打つために52°のウェッジをお勧めしています!

◆バンス
このバンスを気にするのは、58°のサンドウェッジだけで大丈夫です。
バンス角が13°~14°のものを選んでください。
(52°のアプローチウェッジはバンスは意識せず、同じ種類のものを購入でOK)

ところでバンスって聞いたことありますか?
ウェッジのこの部分になります。

僕のウェッジの場合だと
ロフト58° バンス13°っていう表示ですね!

この部分は地面に対して出っ張る部分なので、
バンカーショットでウェッジが砂に刺さって埋もれずボールを
拾ってくれる役割をします。
また、芝の上からのアプローチの際も少々のダフりの場合は
クラブを跳ね返してくれるので、大きなミスを減らすことができます。

上記の3つのことに気を付けていただければ、
ウェッジ選びは心配ありません!

皆さんのウェッジ選びの参考にしていただければと思います!!
では今日はこの辺で!!

お休みなさ――い!!

  1. ゴルフ上達

    【ゴルフボールの位置】クラブ別に徹底解説!
  2. ゴルフの知識

    【ゴルフ人口890万人!?】ゴルフ場セミナー4月号で発表
  3. ゴルフの知識

    【ゴルフ離れ】若者がゴルフをやらない理由
  4. ゴルフ場紹介

    【温泉付き】栃木県で泊まれるゴルフ場
  5. ゴルフの知識

    【一人でゴルフ場に行こう!】一人予約と一人ラウンドの違い
PAGE TOP